バルサ選手たちの記録

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

FCバルセロナにはこれまで、数々の名選手たちが所属してきました。

外国人選手でいけば、
1950年代のラディスラオ・クバラルイス・スアレス
1970年代のヨハン・クライフニースケンス
1980年代のマラドーナシュスター
1990年代のロマーリオロナウドリバルドら"3R"やストイチコフ
2000年代のロナウジーニョエトーメッシなど。

スペインやカタルーニャの選手では
ラマレッツセサルミゲリグアルディオラチャビプジョルバルデス・・・

その他数え切れないほどのクラックたちがバルセロニスタに多くの栄冠をもたらしてきました。

こちらではそんな名選手たちのバルサでの記録やタイトルなどを紹介していきます。

スポンサーリンク

公式戦出場数

チャビ・エルナンデス (1998-2015) カタルーニャ 767
アンドレス・イニエスタ (2002-) スペイン 653
レオ・メッシ (2004-) アルゼンチン 613
カルラス・プジョル (1999-2014) カタルーニャ 593
ミゲリ (1973-89) スペイン 549
ビクトル・バルデス (2002-14) カタルーニャ 535
セルヒオ・ブスケツ (2008-) カタルーニャ 459
カルラス・レシャック (1965-81) カタルーニャ 449
ギジェルモ・アモール (1988-98) スペイン 421
ジェラール・ピケ (2008-) カタルーニャ 423
アンドニ・スビサレッタ (1986-94) スペイン 410
ジョアン・セガーラ (1949-64) カタルーニャ 404
ホセ・ラモン・アレサンコ (1980-93) スペイン 400
ジョアキム・リフェ (1964-76) カタルーニャ 397
ファン・マヌエル・アセンシ (1970-81) スペイン 394
ダニ・アルベス (2008-16) ブラジル 391
アントニ・ラマレッツ (1947-62) カタルーニャ 384
ジュゼップ・グアルディオラ (1990-01) カタルーニャ 384
セルジ・バルジュアン (1993-02) カタルーニャ 382
ロボ・カラスコ (1978-89) カタルーニャ 376
アントニ・トーレス (1965-76) カタルーニャ 359
テンテ・サンチェス (1975-86) カタルーニャ 352
セサル・ロドリゲス (1938-39, 1940, 1943-55) スペイン 348
ホセ・マリ・バケロ (1988-96) スペイン 347
ハビエル・マスチェラーノ (2010-18) アルゼンチン 332

※2017年12月31日 時点

  • リーガ最多出場
    チャビ・エルナンデス:767試合(1998-2015)
  • 欧州コンペティション最多出場
    チャビ・エルナンデス: 173試合(1998-2015)
  • ■チャンピオンズリーグ最多出場
    チャビ・エルナンデス:157試合(1998-2015)
  • ■出場リーガ連続勝利
    セルヒオ・ブスケツ:25連勝(2009/10~2010/11)
  • ■出場リーガ連続無敗
    アンドレス・イニエスタ:55試合(47勝8分、2010/11 第2節~2011/12 第35節)
  • 最年少トップデビュー
    パウリーノ・アルカンタラ:15歳4ヶ月18日(1912年2月25日のカタルーニャ選手権で、3得点)

外国人選手の公式戦出場数

レオ・メッシ アルゼンチン 605
ダニ・アルベス ブラジル 391
ハビエル・マスチェラーノ アルゼンチン 332
フィリップ・コクー オランダ 292
ロナルド・クーマン オランダ 264
パトリック・クルイベル オランダ 257
ラディスラオ・クバラ ハンガリー 256
ウリスト・ストイチコフ ブルガリア 255
ミカエル・レイジハー オランダ 255
ルイス・フィーゴ ポルトガル 249
ラファエル・マルケス メキシコ 242
ベルンド・シュスター ドイツ 241

※2016/17シーズン 終了時点

公式戦ゴール数

レオ・メッシ (2004-) アルゼンチン 537
セサル・ロドリゲス (1942-55) スペイン 232
ラディスラオ・クバラ (1950-61) ハンガリー 194
ジュゼップ・サミティエル (1919-32) カタルーニャ 184
ジュゼップ・エスコラ (1934-48) カタルーニャ 158
ルイス・スアレス (2014-) 144
パウリーニョ・アルカンタラ (1912-27) 134
サムエル・エトー (2004-09) カメルーン 130
リバルド (1997-2002) ブラジル
アンヘル・アローチャ (1926-33) スペイン 127
マリアーノ・マルティン (1940-48) スペイン 124
パトリック・クルイベル (1998-2004) オランダ 123
カルラス・レシャック (1965-81) カタルーニャ
ウリスト・ストイチコフ (1990-95、1996-98) ブルガリア 121
ルイス・エンリケ (1996-04) スペイン 111

※2018年2月8日 時点(資料によってまちまち感)

その他、得点に関する記録

  • リーガにおける1試合最多得点
    ラディスラオ・クバラ: 1952年2月10日のスポルティング・ヒホン戦(9-0)で7ゴール。
  • ヨーロッパ戦における1試合最多得点
    リオネル・メッシ: 2012年3月7日のチャンピオンズリーグ、バイエル・レバークーゼン戦(7-1)で5ゴール。これはノックアウトラウンドにおける大会新記録。
  • コパにおける1試合最多得点
    エウロヒオ・マルチネス: 1957年5月1日の1/8ファイナル・ブエルタ、アトレチコ・マドリー戦(8-1)にて、7ゴール。
  • 1シーズン最多得点
    リオネル・メッシ: 2011/12シーズンに73ゴール(リーガ50、チャンピオンズ14、コパ3、スーペルコパ3、UEFAスーパーカップ1、クラブワールドカップ2)。欧州歴代最高記録。
  • 通年最多得点
    リオネル・メッシ: 2012年に91ゴール(バルサ79、アルゼンチン代表12)。世界最高記録。
  • リーガ出場連続試合得点
    リオネル・メッシ: 2012/13シーズンに21試合連続(33ゴール)。プリメーラの全チームを相手に連続得点も達成。リーガ歴代最高記録。
  • リーガ最多得点
    リオネル・メッシ:371ゴール(2018年2月末時点)。リーガ記録。
  • コパ最多得点
    ジュゼップ・サミティエル:65ゴール(1919-32)。
  • リーガ歴代シーズン最多得点
    リオネル・メッシ: 2011/12シーズンに50ゴール。リーガ記録。
  • クラシコ最多得点
    リオネル・メッシ: 21ゴール。
  • 最多ハットトリック
    リオネル・メッシ: 35回。
  • 史上初のチャンピオンズ4年連続得点王
    リオネル・メッシ: 2008/09~2011/12。2011/12シーズンの14得点はミランのアルタフィニ(1962/63)と並んで歴代最多。
  • チーム最年少得点
    パウリーノ・アルカンタラ: 15歳4ヶ月18日。トップデビューとなった1912年2月25日のカタルーニャ選手権、バルサ対カタラ(9-0)にてハットトリック達成。
  • 同じ年に6つのコンペティションで得点
    ペドロ・ロドリゲス:2009年
    レオ・メッシ:2011年

GKに関する記録

  • 最多サモラ受賞
    アントニ・ラマレッツ:5回(1951/52、1955/56、1956/57、1958/59、1959/60)
    ビクトル・バルデス:5回(2004/05、2008/09、201/11、2011/12)
  • リーガ開幕からの無失点
    クラウディオ・ブラボ:754分(2014/15。第1節から大9節の34分まで)
  • リーガでの最少失点率
    ビクトル・バルデス:0.50(2010/11、32試合で16失点)
  • 公式戦での最長無失点
    ビクトル・バルデス:896分(2011年9月21日~11月6日)
  • リーガでの最長無失点
    ミゲル・レイナ:824分(1972/73、第14節の53分~第23節の67分)
  • 同じシーズンでの完封リーガ試合数
    クラウディオ・ブラボ:2014/15、37試合出場で23試合
    アンドニ・スビサレッタ:1986/87、44試合出場で23試合
  • ■ゴールを決めた唯一のバルサGK
    リカルド・サモラ:1919年12月14日、カタルーニャ選手権のバルサ対インテルナシオナルでPKを決めた

個人タイトル

バロン・デ・オロ

ルイス・スアレス(1960)、ヨハン・クライフ(1973、1974)、ウリスト・ストイチコフ(1994)、リバルド(1999)、ロナウジーニョ(2005)、メッシ(2009、2010、2011、2012、2015)

  • メッシの5度受賞はクライフ、バン・バステン、プラティニの3回を抜いて、歴代最多
  • ※メッシは歴代最年少(24歳6ヶ月17日)での3度受賞達成
  • ※バロンデオロ合計11度受賞はクラブ別最多(スアレス1、クライフ2、ストイチコフ1、リバウド1、ロナウジーニョ1、メッシ5)
  • ※ 同じチームの育成組織出身選手 3人が表彰台を独占したのはバルサだけ(2010年、メッシ、チャビ、イニエスタ)

FIFAワールドプレーヤー

ロマーリオ(1994)、ロナウド(1996)、リバルド(1999)、ロナウジーニョ(2004、2005)、メッシ(2009)

FIFPro最優秀選手

ロナウジーニョ(2005)、メッシ(2009、2010、2011)

ボタ・デ・オロ

ロナウド(1996/97、34得点)、メッシ(2009/10、34得点;2011/12、50得点;2012/13、46得点)、ルイス・スアレス(2015/16、40得点)

メッシの2シーズン連続は史上初。3度受賞も史上最多
同一シーズンにバロンデオロ、FIFAワールドプレーヤー、ピチーチ、ボタデオロを獲得した選手はメッシのみ(2009/10)

アフリカ最優秀選手

エトー(2003、2004、2005)

ユーロ大会最優秀選手

チャビ(2008)、イニエスタ(2012)

チャンピオンズ最優秀デフェンサ

カルレス・プジョル(2005/06)

チャンピオンズ最優秀セントロカンピスタ

デコ(2005/06)、チャビ・エルナンデス(2008/09)

チャンピオンズ最優秀デランテロ

サムエル・エトー(2005/06)、レオ・メッシ(2008/09)

チャンピオンズ大会最優秀選手

ロナウジーニョ(2005/06)、レオ・メッシ(2008/09、2010/11)

ブラーボ賞

ジョゼップ・グアルディオラ(1992)、ロナウド(1997)、レオ・メッシ(2007)、セルヒオ・ブスケツ(2009)

ピチーチ

マリアーノ・マルティン(1942/43)、セサル(1948/49)、(1964/65)、カルラス・レシャック(1970/71)、ハンス・クランクル(1978/79)、キニ(1980/81、1981/82)、ロマーリオ(1993/94)、ロナウド(1996/97)、サムエル・エトー(2005/06)、レオ・メッシ(2009/10、2011/12、2012/13、2016/17)、スアレス(2015/16)

同一シーズンにリーガ得点王とアシスト王に輝いたのは2011/12シーズンのレオ・メッシのみ(50得点、15アシスト)

サモラ

ファン・ベラスコ(1947/48)、アントニ・ラマレッツ(1951/52、1955/56、1956/57、1958/59、1959/60)、ホセ・マヌエル・ペスード(1965/66)、サルバドール・サドゥルニ(1968/69、1973/74、1974/75)、ミゲル・レイナ(1972/73)、ペドロ・マリア・アルトラ(1977/78)、ウルッティ(1983/84)、アンドニ・スビサレッタ(1986/87)、ビクトル・バルデス(2004/05、2008/09、2009/10、2010/11、2011/12)、クラウディオ・ブラボ(2014/15)

※ラマレッツとバルデスの5度受賞は歴代最多

FIFA 年間最優秀監督賞

ジュゼップ・グアルディオラ(2011)、ルイス・エンリケ(2015)

代表でのタイトル

ワールドカップ1994 USA

ロマーリオ(ブラジル)

ワールドカップ2002 日本/韓国

リバルド(ブラジル)

ワールドカップ2010 南アフリカ

チャビ、プジョル、イニエスタ、ピケ、ビジャ、ブスケツ、バルデス、ペドロ(スペイン)

ユーロ1964 スペイン

ペレーダ、フステ、フェルナンド・オリベリャ(スペイン)

ユーロ2008 オーストリア/スイス

チャビ、プジョル、イニエスタ(スペイン)

ユーロ2012 ポーランド/ウクライナ

チャビ、セスク、イニエスタ、ピケ、ブスケツ、バルデス、ペドロ(スペイン)

コパ・アメリカ1975

ウーゴ・ソティル(ペルー)

コパ・アメリカ1997 ボリビア

ジオバンニ(ブラジル)

コパ・アメリカ1999 パラグアイ

リバルド(ブラジル)

オリンピック1920 アントワープ(銀)

サミティエル、サモラ、サンチョ、セスマガ(スペイン)

オリンピック1988 ソウル(銀)

アロイシオ(ブラジル)

オリンピック1992 バルセロナ(金)

グアルディオラ、フェレール(スペイン)

オリンピック2000 シドニー(銀)

プジョル、チャビ、ガブリ(スペイン)

オリンピック2004 アテネ(金)

サビオラ(アルゼンチン)

オリンピック2008 北京(金)

メッシ(アルゼンチン)

番外:高額移籍金ランキング

フィリペ・コウチーニョ 1億2,000万+
4,000万ユーロ
2018 リバポー
ウスマン・デンベレ 1億500万+
4,000万ユーロ
2018 ドルトムント
ネイマールJr 8,620万ユーロ 2013 サントスFC
ルイス・スアレス 8,125万ユーロ 2014 リバポー
ズラタン・イブラヒモビッチ 6,600万ユーロ 2009 インテル
※支払額は4,600万ユーロだが、交換トレードとなったエトーの評価額が2,000万ユーロ
ダビド・ビジャ 4,000万ユーロ 2010 バレンシア
パウリーニョ 4,000万ユーロ 2017 広州恒大
マルク・オーベルマルス 3,970万ユーロ 2000 アーセナル
ハビエル・サビオラ 3,600万ユーロ 2001 リーベルプレート
アンドレ・ゴメス 3,500万+
2,000万ユーロ
2016 バレンシア
アルダ・トゥラン 3,400万+
700万ユーロ
2015 アトレティコ・マドリー
セスク・ファブレガス 3,400万+
600万ユーロ
2011 アーセナル
ネルソン・セメド 3,000万+
500万ユーロ
2017 ベンフィカ
パコ・アルカセル 3,000万+
200万ユーロ
2016 バレンシア
ロナウジーニョ 3,000万ユーロ 2003 パリ・サンジェルマン
ダニ・アルベス 2,950万+
600万ユーロ
2008 セビージャ
アレクシス・サンチェス 2,700万+
1,600万ユーロ
2011 ウディネーゼ
サムエル・ウンティティ 2,500万ユーロ 2016 リヨン
ディミトロ・チグリンスキー 2,500万ユーロ 2009 シャクタール・ドネツク
サムエル・エトー 2,400万ユーロ 2004 マジョルカ
ティエリー・アンリ 2,400万ユーロ 2007 アーセナル

キャンペーン
スポンサーリンク

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

フォローして更新をチェック

トップへ戻る