カルラス・アラニャーのプロフィール

バルサ中盤の系譜を未来へと引き継いでほしいカンテラーノ、
カルラス・アラニャーの経歴や特徴です。

番 アラニャー 19 ALEÑÁ
フルネーム Carles Aleñá Castillo
(カルラス・アラニャー・カスティージョ)
ポジション セントロカンピスタ(インテリオール、メディアプンタ) プレーゾーン
国籍 スペイン
生年月日 1998年1月05日
出生地 マタロー(カタルーニャ)
身長 180cm
体重 73kg
バルサ入団 2005年(トップ昇格は2018年)
デビュー戦 2016年11月30日、エルクレス対バルサ(国王杯1/16 イダ、1-1)
前所属クラブ バルサB  2015-18
契約終了日 2022年6月30日
移籍金 なし
年俸 推定—万ユーロ
契約解除金 7,500万ユーロ
スポンサーリンク

経歴

父親フランセスクもフットボール選手だったカルラス・アラニャー。バルサ入門は早く、7歳でプレ・ベンハミンの一員となっている。そこからバルサB、そしてトップチームまで上ってきた、純バルサ産カンテラーノの一人だ。

地元マタローではカルリートスと呼ばれていたカルラスは、わずか5歳にしてバルサスカウトの目に止まっている。当時プレーしていた Valldemia フットボールスクールのペップ・フォルケ氏によると、「5歳でチームプレーをしようとしていた」そうだから恐ろしい(MARCA)。

巻き毛で左利きのドリブラーだったことで、少年時代は「カンテラのマラドーナ」と呼ばれていた。
アレビンAだった2009/10シーズンには、とあるトーナメント(レアル・マドリーをPK戦で下して優勝)で6得点を決めて大会MVPとなって名前を売る。

アラニャーの名前がメディアによく登場し始めたのは、フベニール(ユース)年代ながらもバルサBに参加するようになってからだ。2016年2月には、フベニールでハットトリックを決めた3日後にルイス・エンリケに初招集されるという出来事もあった。

トップチームデビューは2016年11月30日のことだ。控え組中心で臨んだエルクレスとの国王杯1/16 final 第1戦(1-1)で起用され、チームを黒星から救うゴールを決めて見せた運の持ち主。しかもエリア外からのゴラッソだったことで、大いに話題となった。

2016/17シーズンはバルサBの中心選手として、セグンダAディビシオン昇格に貢献。
プレーオフを含む29試合に出場、3得点 7アシストの数字を残した。

2017年6月28日、焦らしていた契約延長で合意(2020年6月末まで)。
トップ昇格した場合はさらに2年間の自動延長の条項が含まれていたことで、現在は2022年まで延びている。

迷走したバルサB時代にプレースタイルが迷走した感もあるが、バルベルデの下で本来の長所を伸ばしていけるか。2018年6月に負った怪我によってスタートはやや出遅れてしまうが、ファイト!

Embed from Getty Images

スペイン代表:U-16、U-17、U-19とユース代表の常連。背番号10を着用している。

【プレーの特徴】

左利きのテクニシャン。メディアプンタと左インテリオールを本職とする。才能溢れるタイプのセントロカンピスタで、プレー視野の広さと攻撃センスが持ち味。なんとなく昭和の匂いがする(ルックス含めて)。
改善ポイントは守備でのインテンシティ。相手デフェンサを背負ってからのターンの向き。

【その他情報】

・同じ左利きのリバルド大聖人が憧れの存在。幼少時はリバルドが上手く発音できず、「ピバルド」と言っていたらしい。


【獲得タイトル】

  • バルサ
  • ラ・リーガ(2018/19)
  • 国王杯(2016/17、2017/18)
  • スペイン代表
  • 個人賞
  • U-17欧州選手権 ベストチーム(2015)
スポンサーリンク
ユウをフォローする
キャンペーン
スポンサーリンク
BlauGrana
タイトルとURLをコピーしました