カルラス・プジョル

5番 プジョル  
5. Carles Puyol
フルネーム

Carles Puyol Saforcada
(カルラス・プジョル・サフォルカダ)

ポジション デフェンサ(セントラル) プレーゾーン
国籍 スペイン
生年月日 1978年4月13日
出生地 ラ・ポブラ・デ・サグール(レイダ)
身長 179cm
体重 80kg
バルサ入団 1996年(トップチーム昇格は1999/00)
デビュー戦 1999年10月2日 バジャドリ対バルサ(リーガ、2-2)
前所属チーム バルサB
契約終了年 2016年
年俸 推定500万ユーロ
違約金 1000万ユーロ(条件付)

ご存知、バルサの炎のカピタンにしてカタルーニャの象徴的存在。

闘志を全面に押し出したプレースタイルにより、チームのみならず、見るものすべての気持ちに火をつける。デビュー当時は“ただ一生懸命頑張っている”印象の強い彼だったが、プレーを重ねるごとに上手く、そして強くなっていった。

1対1にはめっぽう強く、(三十路を迎え、若干の衰えはあるといえど)スピードもある。身体を張った守備により、バルサが救われたことは数知れず。しかしファールはかなり少ないのも特徴である。ボール供給はさほど得意ではないが、対人守備の強さは他の追随を許さない。大事な試合(特にクラシコ)ではプジョルの存在は不可欠であり、まだまだ若い衆にはポジションは譲れない。

地元のクラブでプレーしていたプジョルがラ・マシアに入ったのは1995/96シーズンのこと。18歳とやや遅めの入団だったが、そこから彼はめきめきと頭角を現し、バルサBの中心選手となっていく。

最初は右ラテラルだったが、さらに才能を飛躍させたのはセントラルとなった2003/04シーズンから。誰にも負けない努力と克己の精神によって、今では誰もが認めるところの世界有数のデフェンサのひとりとなっている。

キャリアの最初はクラブの暗黒時代だったため、念願だった初のタイトル獲得は2004/05シーズンのリーガ。その後は史上最強チームの土台骨として、燦然と輝くタイトルを次々と手中に収めていくことになる。

クラブ史上、ビッグイヤーを掲げた初めてのカンテラ出身&カタラン人カピタン。サンドニのセレモニーにて、ビッグイヤーを頭にかぶってしまったのはご愛嬌だ。2008/09にもヨーロッパを制し、同トロフィーを2度掲げた初めてのバルサカピタンにもなる。

3度目のチャンスとなった2011/12シーズンは、肝腫瘍から復活したアビダルにカピタンマークとビッグイヤー掲げ役を譲った、出来た人物だ。

身体能力の高さは言うまでもなく、最終ラインからチームメイトを叱咤激励するリーダーとしての才覚が、彼をバルサにとってなくてはならない存在としている。練習への態度も申し分なく、カンテラの後輩だけでなく、全ての選手にとって手本となる偉大なるカピタン。

プジョルといってもう一つ思い浮かぶのは、その怪我からの回復の早さだ。これまで身体のいたるところを負傷してきたプジだが、ほぼ毎回、ドクターの見積もりよりも早期に回復。これもまた彼のプロ精神、努力の賜物だ。

2009年10月、海外での挑戦に心引かれながらもバルサとの契約を延長。事実上バルサでの引退を決めるサインとなった。2013年1月、今度は晴れやかに契約再延長(2016年まで)。

2012年2月11日のオサスナ戦では、出場56試合連続無敗の偉業を達成。同年にはミゲリ(549試合)を抜き、バルサの歴代試合出場数でチャビに次ぐ2位となっている。

スペイン代表でも不動のレギュラー。2002年、2006年、2010年のワールドカップと2004年、2008年のユーロに出場。2012年のユーロはヒザの怪我のため参加できなかった。

ツイッターでも有名で、ピケ、セスクらとmocmocトリオを構成している。
プライベートでウワサとなって現れるカノジョはいつも若くて美人さん→2013年1月より交際しているバネッサ・ロレンソさん(モデル)は1977年生まれの36歳。2014年1月には長女マヌエラちゃん誕生。

2014年3月、FCバルセロナ退団を表明。


【獲得タイトル】

  • バルサ
  • リーガ(2004/05、2005/06、2008/09、2009/10、2010/11)
  • チャンピオンズ(2005/06、2008/09、2011/12)
  • 国王杯(2008/09、2011/12)
  • ヨーロッパスーパーカップ(2009/10、2011/12)
  • スーペルコパ・エスパーニャ(2005/06、2006/07、2009/10、2010/11、2011/12)
  • クラブワールドカップ(2009/10、2011/12)
  • スペイン代表
  • オリンピック銀メダル(2000)
  • ユーロ(2008)
  • ワールドカップ(2010)
  • 個人賞
  • ワールドカップベストイレブン(2010)
  • UEFAベストイレブン(2002、2005、2006、2008、2009、2010)
  • FIFAベストイレブン(2008、2009、2010)