マッチデータ|国王杯1/4 第2戦 バルサ 2-0 エスパニョール

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

スポンサーリンク

Copa del Rey
1/4 final, vuelta

守るので手一杯だったエスパニョール。
メッシのSHOWは続き、バルサをコパ準決勝へ導く。

Embed from Getty Images

FC Barcelona RCD Espanyol
2 0
25 de Enero – jueves 21:30 h
Camp Nou
: 79,774
Goles
Suárez (8)
Messi (25)
Titular
Cillessen【】 Pau López
Sergi Roberto【】 Marc Navarro
Piqué【】 Hermoso
Umtiti【】 Naldo
Jordi Alba【】 Aaron
Busquets【】 David López
Rakitic【】 Victor Sánzhez
Iniesta (c)【】 Javi Fuego
Aleix Vidal【】 Darder
Messi【】 Granero
Suárez【】 Gerard Moreno
Cambios
Aleix Vidal→ Paulinho【】(62) Darder→ Baptistao (46)
Iniesta→ Coutinho【】(68) Granero→ Sergio García (64)
Rakitic→ André Gomes【】(90+2) Victor Sanchez→ Melendo (86)
Entrenadores
Ernesto Valverde【】 Quique Sanchez Flores
Arbitro
Mateu Lahoz (valenciano)
Tarjetas
Suárez (7) Hermoso (19)
Messi (28) Granero (60)
Jordi Alba (38) Sergio Sánchez (72)
paulinho (82) Naldo (77)
名前の次の数字は評価点:平均点【5】
Estadisticas
1a 2a Total Total 2a 1a
3 1 4 Tarjetas Amarillas 4 3 1
0 0 0 Tarjetas Rojas 0 0 0
6 7 13 (5) Tiros a puerta 4 (2) 2 2
4 4 8 Ocasiones de Gol 1 0 1
3 5 8 Corners 2 2 0
3 2 5 Fueras de juegos 1 0 1
3 3 6 Faltas 17 10 7
762 pases 243
75% Posesion del Balon 25%
Formación

デンベレ、ベルマーレンが負傷中。デニス、デウロフェウが監督判断で招集外。
テル・ステーゲン、コウチーニョ(初)、パウリーニョ、アルカセル(怪我明け)、ディニェ、アンドレ・ゴメス、ミナ(初)がベンチスタート。

バルベルデの必勝イレブン。イニエスタが戦列に復帰した。中盤の右サイドはアレイシ・ビダル(ラストゲーム?)。エスパニョールが引いてきたので、両ラテラルは高い位置取り。

最初の交代はアレイシからパウリーニョ(62分)。
続いてイニエスタが任務終了となり、コウチーニョがバルサデビューを飾った(68分)。
最後は終了直前にラキティッチからアンドレ・ゴメス。

Titular Final
先発時 終了時
Goles
Suárez (8)
Messi (25)
Reporte

ファールを用いてバルサを止めにきたエスパニョールを、メッシのリードするフットボールで粉砕。絶好調のD10Sを止める方法はないのだ。第1戦の1-0を守ろうとするペリコの目論見は、8分のスアレス弾で無効に。25分のメッシ弾(カンプノウ通算4,000ゴール!)で逆転に成功したバルサがコパ準決勝へと駒を進めた。大会4連覇まで、あと3試合。

試合のトピックス

○試合開始前にはハビエル・マスチェラーノが子どもたちとピッチに登場し、カンプノウのファンに別れを告げた。イニエスタの手から記念の額入りユニフォームが贈呈。試合中のピッチサイドにも「# GRACIESMASCHE」と書かれる念の入れよう。

Embed from Getty Images

○そのマスチェラーノにさよならを言うためか、木曜21時半キックオフにもかかわらず79,774人がカンプノウに足を運んだ。これはマドリーとのスーペルコパ(89,514人)に次ぐ、今季2番目の観客数。ユベントス戦の78,656人を上回った。

試合はバルサが支配した。ボールポゼッションは最終的に75-25、前半には9割に達したこともあったようだ。エスパニョールの攻撃は単発。GKシレセンが仕事をする場面はほぼなかった。もっと点差を広げることもできたが、ボールがあまりゴールに入りたがらず。

○先制点はルイス・スアレスマテウ・ラオス主審の厳しいカード(抗議)のわずか1分後ってのが良い。メッシがボールをカットし、ドリブルから右前方のアレイシ・ビダルへと展開。キレイなセンタリングに頭で合わせた。

○逆転のゴールとなった2-0弾はレオ・メッシピケのロングパスに抜け出し、一度はボールを失いながらも、取り戻して左足シュートを突き刺した。DFに当たってコースが変わり、GKパウ・ロペスは為す術なし。

バルサの2得点がいずれもメッシのカットから始まっているのがポイント。プレッシングが効いている。バイタリティあふれるプレーの数々でバルサを引っ張ったレオ

メッシの得点はバルサのカンプノウでの通算4,000得点。こういう節目で決めてしまうところも、選ばれし選手。

○88分、メッシのヘディングシュートが左ポストを直撃。メッシがポストを叩いたのは、これで今季14回目にもなり、その半分でも決まっていれば得点数は「40」に届いているところ。

○その2得点に絡んでいたのがアレイシ・ビダルスアレスには正確なセンタリングを送り込み、メッシゴールの際は寄せでエスパニョールの展開を止めることで得点につなげた。攻撃時は偽エストレーモとして存在感あり。パウリーニョとの交代時は涙をぬぐっていたが、これがバルサでのラストゲームだからか・・・?

アンドレス・イニエスタと交代でコウチーニョがバルサデビュー(68分)。最初にパス回しに加わった瞬間から、とても馴染んでいるように映った。74分にはスアレスへのセンタリングで決定機をアシスト。

○ファール数が、バルサの「6」に対してエスパニョールが「17」なのに、カード数はどちらも「4」ずつというのは納得いかない。スアレスメッシパウリーニョのイエローカードは抗議によるもの。さらに90分にはデラ・フエンテ(GKコーチ)が抗議で退場になってもいる。主審はマテウ・ラオス

スポンサーリンク
キャンペーン
バルサ用語辞典

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

フォローして更新をチェック

トップへ戻る