スポンサーリンク

【バルサ選手紹介】セルジーニョ・デスト

バルサ史上初となるUSA代表の右ラテラル
セルジーニョ・デストの経歴や特徴です。

2番 デスト 2 DEST
フルネーム Sergiño Gianni Dest
(セルジーニョ・ジャンニ・デスト)
ポジション デフェンサ(ラテラル) プレーゾーン
国籍 アメリカ合衆国/オランダ
生年月日 2000年11月03日
出生地 アルメレ(オランダ)
身長 175cm
体重 62kg
バルサ入団 2020年10月
トップデビュー 2020年10月04日 バルサ対セビージャ(ラ・リーガ第5節、1-1)
前所属クラブ アルメレ・シティ(オランダ) -2012
アヤックス(オランダ) 2012-18
ヨング・アヤックス(オランダ) 2018-20
アヤックス(オランダ) 2019-20
契約終了年 2025年6月
移籍金 2,100万+変動額500万ユーロ
年俸 推定xxx万ユーロ
契約解除金 4億ユーロ

経歴

FCバルセロナ史上、初めてのアメリカ合衆国人選手であるセルジーニョ・デストは2000年11月3日、オランダのアルメレに生まれた。アムステルダムの東約30kmに造成された干拓地にある、オランダで最も新しく誕生した都市の一つらしい(1976年に最初の住宅が竣工)。

フットボールを始めたのは、アルメレ・シティFCの少年チーム。そこでアヤックスの目に止まり、12歳でアカデミーに入門している。元々はデランテロ(エストレーモ)だったが、カテゴリーを上げる過程でラテラルへと転向。2018年にはヨング・アヤックス(Bチーム)へ昇格し、さらに2019年7月にはトップデビューも果たしている。
2019/20シーズンにはトップ昇格。公式戦35試合に出場(先発27)した。

2020年10月1日にはFCバルセロナと5年契約を結び、その3日後にリーガデビュー。バルセロナで最初のアメリカ人選手となった。

USA代表

オランダ生まれで母親がオランダ人だが、ユース時代からUSA代表としてプレーしている。2017年、U-17ワールドカップ出場。2019年は6月にU-20ワールドカップに出場し、9月には18歳にしてメキシコとの親善試合でフル代表デビューを果たした。

プレーの特徴

元々がエストレーモだったことで、攻撃的なプレーを得意とする。ドリブルが上手く、ゲームメイクもできるという。ダニ・アルベスのような選手というが、そうであってほしい。

雑情報

・父親はスリナム系米国人で、母親がオランダ人。

  • 【セルジーニョ・デスト関連ニュース】

【獲得タイトル】

  • バルサ
スポンサーリンク
ユウをフォローする
キャンペーン
スポンサーリンク
BlauGrana
タイトルとURLをコピーしました