デ・ヨング

選手ニュース

フレンキー1周年「僕のパフォーマンスはもっと良くなる」

バルサがフレンキー・デ・ヨング獲得で合意!の知らせに全世界のバルセロニスタが胸をなで下ろしてから、早いもので1年が経ちました。一時はPSG入団を決めたなんて情報も流れ、絶望したこともあっただけにバルトメウとの2ショット写真は嬉しかった。そして初年度からいきなり先発となり、バルサでの歴史を作り始めているフレンキーです。
スポーツ紙

2020年01月24日(金)のバルセロナスポーツ紙:9番補強とフレンキー

2020年1月24日(金)のバルセロナスポーツ紙は、引き続きバルサの9番補強が大きな扱い。ロドリゴにだいぶ絞られてきた様子です。SPORTはフレンキーの独占インタビュー。コパでの番狂わせも大きなニュースです。
選手ニュース

フレンキーが退場で凹んだという話

2-2で終わった、エスパニョール戦。試合展開というかバルサのプレーに影響を及ぼしたのが、フレンキー・デ・ヨングの退場でした。10人にならずに、変な守りに入っていなければ、バルサは1-2で逃げ切ったかもしれない。完璧主義者といわれるフレンキーですし、やらかした後の表情を見るに、自分が引き分けを招いたと痛く凹んでいるのは想像に難くないです。
スポンサーリンク
ポストマッチ

「カサでのバルサは勝たないといけない」フレンキーの自己批判を交えつつマドリー戦を振り返る

試合前には「Mas que un Clásico」と期待感を煽られたカンプノウクラシコは、蓋を開けてみると実にしょっぱい対決となりました。その主な要因は、自陣に撤退しての待ち受ける作戦をバルサが採ったこと。こんなのバルサじゃないやいという泣けるフットボールが、待ちわびた初クラシコになったフレンキー・デ・ヨングの心境はいかばかりでしょうか。
選手ニュース

向上することに“取り付かれた” 完璧主義者フレンキー・デ・ヨング

活躍するとは期待していたけれど、いきなり先発の座を勝ち取りクレ界隈を驚かせているフレンキー・デ・ヨング。新時代のトータルフットボーラーといったプレーぶりが際立つのですが、テクニコやチームメイトたちも驚いたというのが、より上を目指して準備を欠かさないその姿勢だそうです。
選手ニュース

フレンキー・デ・ヨング:超速で先発レギュラーとなった2ヶ月

フレンキー・デ・ヨングのバルサ適応が期待を上回るスピードで進んでいます。バルベルデチームはここまで公式戦を10試合(ラ・リーガ8、チャンピオンズ2)プレーしていますが、フレンキーはその全てに出場。うち9試合が先発で7つがフル出場(809/900分)、1得点1アシストですからこの上ない成績です。
選手ニュース

バルサのフレンキーを巡る議論

FCバルセロナ 2019/20シーズンの目玉補強選手、フレンキー・デ・ヨング。先発になるための補強だったとはいえ、ラ・リーガ開幕からここまでの3試合全てに先発出場は、予想を上回る早さです。 ただ、バルベルデが指示するプレー方法では、窮屈に見えるのは確かで。伸び伸びと自由に動くのがフレンキーの良さゆえ、どうプレーさせるのがより良いのかと議論はこれからも続いていくでしょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました