バルサニュース

ポストマッチ

アウェーでの勝利は宿題だが、バルベルデの変化に期待:ドルトムント戦

FCバルセロナの2019/20チャンピオンズ初戦、対ボルシア・ドルトムントは0-0のエンパテで終了しました。1997年から続いている、チャンピオンズ第1戦での無敗記録は今回も継続となりましたが、アウェーでの勝利が遠いのもまた変わらずで。難関イドゥナ・パルクにつき、どうにか引き分けたのは朗報なんですけれど。
前日会見

バルベルデ「ドルトムント戦は私たちを試す試金石」「アンフィールドは過去。明日未来が始まる」

FCバルセロナのチャンピオンズ2019/20が開幕します。その舞台となるのは、応援がとにかく熱いボルシア・ドルトムントの本拠地シグナル・イドゥナ・パルク。どれくらい熱いのかと調べたところ、本当に熱くてシビれるスタジアムです。エルネスト・バルベルデは前日会見にて、イドゥナ・パルクでのボルシア・ドルトムント戦は自分たちを試す試金石だと語っています。
選手ニュース

ネイマールよりもムバッペだろう論争始まる

ウンザリするほどに長引いたネイマール獲得を巡ってのメロドラマ。自己都合でクラブに後ろ足で砂をかけながら去って行った選手を懸命に呼び戻そうとするその様子は、心底ガッカリするものでありました。しかし理事会内は一枚岩ではなく、ネイ復帰に反対する理事たちが反撃を開始している様子。そこで登場しているのが、獲得するならムバッペだろうとの意見です。
スポンサーリンク
選手ニュース

デンベレへの助言:メッシの場合、ボアテングの場合

今季こそはとのバルセロニスタの期待を、医療サービス部の求めを聞かずに旅行へ行ってしまうという愚挙(そして怪我発覚)によって落胆へと早変わりさせたウスマン・デンベレ。以降、取材を受けるバルサ選手にとってはデン坊主のプロ精神に関する質問が定番のひとつになってまして、各所で先輩たちによるアドバイスを見ることができます。 そのひとつが、9月12日にSPORT紙が掲載したレオ・メッシのインタビューです
選手ニュース

メッシ「移籍は考えてないけど、勝ち続けていきたい。バルサで勝ちたい」

FCバルセロナのシーズン序盤がパッとしていません。ラ・リーガは3試合を終えて1勝1分1敗の8位。大エースのレオ・メッシが復帰しないことには、なかなか本格始動しないバルサです。そんなメッシがSPORTのインタビューに答え、契約延長についてやチーム状態、ネイマール獲得やプライベートについてあれこれと語っています
トップチーム

メッシは復帰を急がず・・・ カンテラに再チャンス

レオ・メッシの今季初出場には、まだ時間がかかる様子です。パロン(リーガ中断)前は、無理をせずバレンシア戦での復帰だろうと言われていたメッシですが、試合4日前となった昨日もチームメイトたちとのトレーニングに参加せず、出場の可能性はほぼ消滅。もう少し待って万全を期しての復帰になるそうです。
選手ニュース

ウンティティの受難は続く

サムエル・ウンティティに良い流れから離れています。フランス代表合宿のトレーニング中に足を傷めてしまったことで、早々にバルセロナへと戻ってきたセントラル。幸い打撲傷で済んでいるので、すぐに復帰できそうですけれど、仏チームでもラングレに先を行かれているだけに、試合に出るチャンスを失い残念なことでしょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました