ジュニオル・フィルポのプロフィール

ジョルディ・アルバに競争を持ち込めるか
ジュニオル・フィルポの経歴や特徴などです。

24番 ジュニオル 24 JUNIOR
フルネーム Héctor Junior Firpo Adamés
(エクトル・ジュニオル・フィルポ・アダメス)
ポジション デフェンサ(左ラテラル) プレーゾーン
国籍 ドミニカ/スペイン
生年月日 1996年8月22日
出生地 サント・ドミンゴ(ドミニカ共和国)
身長 184cm
体重 78kg
バルサ入団 2019年8月
デビュー戦 2019年-月–日、—対—()
前所属クラブ レアル・ベティス 2018-19
契約終了日 2024年6月30日
移籍金 1,800万ユーロ+変動額1,200万ユーロ
年俸 推定200万ユーロ
契約解除金 2億ユーロ
スポンサーリンク

経歴

カリブ海の国、ドミニカ共和国で生まれたジュニオル・フィルポは6歳の頃、家族とともにスペイン(マラガ県ベナルマデナ)に移住する。ドミニカでは野球やバスケットボールが主流で、移住当時はフットボールがなにか知らなかったという彼。父親は友人を作るためにジュニオルにフットボールを始めさせたという。

ジュニオルは地元のクラブ、アトレティコ・ベナミエルに所属していた時、レアル・ベティスのスカウトの目に止まり、入団試験にも合格する。しかし父親の仕事(ホテル勤務)の関係で一度は入団を断念。2つのクラブでプレーした後、2014年にベティスのカンテラに加入している。 元々のポジションはエストレーモ。

2017年夏には、キケ・セティエン率いるファーストチームのプレシーズンに参加。しかし8月に負傷したことでデビューは2018年2月12日まで待たねばならなかった。復帰以降はほぼ全試合に起用され、セティエンの先発メンバーに定着。2018/19シーズンは公式戦29試合に出場。3得点を決め、そのうちの1つが、ベティスが3-4で勝利したカンプノウだった(セルジ・ロベルトを料理)。

バルサでは、鉄板レギュラーであるジョルディ・アルバに競争を持ち込み、将来的には先発メンバーとなることが期待される。

Embed from Getty Images

スペイン代表:ドミニカ共和国でフル代表デビューした後、2018年9月、スペインU-21代表招集を受け入れ、6日のEURO予選でデビュー。2019年7月にイタリアで開催されたU-21 EURO 優勝メンバー。

【プレーの特徴】

攻撃力のある左ラテラル。スピードのある攻撃参加が持ち味。
走力が高く、守備時の帰陣も速いようだ。バルサが獲得するのだから、ポジショニングや連携も優れている模様。

【その他情報】

・少年時代は父親の影響でマドリディスタだったが、ベティスでトップデビュー後は「今はベティコ」と述べている。

・フットボール選手として初めての給料は、運転免許取得に使った。

・FCバルセロナのトップチームに加入した初めてのドミニカ生まれ選手。

・2019年4月、長女のジャネット誕生。


【獲得タイトル】

  • バルサ
  • 代表チーム
  • U-21 EURO 優勝(2019)
  • 個人賞
スポンサーリンク
ユウをフォローする
キャンペーン
スポンサーリンク
BlauGrana
タイトルとURLをコピーしました