選手ニュース

選手ニュース

グリーズマンが順調にメッシ、スアレスと仲良くなっている話

アントワン・グリースマンがレオ・メッシやルイス・スアレスと急速に馴染んできている、というニュースをよく見かけるようになってきました。それがよく表れていたのが、バロンデオロ式典を終えてパリからバルセロナへと帰る機内だったそうで、メッシとグリーズマンは親密そうに話をしていたと。
選手ニュース

ルイス・スアレスがクラブに“9番”獲得を勧める「僕がもういない時のために」

ルイス・スアレスがクラブに“9番”の獲得を勧めています。それによって自身の競争は増えますが、三十路を過ぎて週2試合をプレーし続けるのもしんどいようで。クラブの未来のためにも、リレーバトンを渡すデランテロを見付けるべきだとの見解を示すスアレスです。
選手ニュース

アンス・ファティとの契約更新に敢えてケチを付ける

FCバルセロナとアンス・ファティ(17)が契約を更新しました。期間が2022年6月までで、さらに2年延長可能なのは変わらず。ポイントはお給料の増額と、現在すでに1億ユーロの契約解除金が1億7,000万ユーロへと上昇したこと、さらにプロフェッショナル契約になった際には4億ユーロになること、そして前回の契約更新がわずか4ヶ月ちょっと前である点です。
スポンサーリンク
選手ニュース

リキ・プッチ「チャビやイニエスタのように、チャンスを待たないとね」

FCバルセロナ期待の若手リキ・プッチ。別のクラブへ期限付き移籍する方がキャリアのために良いのではないかとの議論がありますが、リキ本人はバルサ残留を改めて強調しています。「チャビやイニエスタがしたように、僕もチャンスを待つべき何だ」
選手ニュース

バルサは底を脱し、ラキティッチは先発に戻る(か)

一時はどうなることやらと思っていたバルサが、ドルトムントとアトレティコに連勝したことで息を吹き返しました。その2試合に先発出場したのが、シーズン開幕からずっと干されていたイバン・ラキティッチ。ドルトムント戦は右インテリオールとして、アトレティコ戦は出場停止のセルヒオの代役としてピボーテを務めています。それが表しているのは何か・・・
選手ニュース

レオ・メッシ、史上最多6度目のバロンデオロに輝く!

レオ・メッシが2019年度のバロンデオロ(バロンドール)を受賞しました。レオが同賞の受賞者になるのは6度目のことで、史上初。今年のメッシはFIFAによるTHE BEST賞や6度目のボタデオロ(欧州得点王)も受賞していますし、バロンデオロを加えて輝ける一年の完成です。
選手ニュース

光が見えたウンティティと、また負傷したデンベレと

先日のボルシア・ドルトムント戦(3-1)は、サムエル・ウンティティにとって復調への光明が差した試合となりました。およそ14ヶ月ぶりとなる、3試合続けての試合フル出場。懸念されていた左ヒザの痛みは現れてないようで、ポジション競争に名乗りを上げたセントラルです。 一方でまたも暗闇に包まれたように感じているであろうのがウスマン・デンベレ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました