スポンサーリンク

【バルサ選手紹介】フィリペ・コウチーニョ

バイエルンで欧州王者となり、バルセロナに戻ってきたテクニシャン
フィリペ・コウチーニョの経歴や特徴などです。

14番 コウチーニョ 14 COUTHINHO
フルネーム Philippe Coutinho Correia
(フィリペ・コウチーニョ・コレイア)
ポジション セントロカンピスタ プレーゾーン
国籍 ブラジル
生年月日 1992年6月12日
出生地 リオデジャネイロ(ブラジル)
身長 172m
体重 68kg
バルサ入団 2018年1月
デビュー戦 2018年1月36日 エスパニョール対バルサ(国王杯1/4、1-0)
前所属クラブ バスコ・ダ・ガマ(ブラジル) 2009-10
インテル・ミラノ(イタリア) 2010-13
→エスパニョール 2012(レンタル)
リバポー(イングランド) 2013-18
契約終了日 2023年6月30日
移籍金 1億2,000万+4,000万ユーロ
年俸 推定—万ユーロ
契約解除金 4億ユーロ

経歴

建築家ジョセ・カルロス・コレイアエスメレルダ・コウチーニョと第3子として1992年に誕生したフィリペが最初にフットボールをプレーし始めたのは、近所のコンクリートコートでのフットサルだった。2人の兄たちに誘われたらしい。この狭いピッチでのプレーが、後々の彼の技術と創造性を培ったようだ。
地元フットボールチームである大会に参加している時、名門バスコ・ダ・ガマのユースコーチから勧誘を受け、トライアルに合格して育成部門に入団する。

時代のブラジルを担う選手として注目を集めたコウチーニョは、2008年7月、わずか16歳にしてインテル・ミラノと契約を結ぶ。しかしイタリアでは18歳以下の外国人選手が出場することはできないため、彼のバスコ時代はあと2年間続くことになる。
2009年はバスコのセリエB優勝と昇格に貢献、2010年にはチームの主力へと成長した。

そして同年7月、18歳となったことでインテルへと正式移籍。マッシモ・モラッティ会長(当時)に「インテルの未来だ」と言われたものの、トップチーム定着に苦しみ、2012年にはRCDエスパニョールへと半年間のレンタルに出されることになった。リーガでは16試合に出場し、5ゴールを記録した。

コウチーニョが才能を開花させたのは、イタリアを離れて英国へと渡ってからだ。2013年1月26日にプレミアリーグのリバポーへと移籍。ブレンダン・ロジャースのフットボールがフィットしたコウチーニョはドリブル、パス、視野の広さ、エリア外からの強力なミドルシュートによってアンフィールドのファンを魅了、「小さなマジシャン」とのニックネームをもらう。
2015年には英国プロ選手協会が選ぶ年間ベストイレブンに選出(リバポーでは唯一)。レッズにとって欠かすことのできない選手となった。

バルセロナ移籍はすったもんだの末に実現した。最初の動きは2017年夏、ネイマールをPSGに引き抜かれたバルセロナが、インテリオールとエストレーモの両方でプレーできると評判のコウチーニョ獲得に動くも、リバポーの強い反対によって合意には至らず。
しかし家族や代理人たちの根回しもあり、2018年冬のマーケットではリバポーとバルセロナが移籍合意し入団となっている。

固定額1億2,000万ユーロ+変動額4,000万ユーロ、クラブ史上最高額選手としてのバルサ入団は、コウチーニョを苦しめることとなった。初年度(2018年)は半年だけで10ゴールをあげ、クレの期待に応えたものの、イニエスタが去り、より一層クラックとしての活躍が求められた2018/19シーズンは壁にぶつかって苦悩。大エース・メッシに気を遣いすぎたか、元気のないプレーで批判を集めるようになっていった。

2019/20シーズンはバイエルン・ミュンヘンにレンタル移籍し、無敵チームの一員としてチャンピオンズ制覇を経験。1/4 final のバルサ戦(2-8)では7点目と8点目を決め、処刑執行人となった。
2020/21シーズンはバルサに復帰。ロナルド・クーマンの4-2-3-1ではメディアプンタとして持ち味を発揮しそうな気配はあったが・・・ 大きな怪我で長期離脱しシーズン終了となった。
2021/22シーズンはさて・・・

ブラジル代表

2009年、U-17南米選手権優勝(3得点)。2011年のU-20ワールドカップ優勝。
2010年10月、18歳にしてフル代表デビュー。2014~2015年あたりからはセレソンの常連に。2015年のコパ・アメリカで代表初ゴールを記録した。2016年、コパ・アメリカ・センテナリオ出場。2018年、ワールドカップ・ロシア大会出場。2019年、コパ・アメリカ出場。

Embed from Getty Images

プレーの特徴

クリエイティブな攻撃的中盤選手で、中央でプレーメイカーの役割を担うことも、卓越したドリブル能力を活かしてサイドでプレーすることもできる(活きるのは中央)。チームメイトたちを活かすパスも得意だ。
ペナルティエリア外からの強力なミドルシュートが大きな持ち味で、爽快なゴールをずばずばと決める。
利き足は右だが、左足も強い。

雑情報

  • ・3人兄弟の末子で、兄はクリスティアノレアンドロ
  • ・インテル移籍の際、家族、それに現在の妻であるアイネとともにイタリアへ。2012年夏に結婚。2人の娘と、1人の息子がいる。
  • ・スペイン語・英語の発音はコウティーニョ
  • ・2018年8月、待望のポルトガル国籍取得!
  • ・2018年8月、背番号を「14」から「7」へと変更。バルサに戻ってきた2020年は再び「14」を着用。

獲得タイトル

  • バルサ
  • リーガ(2017/18、2018/19)
  • 国王杯(2017/18、2020/21)
  • スーペルコパ・エスパーニャ(2018)
  • バイエルン・ミュンヘン
  • ブンデスリーガ(2019/20)
  • DFBポーカル(2019/20)
  • チャンピオンズリーグ(2019/20)
  • インテル・ミラノ
  • UEFAスーパーカップ(2010)
  • コッパ・イタリア(2010)
  • FIFAクラブワールドカップ(2010)
  • バスコ・ダ・ガマ
  • カンピオナート・ブラジレイロ・セリエB(2009)
  • ブラジル代表
  • U-17 南米選手権(2009)
  • U-20 ワールドカップ(2011)
  • コパ・アメリカ(2019)
  • 個人賞
  • PFA年間ベストイレブン(2014/15)
  • UEFAヨーロッパリーグ・年間ベストイレブン(2015/16)
  • サンバ・ゴールド賞(2016)
スポンサーリンク
ユウをフォローする
キャンペーン
スポンサーリンク
BlauGrana
タイトルとURLをコピーしました