マッチレポート|スーペル杯 セビージャ 1-2 バルサ

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

スポンサーリンク

Supercopa de España

デンベレのミサイル弾が決勝点。
テル・ステーゲンが土壇場でPKを止めた。

FCバルセロナがシーズン最初のタイトル、スーペルコパを獲得。フィジカル面で仕上がり度の高いセビージャのカウンターで先制を許したものの、ピケのゴールで追い付きデンベレ弾で勝利を決めた。終了間際には、テル・ステーゲンが自ら献上したPKをセーブ。

試合の流れ

●立ち上がりからボールはバルサが保持。自分たちのペースで試合を進めていたが、9分、1本の縦パスをきっかけにセビージャに先制を許す。最初サラビアのシュートはオフサイド判定で無効になったが、VARによって認められた。スペインで初となるビデオ審判

●リードを手にしたことで、セビージャはバルサにボールを譲り守備固める。
バルサのプレッシングも機能したことで、プレーの大半はセビージャ陣内で行われた。ただし縦への崩しは苦労し、シュートは打てたが決定的チャンスは少なめ。

●膠着状態だった41分、エリア正面のフリーキックから同点ゴールが生まれる。メッシの力強いシュートは右ポストに阻まれるも、その跳ね返りをジェラール・ピケが押し込んで1-1に。

●ハーフタイム前は、セビージャが攻撃のギアをアップ。サラビアに危険な場面を作られたが、テル・ステーゲンのセーブで2度目の失点は許さず、1-1で前半を終えた。

●後半も前半と同じような展開が続く。バルサがボールを保持し、時折セビージャが速攻。バルサの好機はメッシを通じて作り出され、セビージャのGK Vaclik が落ち着いた守りでそれらを阻止した。危なかったのはコーナーキックからバスケスのヘッドがクロスバーに弾かれた場面。

●1-2のゴールは唐突に生まれた。メッシが軽いファールを受けてからのリスタートで、エリア前までするすると侵入したウスマン・デンベレが強烈な右足ミサイルを一発。シュートはゴール左角へと突き刺さったのだった。

●逆転に成功したことで、エルネスト・バルベルデデンベレに替えてアルトゥロ・ビダルを投入。

●試合終了目前の89分、アルバと競り合いながら突撃してくるアレイシ・ビダルテル・ステーゲンが身体でブロックし、ペナルティキックの笛。イェデルのシュートを見事セーブして見せた。

トピックス

●スペインで初導入されたVAR(ビデオアシスタント審判)。サラビアの先制点はこのVARによって認められた。最初は線審がオフサイドと判断したが、セビージャの主張を受けて主審はVARに打診。無効にされたゴールは有効だと確認された。

レオ・メッシのバルサで手にしたタイトル数が33になり、アンドレス・イニエスタ(32)を上回ってクラブ史上最多記録を更新した。
内訳はリーガ9、チャンピオンズ4、国王杯6、スーペルコパ・デ・エスパーニャ8、ヨーロッパスーパーカップ3、クラブワールドカップ3。

●このスーペルコパ・デ・エスパーニャはレオ・メッシがカピタンとして掲げた最初のトロフィーとしてもクラブ史に刻まれる。

コウチーニョが直前でポルトガルを取得したことで、バルサの非EU選手枠はアルトゥールビダルマルコムの3人で問題なく、RFEFからも大丈夫だとの通達を得ていた。しかしセビージャが異を唱える構えを見せていたため、バルベルデは念のためマルコムをベンチ入りメンバーから外した。コパでも似たことになる?

ジェラール・ピケの1-1弾は、プロ通算50ゴール目。

バルサのスーペルコパ・デ・エスパーニャ優勝は13回目で、大会最多(マドリーは10度)。

Sevilla FC FC Barcelona
1 2
12 de Agosto – Domingo 22:00 h
Grand Stade de Tánger
Goles
Sarabia (9)
Piqué (41)
Dembélé (79)
Titular
Vaclik 【】Ter Stegen
Navas 【】Semedo
S. Gómez 【】Piqué
Mercado 【】Lenglet
Kjaer 【】Alba
Escudero 【】Busquets
Banega 【】Rafinha
Roque Mesa 【】Arthur
Sarabia 【】Dembélé
Franco Vázquez 【】Messi
Muriel 【】Suárez
Cambios
Muriel→ André Silva (60) Rafinha→【】Rakitic (46)
Sarabia→ Aleix Vidal (71) Arthur→【】Coutinho (53)
Mercado→ Ben Yedder (85) Dembélé→【】Vidal (86)
Entrenadores
Pablo Machin 【】Ernesto Valverde
Arbitro
Carlos del Cerro Grande (madrileño)
Tarjetas
Franco Vázquez (24) Busquets (15)
Roque Mesa (67) Ter Stegen (89)
Aleix Vidal (90+4) Lenglet (90+2)
名前の次の数字は評価点:平均点【5】
Estadisticas
1a 2a Total Total 2a 1a
1 2 3

Tarjetas Amarillasredcard

3 2 1
0 0 0

Tarjetas Rojasredcard

0 0 0
5 6 11 (5)

Tiros a puertaredcard

17 (8) 8 9
2 3 5

Ocasiones de Golredcard

6 2 4
1 0 1

Cornersredcard

5 1 4
0 2 2

Fueras de juegosredcard

3 2 1
8 14 22

Faltasredcard

12 8 4
324

pasesredcard

739
31% Posesion del Balon 69%
Formación

出場停止のセルジ・ロベルト、負傷中のデニスとアラニャーを含め、トップチームの25選手を全員招集。バルサBからはミランダとリキ・プッチがリスト入り。
ベンチ入りしたのはシレセン、ラキティッチ、コウチーニョ、ムニール、ビダル、ウンティティ、ミランダ。
ピケ、アルバ、ブスケツ、メッシ、スアレス、デンベレはプレシーズン初出場。アルトゥール、レングレは公式戦デビュー。

デンベレは左サイドを担当。
メッシが中央に入ると、空いたスペースをラフィーニャ(とセメド)が埋めた。

交代の1人目は、後半開始時。ラフィーニャに代わってラキティッチ(初出場)が入った。
2人目はアルトゥールからコウチーニョ。コウは左から自由に動く。後半メッシは中央に位置取り。後の微修正でデンベレは右へと移動した。
3人目は殊勲のデンベレがベンチに下がり、新加入のアルトゥロ・ビダルが登場。4-4-2の右サイドを務めた。

Titular Final
先発時 終了時

スポンサーリンク
キャンペーン

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

フォローして更新をチェック

『マッチレポート|スーペル杯 セビージャ 1-2 バルサ』へのコメント

  1. 名前:レト 投稿日:2018/08/13(月) 17:38:09 ID:db79daf78

    セビージャの守備が予想以上に堅かったですね。
    逆にバルサの守備は不安定でヒヤヒヤしました。
    前半戦はW杯出場組のコンディションが懸念され今回のような苦戦は増えそうです。
    だからこそデンベレを初めとする若手のアピールの機会なのですが。
    アルトゥールは現時点ではやはりまだまだ縦パスの少なさが目立つので彼の伸びしろに期待です。

トップへ戻る