スポンサーリンク

【バルサ選手紹介】エリク・ガルシア

ラ・マシア史上最高セントラルとの期待。
エリク・ガルシアの経歴や特徴などです。

24番 エリック・ガルシア 24 ERIC GARCIA
フルネーム Éric García Martret
(エリク・ガルシア・マルトレ)
ポジション セントラル プレーゾーン
国籍 スペイン
生年月日 2001年1月9日
出生地 Martorell(バルセロナ県)
身長 183cm
体重 73kg
バルサ入団 2021年7月1日
デビュー戦 2021年8月15日、バルサ対レアル・ソシエダ(ラ・リーガ第1節、4-2)
前所属クラブ FCバルセロナ 2008-2017
マンチェスター・シティ(イングランド) 2017-21
契約終了日 2026年6月30日
移籍金 自由移籍
年俸 推定—万ユーロ
契約解除金 4億ユーロ

経歴

ラ・マシア史上最高のセントラルと評され、将来を嘱望されながらもクラブを去ったエリックが、4年の時を経てバルセロナに戻ってきた。ペップ・グアルディオラが指揮するマンチェスター・シティで多くを学んで。

バルセロニスタの両親の元、エリク・ガルシアは2001年1月9日、バルセロナ県の町 Martorell で誕生する。「エリコ」と呼ばれていたエリク少年がバルサスクールに加入したのは7歳のことだった。これは奇しくも、偉大なる先輩であるジェラール・ピケがバルサに出戻りした年でもある。
プジョル、ピケ、マスチェラーノたちのプレーを見て多くを学んだ、と後のエリクは語っている。

才能溢れるエリクはいつも年上の選手たちとプレーをし、かつ全てのチームでカピタンを務めている。フィジカルで勝負するのではなく、読みと知性で相手と対峙したエリク。ラ・マシア史上最高のセントラルとも評され、ピケの後継者になる逸材と期待されていただけに、バルサを去りマンチェスター・シティへ移籍するとの報せはバルセロニスタにショックを与えた。2017年夏のこと。それもこれも、バルトメウ理事会のカンテラ政策のせいだ。
ちなみにエリク退団当時の代理人にして助言者はカルラス・プジョル

マンチェスター・シティの一員となったエリクは、翌2018年夏のプレシーズン(USA遠征)からペップチームに呼ばれ始める。英国での公式戦デビューは2018年12月のリーグ杯レスターFC戦。2019年9月21日にはプレミアリーグデビューも飾った。18歳でのことだ。
バルサ育ちのエリクがペップ・グアルディオラのフットボールに馴染むのは早く、19歳となる2019/20シーズンにはリーグ戦13試合を含む20試合に出場している。翌2020/21シーズンはラポルテと共にセントラルの序列筆頭にいたが、シティとの契約延長を断り、バルサ復帰が確実視されたために出場機会は減少(ペップは残念がっていた)。12試合に止まった。

4年間の英国での冒険を経て戻ってきたバルセロナで、エリク・ガルシアはどんなフットボールを見せるだろう。クレの期待値は高い。

スペイン代表

フル代表デビューは2020年9月6日、UEFAネイションズリーグのウクライナ戦。翌2021年はルイス・エンリケによってUEFA EURO2020に招集され、さらに東京五輪メンバーにもなっている。

プレーの特徴

その他情報

  • ・妹さんがひとりいる。家族についてはあまり知られていない。
  • ・犬好きっぽい。

獲得タイトル

  • バルサ
  • マンチェスター・シティ
  • プレミアリーグ(2020/21)
  • FAコミュニティ・シールド(2019)
  • EFLカップ(2019/20、2020/21)

スペイン代表

  • 東京オリンピック 準優勝(2021)
  • UEFA U-19EURO 優勝(2019)
  • UEFA U-17EURO 優勝(2017)
  • FIFA U-17ワールドカップ 準優勝(2017)
  • 個人賞
スポンサーリンク
ユウをフォローする
キャンペーン
スポンサーリンク
BlauGrana
タイトルとURLをコピーしました