リーガ

トップチーム

エル・クラシコは12月へ延期、政治で動かされるフットボール

エル・クラシコは12月へと延期されることになりました。10月26日はバルセロナで大きな抗議デモが呼びかけられており、安全上の問題があると競技委員会が見たからです。ただし開催日はまだ確定しておらず、7日(土)案と18日(水)案がぶつかり合っている。ここでも連盟とリーガの意見が衝突しています。
トップチーム

バルサ一行、異例となる前々日の遠征出発。ビトリアで連泊しエイバル戦に備える

カタルーニャの緊迫した政治状況がFCバルセロナに影響を及ぼしています。今月26日に予定されていたエル・クラシコが12月に延期された件がそうですし、今週土曜のエイバル戦のためにバルサ一行が木曜日からビトリア入りしたのもそう。バルサはバスクで二泊することになります。
クラブ全般

今月26日のカンプノウクラシコは、12月18日への延期が濃厚

カタルーニャ独立を巡っての社会的・政治的な動きが、フットボールにも影響を及ぼしています。カタルーニャと中央政府との緊張が高まる中で、今月26日(土)のエル・クラシコ開催は警備上問題があると各機関が12月への延期を提案しているのです。
スポンサーリンク
マッチレポート

【マッチデータ】ラ・リーガ第8節 バルサ 4-0 セビージャ

FCバルセロナの火力が一気にセビージャを焼き払った。序盤はバルサが劣勢で、先制点を奪われそうな場面は数度あったのだが、スアレスのチレーナ弾でスコアを動かすと一気にビダルとデンベレが2得追加で3-0に。後半にはメッシのFKも決まり、カンプノウはお祭り模様となった。残念だったのはアラウホの退場を巡り、デンベレまで赤い紙をもらってしまったことだ。結局悪目立ちするマテウ・ラオスという主審。
マッチレポート

【マッチデータ】ラ・リーガ第7節 ヘタフェ 0-2 バルサ

FCバルセロナがついにアウェイゲームでの勝利をものにした。敵地では実に7試合ぶりの白星となる。それもヘタフェなのが大きい。前半は相手の圧力にやられ、いやな感覚しかなかったが、ハーフタイム前後スアレスとジュニオルの2得点で流れを引き寄せると一転。あとは特に危なげなく進行し、0-2で勝ち終えた。序盤のテル・ステーゲンのパラドンも効いた。
ポストマッチ

とりあえずの傷はふさいだ:ビジャレアル戦

FCバルセロナがビジャレアルに2-1で勝利し、とりあえずの傷をふさぎました。SPORT紙はそれを3ポイントとかけて「三針(3 puntos)縫った」と表現。縫っただけでは傷は閉じないので、これからもう少し時間をかけて完治させていく作業が必要になるバルサです。 なんだかんだでエル・クラシコが1ヶ月後に近づいてきており、早い復調が望まれますが。
マッチレポート

【マッチレポート】ラ・リーガ第6節 バルサ 2-1 ビジャレアル

FCバルセロナがカンプノウにてビジャレアルに2-1で勝利。全体として相手チームを上回ってはいたものの、まだまだ試行錯誤の発展途上であり、安心には遠い。明るい知らせはデンベレが怪我から復帰したことで、心配なのはハーフタイムで交代したメッシの筋肉状態。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました