トップページ選手リスト>ジョナタン

ジョナタン・ドスサントス

12番 ジョナタン
12. Dos Santos
フルネーム

Jonathan Dos Santos Ramirez
(ジョナタン・ドス・サントス・ラミレス)

ポジション セントロカンピスタ ジョナタン
国籍 メキシコ / スペイン
生年月日 1990年4月26日
出生地 モンテレイ(メキシコ)
身長 172m
体重 74kg
バルサ入団 2002年
デビュー戦 2009年10月28日 国王杯1/16 クルトゥラル・レオネサ対バルサ
前所属クラブ

バルサB (09-12)

契約終了年 2015年
移籍金 なし
年俸 推定150万ユーロ
違約金

3,000万ユーロ

トップチームでの成功を目指し、挑戦し続けるメキシカン。
ジョバニ・ドスサントスの弟。

メキシコで生まれ育ったジョナタンは2002年、兄ジョバニとともにFCバルセロナの門をたたく。インファンティル・カテゴリに入団した後は、一歩ずつ着実にステップアップ。転機となったのは2009年に取得したスペイン国籍だ。これによってジョナタンは外国人枠に縛られることなく、トップチームでも起用できるようになった。

2009/10シーズンからはいよいよルイス・エンリケ率いるバルサ・アトレティク(現バルサB)へと昇格し、ペップ・グアルディオラは夏のプレシーズンキャンプへと招集。2009年10月には公式戦トップデビューも果たしている。

ジョナタンの特徴はそのユーティリティ性にある。テクニックがあって頭もいいので、中盤であればどこのポジションでもこなすことが可能。ピボーテとして後方からゲームを組み立てることもできれば、インテリオールとしてデランテロをアシストすることもできる。とてもしなやかな選手だ。その反面、これ!といったインパクトは弱い。

しかしバルサの中盤は、いわば世界最高峰。チャビ、イニエスタ、セスク、ブスケツとラ・マシア産のクラックたちに加え、先輩チアゴやソングなど先をいく選手がごろごろといることで、起用はコパの重要度の低いゲームなどに限られている。

ティト・ビラノバ新体制となった2012/13シーズンより念願のトップ昇格を果たしたものの、上記の理由で出番はごく限定的。テクニコはそのチーム事情もふまえ、プレー時間を得るためのレンタル移籍も打診したが、ジョナタンはあくまでもバルサでの成功を目指し、チーム残留を選択した。そしてヘラルド・マルティーノ体制となった2013/14シーズン、レンタルが有力視されながらも新監督が戦力とみなし残留へ。勝負の1年に挑む。

陽気な性格によりトップチームのアニキ連中からは可愛がられており、いろんなところで行動を共にしている。

父は元プロ選手のシシーニョ。母もメキシコ代表選手だった。

2009年9月、メキシコのA代表デビュー。
2010年のムンディアルにはプレ選考入りしたものの、最終メンバー入りは逃した。

※2011年11月、バルサとの契約を2015年まで延長。


【獲得タイトル】

  • バルサ
  • リーガ(2012/13)
  • 国王杯(2011/12)
  • UEFAスーパーカップ(2011/12)
  • スーペルコパ・エスパーニャ(2010/11、2011/12)
  • クラブワールドカップ(2011/12)