サンドロ・ラミレス

19番 サンドロ
19. Sandro Ramírez
フルネーム

Sandro Ramirez Castillo
(サンドロ・ラミレス・カスティージョ)

ポジション デランテロ プレーゾーン
国籍 スペイン
生年月日 1995年7月09日
出生地 ラス・パルマス
身長 175cm
体重 71kg
バルサ入団 2009年 (トップチーム昇格は15年7月)
トップデビュー 2014年8月31日 ビジャレアル対バルサ (リーガ第2節、0-1)
前所属クラブ バルサB
契約終了年 2017年
移籍金 なし
年俸 推定150万ユーロ
違約金

1,200万ユーロ

カンテラ育ちの“9番”。

FCバルセロナのスカウト、ジョルディ・グリスがウニオン・デポルティーバ(UD)・ラス・パルマスのインファンティルチームに所属していたサンドロ・ラミレスに目をつけたのは、2009年のことだった。マドリーのスカウトもまたサンドロ少年に誘いをかけたらしいが、より真剣で熱意のあったバルサの説得に両親も納得、バルセロナ行きを許可した。14歳でラ・マシアの門をくぐったデランテロはまず、ビクトル・サンチェス率いるカデッテBでプレー。高い機動力、技術、それに得点への嗅覚によって頭角を現し、Nikeプレミアカップ優勝に貢献した。

フベニールB時代の2011/12シーズンに半月板を手術し、3ヶ月間の戦線離脱となったものの、復帰後もサンドロの得点力に衰えはなかった。彼が実年齢(19〜20歳)よりも年上に見える風貌をしているのは、克己の精神の表れのようだ。バルサの下部チームやスペイン代表のユースにてネットを揺らし続けた彼は、2013年、バグナック、サンペール、バブンスキ、ポル・カルベら7人のチームメイトたちとともにフベニールAからバルサBへと昇格を果たした。

エウセビオ率いるバルサB初年度は、31試合に出場し、7得点をマーク。その活躍が認められたサンドロは翌2014にトップチームの夏のイングランド合宿に呼ばれると、チームに定着。2014/15のリーガ第2節ビジャレアル戦(0-1)にて公式戦デビューを達成しただけでなく、その試合の決勝ゴールをあげ、一躍バルセロニスタの注目を浴びるようになる。この夏はネイマールが負傷し、出場停止中のルイス・スアレスもまだ起用できなかった事で、同じくバルサBのムニールとともに継続して出場機会を獲得。12試合でプレーし、4ゴールとルイス・エンリケの期待に応えた。

しかしルイス・スアレスがレギュラーとなったシーズン後半からは出番がなくなり、バルサBへと専念。フィリアルでは30試合に出場し、8ゴールをあげている。2015/16シーズンからは正式にトップチームへ昇格。レオ・メッシの負傷離脱に伴い、能力をアピールする機会を手にしたが、ゴールという結果を残せず、晴れない日々を送っている。

【プレーの特徴】

バルサのカンテラ育ちにしては珍しい“9番”タイプのデランテロで、高い機動力が特徴。マークの外し方が上手く、常にライン間を動いてスペースを探す。フィジカルよりも運動量と嗅覚で勝負するタイプのアタッカーだ。ゴールへの貪欲さがあり、チャンスと見れば積極的にシュートを放っていく。利き足は右だが、両サイドでプレーすることも可能。ただし“9番”タイプゆえ、一番の特性は中央にあり、スアレスという絶対的9番が君臨しているチームでは簡単にはいかない。

【その他雑情報】

少年時代の目標はダビド・ビジャ。

 


【獲得タイトル】

  • バルサ
  • リーガ(2014/15、2015/16)
  • チャンピオンズ(2014/15)
  • 国王杯(2014/15、2015/16)
  • ヨーロッパ・スーパーカップ(2015/16)
  • クラブワールドカップ(2015/16)