トップページ>バルサについて
FCバルセロナ
Futbol Club Barcelona
創立 1899年11月29日
ホームタウン バルセロナ(カタルーニャ州)
クラブカラー ブラウグラーナ(青とエンジ)
愛称 バルサ(Barça)
クラブ所在地 Avda. Aritides Maillol. s/n 08028 Barcelona
ホームスタジアム カンプノウ/CAMP NOU
収容人数:約92,000人
練習場

シウター・エスポルティーバ(サン・ジョアン・デスピ)
カンプノウ

オフィシャルショップ
(La Botiga)

カンプノウ内
プラッツ空港
サンツ駅
マレ・マグナム
サグラダ・ファミリア
サン・ジャウマ

公式サイト fcbacelona.com
会長 ジョゼップ・マリア・バルトメウ
 
獲得タイトル

リーガ
24回

1928/29、1944/45、1947/48、1948/49、1951/52、1952/53、1958/59、1559/60、1973/74、1984/85、1990/91、1991/92、1992/93、1993/94、1997/98、1998/99、2004/05、2005/06、2008/09、2009/10、2010/11、2012/13、2014/15、2015/16

チャンピオンズ
5回

1991/92、2005/06、2008/09、2010/11、2014/15

国王杯
28回
(大会最多)

1909/10、1911/12、1912/13、1919/20、1921/22、1924/25、1925/26、1927/28、1941/42、1950/51、1951/52、1952/53、1956/57、1958/59、1962/63、1967/68、1970/71、1977/78、1980/81、1982/83、1987/88、1989/90、1996/97、1997/98、2008/09、2011/12、2014/15、2015/16

カップウィナーズ杯
4回

1978/79、1981/82、1988/89、1996/97

UEFA杯
3回

1955/56、1958/59、1965/66
クラブワールド
カップ
3回
2009、2011、2015

スーペルコパ
エスパーニャ
10回(大会最多)

1984、1992、1993、1995、1997、2005、2009、2010、2011、2013

ヨーロッパ
スーパーカップ
5回

1992、1997、2009、2011、2015

バルサについて

FCバルセロナ(通称バルサ)は、『Més que un club』(クラブ以上の存在)と言われています。 これはバルサが単なるスポーツクラブとしての枠組みを超え、カタルーニャ地方は言うまでもなく、全世界において特別なクラブであるという意味合いが込められています。

例えば、バルサにはユニフォームの胸スポンサーというものは存在していませんでした(2011年よりカタール財団、2013年よりカタール航空のロゴを着用)。これは「クラブはソシオ(クラブ会員)のものである」という理念を象徴しているから。06/07シーズンからはユニセフ(unicef)のロゴを付けていますが、これは無報酬であるばかりか、バルサから年間約2億円強の寄付を行うという、極めて異例なものでした。

バルサを運営するのは、巨大なスポンサー企業でもなければ、大金持ちの会長でもありません。会長率いる理事会はあくまでもソシオの代表として庶務を行うだけであり(役員たちの報酬はゼロ)、クラブの所有者は断固として世界に16万人以上存在しているソシオ各人。この理念もまた、株式会社化が進むフットボル界において、バルサを特殊なクラブとしています。

そしてバルサがフットボルクラブであることは名称からも分かりますが(フットボル・クルブ・バルセロナ、FCB)、それだけではありません。フットボル以外にも多種多様なスポーツセクションを擁しており、プロ部門としてだけでもバスケットボール、ハンドボール、ローラーホッケー、フットサルが、アマチュアも含めると陸上、アイスホッケー、アイスフィギュア、ラグビー、バレー、自転車、さらに野球までもを持つ総合スポーツクラブなのです。ちなみに、フットボル以外の各チームもブラウグラナのユニフォームを着用していますが、こちらには胸スポンサーは入っています。

また、バルサは下部組織(カンテラ)の充実にも力を入れており、優秀な選手を過去に数多く輩出しています。近年ではプジョル、ピケ、チャビ、イニエスタ、バルデス、メッシ、ボージャン、ブスケツ、ペドロ、セルジ・ロベルト、ラフィーニャといったところがカンテラ出身。過去にもグアルディオラ、セルジ、デラ・ペーニャ、フェレール、アモールといった選手がラ・マシア(寮)から巣立っています。世界有数のビッグクラブで、これほどの自前選手がトップチームにいるクラブは、バルサをおいて他にないでしょう。

2007年、バルサのソシオ数は15万人を大きく上回りました(2010年で一般入会受付終了し、今は減少)。そのほとんどがカタルーニャの地元ファンですが、彼らはフットボルチームだけを応援しているわけではありません。カンプノウの隣りにはパラウと呼ばれる体育館やアイスアリーナがあり、カンテラがゲームをするミニエスタディもあります。週末にカンプノウに行けば、一日スポーツを楽しめる環境。社会に浸透したスポーツ意識と、その中核をなすFCバルセロナというクラブ。そういった背景や積み重ねられてきた110年を超える歴史が、バルサを『クラブ以上のクラブ』としているのです。