ジョルディ・アルバが筋疲労でオリンピアコス戦欠場

前日トレーニングでアクシデント発生

チャンピオンズ第3節でオリンピアコスをカンプノウに迎えるバルサに、アクシデントが発生しました。左ラテラル(SB)のレギュラー、ジョルディ・アルバがトレーニング中に負傷をしたのです。

クラブの公式発表によれば、ジョルディ・アルバは17日のセッション中に右脚の内転筋が筋疲労を起こし、18日のオリンピアコス戦は欠場。戦列の離脱期間は経過次第とされています。

左エストレーモ(WG)を置いていないバルベルデシステムで激しく上下動を繰り返すアルバですから、そのツケが回ってきたということでしょうか。肉離れではなく、筋疲労による痛みだったのは不幸中の幸いというか。ここらで一休みするのも悪くないので、チームメイトたちに任せて今夜はのんびり観戦してくだされ。

ただ、左サイドの主役となっているアルバゆえ(テル・ステーゲンメッシに次ぐ出場分数。12試合のうち11で先発)、欠場の影響はあります。

おそらくはルカス・ディニェが順当に起用されるでしょうが、チーム全体の選手配置はどうなるのか。アルバ不在でもエストレーモなしでいくのか。注目です。

スポンサーリンク

パコ・アルカセルが招集復帰

トレーニング終了後、エルネスト・バルベルデ監督が発表したオリンピアコス戦の招集リストは以下になります。

●テル・ステーゲン、シレセン ●セメド、ピケ、マスチェラーノ、ディニェ、ウンティティ ●ラキティッチ、ブスケツ、デニス、イニエスタ、パウリーニョ、セルジ・ロベルト、アンドレ・ゴメス ●スアレス、メッシ、デウロフェウ、アルカセル

パコ・アルカセルが4試合ぶりの招集を受けています。招集外は負傷中のアルダデンベレラフィーニャと、監督判断によるアレイシ・ビダルベルマーレンデウロフェウが呼ばれるようになったと思えば、今度はアレイシが外れるようになりました。交代でチャンスを与えるのがチングリ流?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました