トップページ観戦ガイド>カンプノウへ

バルセロナ地下鉄

カンプノウへのアクセス

バルセロナへ到着し、ホテルにチェックインしたあなたが次に目指す先はもちろんカンプノウです。観光をしたい気分も分かりますが、バルセロニスタならまずカンプノウへ行くべきでしょう!?そんなの自由だろう?ごもっとも(^^;)

ですが、クレならばきっと、どうしてもカンプノウをまず目指してしまうはず。何故ならそれが、クレだからであります。

それにカンプノウにはバルセロナの街でも指折りの観光スポットです。市内を巡行するツーリストバスだって停まります。バルサ・ミュージアム(Museu)は市内で最大の観客動員数を誇る博物館。カンプノウの内部に入っていける見学ツアーもやっています。つまり、カンプノウは試合をただ観に行くだけの場所ではなく、ひとつの観光地として完全に成り立っている施設なんです。

試合のある日はツアーなどの時間に制約がありますし、見れないかもしれない。メガショップに行けばたくさん買い物をして、お土産だらけになってしまうかもしれない。だから試合の前(後)に是非一日、カンプノウを別に訪れる日を作っておいていただきたいとワタクシは強く思います。

 

前置きが長くなりましたが、カンプノウへのアクセス方法を説明していきます。カンプノウへの行き方は大きく分けて4つあります。

1.地下鉄
2.バス
3.タクシー
4.歩く、自転車

 

地下鉄

バルセロナ地下鉄

まず1の地下鉄ですが、バルセロナを訪れた旅行者にとって一番使いやすいのはこれではないでしょうか。まず、バルセロナの地下鉄はメトロ(Metro)と呼び、4つの路線があります。市内中心部を走っているのは1号線(Linia 1)から5号線(Linia 5)で、路線ごとに色分けされています。

バルセロナのメトロを運行するTMBは、スマートフォン用のアプリも配布していますので、そちらをインストールすると便利かもしれません。TMBのサイトに行けば路線図などが見られますから、そちらを保存しておくと良いでしょう。アナログ派(ワタクシはこちら)は、ツーリストインフォメーションで路線図を入手です。

5つの路線の中で、カンプノウに行くために僕たちが利用するのは3号線(黄緑)5号線(青)です。最寄の駅はそれぞれこちら。

Linia 3=Maria Cristina(マリア・クリスティーナ)、Les Corts(ラス・コルツ)、Palau Reial(パラウ・レイアル)
Linia 5=Collblanc(コイブラン)、Badal(バダル)

個人的な感想としては、3号線のMaria Cristinaがカンプノウへは行きやすいんじゃないかと思います(距離は若干はある)。旧ラ・マシアを見るなら、Maria Cristinaがおすすめです。同じ3号線では次のPalau Reialも分かり易そう。ショッピングモール L'illa Diagonalの手前の角を曲がり、Carrer de Marti Franquesの交差点をまっすぐ下っていけば、そのままスタジアムの9番ゲートに到着します。チケット売り場の最寄入り口です。

Collblancは近いのですが、出口がちょっとごちゃっとしたところ(市街地の通りの中)にあるので、試合前でなくてカンプノウへ行く場合は、人の流れについていくという手段が取れないので多少迷うかもしれません。こちらは14番ゲートが近いので、そこからスタジアム内へ入れます。

3号線のLes Cortsは大きな通り(Travesseira de Les Corts)をまっすぐ行けばカンプノウが現れます。こちらも分かり易いでしょう。

どの駅であっても、ゲーム前は明らかにファンの人たちがたくさんいるので、ついていけばOK。もし平日昼間などで道が分からなければ、そこらの人に気軽に尋ねてみてください。たいていの場合は親切に教えてくれます(ドンデ・エスタ・エル・カムノウ?=カンプノウはどこですか?)。とはいってもどちらを選んでも間違いなくカンプノウへは着けるでしょう。Maria Cristinaからの詳しい行き方はこのページの最後を参考にしてください。

■乗り方補足

あと下の表の補足ですが、自動改札はすべてが向かって左側に切符を入れるわけではありません。右側に入れるところもあり、前を行く人の行動を見れば、どちらかすぐに分かります。メトロの扉に関しても同様に、自動で開く車両もあります。感じとしては、半々くらいでしょうか。詳しくはお役立ちサイト「バルセロナ・エッセンシャル」を参照ください。

