ジャンクレール・トディボのプロフィール

大物になりそうな気配漂う、掘出物の若手セントラル
ジャンクレール・トディボの経歴や特徴などです。

6番 トディボ 6 TODIBO
フルネーム Jean-Clair Todibo
(ジャンクレール・トディボ)
ポジション デフェンサ(セントラル)、ピボーテ プレーゾーン
国籍 フランス/フランス領ギアナ
生年月日 1999年12月30日
出生地 カイエンヌ(フランス領ギアナ)
身長 190cm
体重 81kg
バルサ入団 2019年1月
デビュー戦 2019年3月06日、バルサ対ジローナ(0-1、スーペルコパ・カタルーニャ)もしくは
2019年4月13日、SDウエスカ対バルサ(0-0、リーガ第32節)
前所属クラブ FC Les Lilas(フランス) -2016
トゥールーズ(フランス) 2016-18
契約終了日 2023年6月30日
移籍金 100万ユーロ+変動額200万ユーロ
年俸 推定200万ユーロ
契約解除金 1億5,000万ユーロ
スポンサーリンク

経歴

南アメリカにあるフランス領ギアナの首都、カイエンヌに生まれたトディボはまず、パリ近郊の街サンドニのクラブ、FC Les Lilas でフットボールを始める。
8歳の時、柔道教室に行く途中に自動車事故に遭い、両脚の複数箇所を骨折する大怪我。当時のコーチが、フットボール選手としての道は閉ざされたと考えたほどの重傷だったらしい。しかし1年後、トディボは無事回復。Les Lila の中心選手となり、16歳だった2016年夏、トゥールーズの育成部門に加入している。

ファーストチームでのプロデビューは2018年8月19日のリーグアン、ボルドー戦。同年9月30日のレンヌ戦ではプロ初得点を決めた。下部カテゴリーでは守備的な中盤選手としてプレーしていたトディボがセントラルになったのは、ファーストチームに上がってからだ。

それから程なくして、トディボはビッグクラブの興味を集める選手となる。“第二のバラン”との評価と、翌年夏にトゥールーズとの契約が切れることで非常に安価(無料)での獲得が見込める点。いくつかのオファーの中からトディボはバルセロナ行きを選び、2019年7月の加入で両者は合意している。リーグアンわずか10試合出場での異例の獲得だ。

しかし、所属クラブ・トゥールーズで干され続けている状況(契約更新を拒んだことで、ファーストチームのトレーニングにも呼ばれず、ユースチームで練習)を解決するべくバルサが獲得を前倒しし、2019年冬市場の最終日、100万ユーロの移籍金によってバルサ入団。いきなり背番号「6」が与えられ、世間は驚いた。

当初、2018/19シーズン途中での出場はないと予想されていたが、潜在能力を評価したバルベルデ監督はトディボを3月のスーペルコパ・カタルーニャで起用。公式戦でも4月13日のSDウエスカ戦にて先発出場している。

2019/20シーズンはジェラール・ピケの控え(第4のセントラル)として、ファーストチームでの地位確保に挑む。

Embed from Getty Images

フランス代表:2018年11月16日、スイスとの親善試合でU-20代表デビュー。

【プレーの特徴】

身長190cmの恵まれた体躯。空中戦に強い。長い足を活かしたパスカット。
右利きのセントラルとしてだけでなく、ユース世代まで担当していた守備的中盤としてもプレー可能。元々中盤だっただけあり、後方からのパス展開も優れている。

【その他情報】

・お手本にしているのは、アンドレア・ピルロ(セントロカンピスタ)とティアゴ・シルバ(セントラル)だと本人談。


【獲得タイトル】

  • バルサ
  • リーガ(2018/19)
  • 個人賞
スポンサーリンク
ユウをフォローする
キャンペーン
スポンサーリンク
BlauGrana
タイトルとURLをコピーしました