ホセ・マヌエル・ピントのプロフィール

13番 ピント 13 Pinto
フルネーム Jose Manuel Pinto Colorado
(ホセ・マヌエル・ピント・コロラド)
ポジション ポルテーロ プレーゾーン
国籍 スペイン
生年月日 1975年11月15日
出生地 プエルト・デ・サンタマリア(カディス)
身長 185cm
体重 85kg
バルサ入団 2008年1月
デビュー戦 2008年4月26日 デポルティボ対バルサ(リーガ第34節、2-0)
前所属クラブ ベティスB 1994-98
ベティス 1998
セルタ 1998-08.1
契約終了年 2014年 (2012年12月延長)
移籍金 50万ユーロ
年俸  
契約解除金 500万ユーロ
スポンサーリンク

経歴

ヒザの怪我で長期離脱となったアルベルト・ジョルケラの穴を埋めるため、2008年冬のマーケットでやってきた、いぶし銀ポルテーロ。

レンタルはその夏で終了したのだが、(ジョルケラの回復に不安があるため)ピントには是非とも残ってほしいというコーチ陣たっての願いにより、クラブは買い取りオプションを行使した。これが正解となる。

セルタでの成功:ベティスの育成カテゴリー出身のホセ・マヌエル・ピント。プリメーラでビューは1997/98シーズンのことだった。しかし当時のベティスにはトニ・プラッツが君臨していたため、その翌年にセルタへと移籍。プロとして成功へとつながっていく。

セルタでは長らく正ポルテーロを務め(10シーズン)、2005/06シーズンにはサモラ賞も獲得している。37試合でプレーし、28失点はかなり驚異的な数字だ。

理想的サブGK:バルサにはビクトル・バルデスという守護神がことで出番は限られたものとなったが(出場は主にコパ)、「不満を言わず控えを受け入れてくれる」ベテランの第2ポルテーロが必要というチーム事情にピントはまさに適任だった。一切の愚痴はなく、まさにプロフェッショナル。チームのムードメイカーでもある。

ペップ黄金時代を陰で支えた選手と言える。
ゴールを守った国王杯では、2008/09シーズンと2011/12シーズンの優勝に貢献。

バルサとの契約は1年ごとに更新。2014年5月、FCバルセロナ退団を発表した。6年半、ありがとう!

Embed from Getty Images

【その他情報】

・その容貌から、現地でもタオパイパイ(桃白白。某アニメのキャラクター)と呼ばれる。
音楽好きでフットボルの傍らにプロデューサーもしており、2000年には"Wahin Makinaciones"というレーベルまで創設した。

・メッシの親友。レオが第一子チアゴくんを連れて初めて訪れたチームメイト宅が、このピントだった。夏のバケーションもメッシ一家と家族みんなで行ったりする。


【獲得タイトル】

  • バルサ
  • リーガ(2008/09、2009/10、2010/11、2012/13)
  • チャンピオンズ(2008/09、2010/11)
  • 国王杯(2008/09、2011/12)
  • ヨーロッパスーパーカップ(2009、2011)
  • スーペルコパ・エスパーニャ(2009、2010、2011)
  • クラブワールドカップ(2009、2011)
  • セルタ
  • インタートトカップ(2000)
  • 国王杯準優勝(2001/02)
  • 個人賞
  • サモラ(2005/06)
スポンサーリンク
ユウをフォローする
キャンペーン
スポンサーリンク
BlauGrana
タイトルとURLをコピーしました