メトロ あれこれ

  • ○切符は自動券売機か窓口で買う。
  • ○意外とお奨めはタバコ屋。
  • ○自動券売機も意外と簡単。
  • ○切符はタルヘタという回数券を買おう。
  • ○T-10(タルヘタ・ディエス)は10回使えて値段が割安。
  • ○他人と一緒に使いまわしてもOK。
  • ○自動改札は左側から入るタイプと、右側から入るタイプがある。矢印で確認。
  • ○メトロの扉は自分でノブを引いたり、ボタンを押したりして開ける。
  • ○75分以内ならバス、メトロ乗継無料。
  • ○出口は Sortida。

バス

バルセロナ地下鉄

続いてバスですが、これは日本でもそうですが初めてその街に行った人には分かりづらいという難点があります。慣れると便利なんですが、いきなり使うには勇気が要ります。バスを使うにはどこにバス停があるか知っておいたほうがいいので、まずはメトロの駅やインフォメーションセンターで路線図を貰いましょう。上記TMBのサイトでも路線図を見れます。

あとはカンプノウへ行くバスの停留所で待っていればOKです。乗りたいバスが来れば、手を横に出して意思表示しましょう。肝心のカンプノウへつながっているバスはいくつもあり、分かりやすいのは次の路線でしょうか。

15番、43番、56番、59番

56番と59番はともに終点・始点がカンプノウの近くになっています。56番はメトロのCollblancの近く、59番はMaria Cristinaの近くがそれぞれ終着です。グラン・ビアを走ってますので、西行きの停留所から乗ってください。

15番と43番もまた市の中心地を経由していて、カンプノウ周辺に停留所のある分かりやすい路線です。43番は終点がカンプノウと目と鼻の先15番はラス・コルツ通りを走っているので、カンプノウが見えてきたら降りれば大丈夫。周辺に3つ4つの停留所があります。

バルセロナ市内は一方通行が多いので、これらの路線にてカンプノウへ向かう場合は西行きに必ず乗車してください。

乗ってしまえば日本のバスと大した違いはありませんので、目的地まで揺られていれば大丈夫。しかしバルセロナの街はゲームがある時間帯は道路が混み合います。なので時間には余裕を持って、出来れば1時間半前くらいに出発しておいた方が賢明でしょう。渋滞でゲームを見損ねた、なんていうのはシャレになりません。

降りる場所が不安であれば、周囲のジモティーたちに「カムノウ(Camp Nou)」と伝えておけばOK。みんな親切な教え好きなので、「次やで」と教えてくれます。

バス あれこれ

  • ○切符は全線一律で1ユーロ。
  • ○とはいえ、タルヘタ(T-10など)を買っておこう。
  • ○乗車は前から。
  • ○乗ったら刻印機で切符をガシャン。
  • ○電光掲示板には次のバス停名が表示される。表示もアナウンスもない場合あり。
  • ○バス停にも名前は書かれてない。路線番号は付いている。
  • ○分からなければ、尋ねるのが一番。
  • ○降りたいバス停が近付けば、STOPボタンを押す。後ろから下車。

タクシー

タクシー

続いてタクシーですが、日本とは違ってこいつがなかなかに使えます。値段が日本より安いので(初乗り2.10ユーロ、1kmで1〜1.40ユーロ加算 2015年現在)、市内ならたいがい千円以内で行けるんです。もちろんメトロやバスのほうが安いのですが、試合が遅く終わったりしたときはタクシーを利用したほうが安心できるんじゃないでしょうか。トランクに荷物を入れると、1個につき1ユーロの追加料金が発生します。

乗り方は簡単。タクシーに向かって手を挙げればOKです。バルセロナの街は流しのタクシーがいっぱい走っているので、しばらく待っていればすぐに捕まえることが出来るでしょう。空車はフロントガラスに“Libre”あるいは“Lliure”という表示が出ています。

あと、バルセロナのタクシーは非常に質が高く、よく海外で日本人がやられるような“ぼったくり”はほとんどないと思っていただいていいでしょう。無認可の白タクはやられるかもしれませんが、黒地に黄色の正式なタクシーでしたら安心してどんどん使っていいと思います。

ドアの開閉は日本とは異なり、自分で行います。座席に着いたら、「カム・ノウ、ポルファボール」。カンプノウという言い方では、なかなか通じないでしょう。またタクシーも渋滞に巻き込まれますので、試合前の利用は時間に余裕を持って。試合後のカンプノウ周辺道路は帰宅する観客たちで歩行者天国状態となりますので、地下鉄で帰る方がいいかもしれません。タクシーを拾うなら、多少スタジアムから離れた大通りで待つのがいいでしょう。その際は、道路の進行方向に注意です。

タクシー あれこれ

  • ○認可タクシーは黒地に黄色。
  • ○空車は緑のランプで、一番右側の車線を走っている。スペインは右側走行。
  • ○ドアは自動ではなく、自分で開け閉めする。
  • ○支払いは現金、20ユーロまでの小額紙幣で。チップは基本的に不要。端数をチップにしても良い。
  • ○思わず車道側のドア(左側)から降車しないよう注意!

自転車

バルセロナ地下鉄

自転車ですが、バルセロナの街にはレンタルサイクルがありますので、自転車好きにはお奨めの移動手段です。料金は8時間までが1,500円ほど、一日2,000円ほど(2016年現在)。ロードバイク、マウンテンバイク、シティバイク、キッズバイク、折りたたみなど様々な車種があります。バルセロナ・レンタルバイクのサイト。「bici renta barcelona」あたりで検索すると、いろいろ見付かります。

バルセロナは自転車専用レーンの充実に力を入れていて、2018年までに308kmをカバーすることを目指しているそうです(2015年で116km)。日本より格段快適にサイクリング出来ます。

特にカンプノウの北側にあるDiagonal大通りは真ん中に自転車で快適に走れるラインが完備されていて、立ち並ぶヤシの木の横を清々しい風を受けながら颯爽と駆け抜けることが出来ます。ものすごく気持ちいいです。

あと、自転車があれば僕の大好きな海へも楽々いけます。バルセロナの海岸線は自転車で走るには抜群に整備されていて、地中海の風を受けながら走る気分は最高!この点でも自転車は好きですね。

自転車 あれこれ

  • ○自転車は「車両」!交通ルールを遵守する。
  • ○自転車専用レーンがない通りでは車道を走る。
  • ○自転車専用信号がある交差点もある。
  • ○レンタサイクルを借りる際にはパスポートが必要な場合が多い。
  • ○止める時は駐輪用のパイプなどにしっかりチェーンで固定する。
  • ○赤白の自転車は市民対象のサービスなので、旅行者は利用できない。

歩き

最後の歩き・自転車ですが、これはオマケです。おそらく一般的な観光地から(例えば旧市街)からカンプノウまで歩こうとすると2時間くらいはかかったと思います。僕は一度だけカンプノウからカタルーニャ広場まで歩いたことがあるんですが、バテました(^^;)。もちろん街歩きが大好きな方は、街路樹の多いバルセロナ歩きはお奨めですよ!

しかしサンツ駅周辺にホテルをとっている場合、カンプノウは十分に歩いていける距離です。サンツ駅からおおよそ、30分。このあたりは新市街なので道路は碁盤上になっていて、よほどの方向音痴さんでなければ迷うことはないと思います。試合後にスタジアムからサンツ駅まで歩いたことがありますが、夜12時頃であってもそれなりに人通りがありた(Les Cortsあたりまではウジャウジャいる)、危険な感じはしませんでし。ただ、横道に入ると寂しさは感じます。明るい時間帯なら、街の雰囲気がわかって楽しいです。

カンプノウ周辺地図

カンプノウ周辺地図

○地下鉄3番線でやってくると目の前に現れるのはDiagonalという大通り。目の前にはEl Corte Inglesという有名デパートがそびえ立っています。カンプノウはそれとは逆側。試合前なら人がいっぱい歩いているでしょうから、何も考えずに付いて行けばOK。人がいなければLa Caixaというツインタワーのあるほうへ歩いていってください。

○Diagonalに沿って歩いていると現れるのがPrincesa Sofiaというバルセロナ有数の高級ホテル。これは実はガスパー元会長の経営するホテルチェーンのひとつです。冷やかしたくなるのをぐっと我慢して^^南(左)に折れるとカンプノウはすぐに見えます。左手に見える古風な建物がバルサの若手選手用の寮ラ・マシア(現在は事務所になっている)で、その向こうにカンプノウがあります。

○カンプノウに沿って歩いていくと、ゲートが開いているところがあります(Acceso 7)。そこが選手が車で出入りするところであり、サインを獲得できるかもしれないポイントです。試合当日の正午頃に行けば選手を待ってる人たちが壁を作っているでしょうから、練習終わりの選手たちを目撃できるかもしれません。

○そのままカンプノウに入らずに道を歩いていくと右手に別のスタジアムが見えてきます。これがミニ・エスタディ(通称ミニ)というBチームが試合を行うスタジアムです。そこをまだまだ進んでいくと、試合当日にダフ屋が多く登場するエリアとなります。正規の前売り券の売り場もそのあたりです。