スポンサーリンク

【バルサ選手紹介】アンス・ファティ

数々の最年少記録を塗り替えるカンテラーノ期待の星
アンス・ファティの経歴や特徴などです。

22番 アンス・ファティ 22 ANSU FATI
フルネーム Anssumane Fati Vieira
(アンスマネ・ファティ・ビエイラ)
ポジション デランテロ プレーゾーン
国籍 スペイン
生年月日 2002年10月31日
出生地 ビサウ(ギニアビサウ)
身長 178cm
体重 66kg
バルサ入団 2012年(トップ昇格は2020年9月)
トップデビュー 2019年8月25日 バルサ対ベティス(ラ・リーガ第2節、5-2)
前所属クラブ エレーラ 2009-10
セビージャ 2010-12
バルサB 2012-20
契約終了日 2024年6月30日
移籍金
年俸 推定—万ユーロ
契約解除金 4億ユーロ

経歴

ギニアビサウの首都ビサウで生まれたアンスマネ・ファティ(2002年10月31日生)が家族とともにスペイン(アンダルシア州エレーラ)へと移住したのは2008年のことだった。
地元のクラブ、エレーラでフットボールを始めた後、長兄ブライマがセビージャFCに入団したことがきっかけとなり、7歳で同クラブへと移籍。そして10歳となる2012年に(マドリーの誘いを断って)バルセロナ・アレビンAに加入している。以後は順調にカテゴリーをステップアップ。久保建英は同世代となる。

フベニールBに上がる頃から、アンスの名前はクレ界隈で広がり始まる。
2019年7月、最初のプロ契約でサインをすると、ほとんどフベニールAを経ることなく(さらにバルサBをも飛び級して)8月25日のベティス戦でトップデビュー。16歳と298日でのデビューは、1941年のビセンス・マルティネス(18歳)に次ぐクラブ史上2番目の若さだった。

アンス・ファティはそこから、破竹の勢いで数々の最年少記録を塗り替えていく。
2019年8月31日(対オサスナ)、クラブ最年少リーガ得点(リーガ歴代3位)。
2019年9月14日(対バレンシア)、ラ・リーガ最年少 同一ゲームでの得点&アシスト。クラブ最年少リーガ先発出場。史上最年少カンプノウ得点。
2019年9月14日(対ドルトムント)、クラブ最年少チャンピオンズ出場(大会歴代3位)。
2019年12月10日(対インテル)、チャンピオンズ最年少得点。
2020年2月2日(対レバンテ)、ラ・リーガ最年少 一試合二得点。

17歳の若さゆえ、その後は一時的にトップフォームの維持に苦労し、パフォーマンスを落とすものの、コロナウイルスによる競技中断が明けて以降はリキ・プッチとともにチームを活気づけ、バルセロニスタの希望となった。

正式にトップチーム選手(背番号22)となった2020/21シーズンは、実績あるスター選手との競争の中で重要な選手となるべく戦っていく。

スペイン代表

出生地であるギニアビサウでの代表歴はない。
スペイン代表としてはバルサでの衝撃的なデビュー後、政府が異例の速さで国籍を与える狂想曲もあった(2019年9月20日、スペイン国籍取得)。2019年10月、U-21代表デビュー。
フル代表デビューは2020年8月20日、UEFAネイションズリーグのドイツ戦。続く9月6日のウクライナ戦ではゴールを決め、スペイン代表の歴代最年少得点者となっている(大会最年少先発記録も樹立)。

プレーの特徴

左エストレーモを得意とする。若手のサイドアタッカーらしく瞬発力あるプレーが持ち味だが、フットボールIQが高く、ポジショニングや戦術的な動きも質が高い。ペナルティエリア内に正確に切れ込んでいけるボールコントロール精度。シュートも上手く、良い判断で良いコースへと沈められる。引き出しが豊富。
先制点が多いのも特徴。

雑情報

・父ボリさんは元フットボール選手。2人の兄もまたフットボーラー。

  • ※2019年12月、契約条件の引き上げ。
  • ※2020年9月、トップチーム契約を結び契約解除金は4億ユーロに。

【獲得タイトル】

  • バルサ
  • スペイン代表
  • 個人賞
スポンサーリンク
ユウをフォローする
キャンペーン
スポンサーリンク
BlauGrana
タイトルとURLをコピーしました