スポンサーリンク

【バルサ選手紹介】リキ・プッチ

溢れんばかりの才能を持った小さな魔法使いカンテラーノ、
リキ・プッチの経歴や特徴です。

6番 リキ・プッチ 6 RIQUI PUIG
フルネーム Ricard Puig Martí
(リカルト・プッチ・マルティ)
ポジション セントロカンピスタ(インテリオール、メディアプンタ) プレーゾーン
国籍 スペイン
生年月日 1999年8月13日
出生地 マタダペラ(カタルーニャ)
身長 169cm
体重 56kg
バルサ入団 2013年(トップ昇格は2020年)
デビュー戦 2018年12月5日、バルサ対クルトゥラル・レオネサ(国王杯1/16 ブエルタ、4-1)
前所属クラブ バルサB  2018-20
契約終了日 2021年6月30日(+2年)
移籍金 なし
年俸 推定—万ユーロ
契約解除金 1億ユーロ

経歴

バルサカンテラの小さな魔術師、リカルト・“リキ”・プッチのラ・マシア入門は2013年のことだった。出身はバルセロナから北へ30kmの町マタダペラ。リキ少年はタラッサのクラブ UFB Jàbac でプレーをした後、バルサ・カデッテに加入している。

カテゴリーを上げていったリキ・プッチの名前がクレ界隈に広がり始めたのは2016~17年頃か。2017/18シーズン、彼はジェラール・ロペスが指揮するバルサBでデビューを果たすと、ガルシア・ピミエンタのフベニールAではUEFAユースリーグ優勝。キラキラ星のひとりとしてバルセロニスタのお気に入りとなった。

2018年夏には退団濃厚かと報じられたが、ピミエンタのバルサB監督就任で残留を決断(契約を2021年6月まで更新)。バルベルデバルサの一員としてUSAツアーに参加し、8月のガンペル杯で存在感を示すと、12月5日の国王杯クルトゥラル・レオネサ戦にてトップデビューを飾っている。同シーズンはリーグ戦2試合を含めた3試合で起用された。
しかし次のステップが期待された2019/20シーズンはバルベルデに呼ばれることがなくなり、主にバルサB(セグンダB)でプレー。バルベルデ解任後のキケ・セティエンは悪夢のような結末を迎えるが、リキアンス・ファティの存在がクレの希望となっていた。

2020/21シーズンは新監督ロナルド・クーマンによって戦力外通知を受け、レンタル修行を勧められる。しかし彼はバルサでの挑戦を決意し、監督の考えを変えるべくハードワークで難局に立ち向かっている。10月6日、トップチーム選手として正式登録。背番号12を得た。
2021年は新たに背番号「6」を背負うも、クーマンからの信頼は低く、ガビやニコの台頭などもあり出番は限られそうだ。

スペイン代表

プレーの特徴

ラ・マシア育ちらしい高いテクニックを備えた選手。物怖じせず、伸び伸びとプレーすることが出来る選手で、相手ゴールへと向かっていく姿勢が光る。魔法のようなパスを繰り出す。

その他情報

・父カルラスさんも元フットボール選手。

※2018年6月、バルサとの契約を2021年6月まで更新(B契約)。
※2020年10月、トップチーム選手に正式昇格。
※2021年1月、公式発表はないが、MDに2年延長オプションが行使されたと報じられる。


獲得タイトル

  • バルサ
  • ラ・リーガ(2018/19)
  • 国王杯(2020/21)
  • バルサB
  • UEFAユースリーグ(2017/18)
  • スペイン代表
  • 個人賞
スポンサーリンク
ユウをフォローする
キャンペーン
スポンサーリンク
BlauGrana
タイトルとURLをコピーしました