スポーツ紙

スポーツ紙

2017年6月19日(月)のバルセロナスポーツ紙:ベラッティのPSGに戻らない宣言

2017年6月19日(月)のバルセロナスポーツ紙は、PSGに対してプレシーズン練習に参加するつもりはない、と伝えたとされるマルコ・ベラッティが再び表紙を飾っています。ラシン・サンタンデールに1-4と大勝し、セグンダA昇格へと近づいたバルサBも各紙大きな扱い。
スポーツ紙

2017年6月18日(日)のバルセロナスポーツ紙:バルサがPSGに電話連絡

2017年6月18日(日)のバルセロナスポーツ紙は、マルコ・ベラッティ獲得を目指すバルセロナがPSGに電話で連絡を取ったというニュースが各紙のメイン記事。ベラッティが放出対象外であるパリクラブの主張に変化はないようです。
スポーツ紙

2017年6月17日(土)のバルセロナスポーツ紙:クリスティアノは去る

2017年6月17日(土)のバルセロナスポーツ紙は、レアル・マドリーを退団しそうなクリスティアノ・ロナウド。ペレス会長との仲違いによってCR7の脱税疑惑が出てきたのか、脱税疑惑が出たからポルトガル人はスペインから逃げるのか。
スポンサーリンク
スポーツ紙

2,017年6月16日(金)のバルセロナスポーツ紙:ベラッティ加熱

2017年6月16日(金)のバルセロナスポーツ紙は、MDもSPORTもベラッティが主役。MD紙はベラッティ本人の元へと突撃取材し、数日前の同紙を持った写真を表紙に起用しています。一方のSPORTは選手側とバルサの代表がイビサ島で秘密会議を行ったとスクープ。
スポーツ紙

2017年6月15日(木)のバルセロナスポーツ紙:ベラッティはバルサ移籍を模索し、白いクラブは印象操作を企む

2017年6月15日(木)のバルセロナスポーツ紙。MD紙はベラッティの続報とデンベレを、SPORT紙はクリスティアノの脱税を巡るレアル・マドリーの動きを主題に持ってきています。
スポーツ紙

2017年6月14日(水)のバルセロナスポーツ紙:脱税のCR14.7

2017年6月14日(水)のバルセロナスポーツ紙は、マドリーのクリスティアノ・ロナウドが脱税容疑でマドリー検察に告発された件とベラッティ情報が主な話題。メッシと同等の扱いを受ければ、2-7年の収監となる見込みです。ちなみにマドリー方面のメディアは、白いユニを着た彼の写真を極力使用せず。
スポーツ紙

2017年6月13日(火)のバルセロナスポーツ紙:ベラッティはバルサ希望

2017年6月13日(火)のバルセロナスポーツ紙は、ベラッティを巡る動向が大きな話題。SPORT、MDともに彼を表紙にし、代理人がPSGにバルサ移籍を求めたことを伝えています。バルベルデ新監督が仕事場となるシウター・エスポルティーバを初訪問したことも話題の一つ。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました