マッチデータ|リーガ第27節 バルサ 1-0 アトレティコ・マドリー

Liga Española
Jornada 27

勝敗を決したのは、メッシの3試合連続フリーキック弾。
体力的に厳しい中、ソリッドに制して優勝へ前進。

Embed from Getty Images

FC Barcelona Atlético Madrid
1 0
4 de Marzo – Domingo 16:15 h
Camp Nou
: 90,356
Goles
Messi (24)  
Titular
Ter Stegen【7】 Oblak
Sergi Roberto【7】 Vrsaljko
Piqué【8】 Godín
Umtiti【8】 Giménez
Jordi Alba【7】 Filipe Luis
Busquets【7】 Gabi
Rakitic【8】 Thomas
Coutinho【7】 Koke
Iniesta (c)【8】 Saúl
Messi【9】 Griezmann
Suárez【7】 Diego Costa
Cambios
Iniesta→ André Gomes【5】(34) Vrsaljko→ Correa (58)
Coutinho→ Paulinho【5】(84) Gabi→ Gameiro (65)
  Filipe Luis→ Lucas (74)
Entrenadores
Ernesto Valverde【6】 Diego Simeone
Arbitro
Gil Manzano (extremeño)
Tarjetas
Messi (28) Vrsaljko (32)
Rakitic (68) Giménez (56)
名前の次の数字は評価点:平均点【5】
Estadisticas
1a 2a Total Total 2a 1a
1 1 2

Tarjetas Amarillasredcard

2 1 1
0 0 0

Tarjetas Rojasredcard

0 0 0
9 6 15 (5)

Tiros a puertaredcard

5 (1) 4 1
2 2 4

Ocasiones de Golredcard

0 0 0
7 5 12

Cornersredcard

1 1 0
1 1 2

Fueras de juegosredcard

6 4 2
7 9 16

Faltasredcard

19 8 11
    601

pasesredcard

433    
66%   58% Posesion del Balon 42%   34%
Formación

セメドが負傷欠場。
デニス、アレイシ、ミナが監督判断で招集外。
シレセン、デンベレ、パウリーニョ、アルカセル、ディニェ、アンドレ・ゴメス、ベルマーレンがベンチスタート。

右サイドにはコウチーニョが選ばれ、高めの位置を取った。
前半のイニエスタの負傷に対しては、送り出されたのはアンドレ・ゴメス(デンベレでも最初に呼ばれたパウリーニョでもなかった)。コウチーニョが左へと移動した。これで配列は4-4-2となる。
左はジョルディ・アルバが積極的に利用。

戦術的な選手交代はあと1人のみで、コウチーニョに替えてパウリーニョ。
アンドレ・ゴメスが左へ移動。

Titular Final
先発時 終了時
Goles
Messi (24)  
Reporte
 

リーガ優勝争いの直接のライバルであるアトレティコ・マドリーに、バルサが勝利。勝点差を「8」へと広げ、タイトルへ一歩前進した。決勝点となったのはレオ・メッシの直接フリーキックで、3試合連続。アトレティコの決定機をゼロに抑えたのがポイント。華よりも実を重視して勝った(特に後半)。

スポンサーリンク

試合のトピックス

●選手入場時、カンプノウのバックスタンドに、先日亡くなったエンリケ・カストロ・“キニ”へと捧げる巨大大段幕が登場。カタルーニャ語で「キニ、いつまでも覚えているぜ」のメッセージ。パルコにはキニの兄と4人の子どもたち、孫が招待されていた。

●ラス・パルマス戦から中2日とあり、90分間フルにアトレティコを抑えるのは体力的に難しい。前半はバルサが優勢に進め、後半はややオープンになりつつもソリッドな守備で完封した。試合を通じて赤白マドリーに許した決定機はゼロ。ピケウンティティディエゴ・コスタグリースマンに立ちはだかった。

イバン・ラキティッチの献身的な走りが今回も際立っていた。いつも急所をカバーしてくれる、保険のような人。

●終盤はさすがに、全体的にガス欠の様相。チームのための時間を作ろうと、前線で走り、奮闘するルイス・スアレスの姿が印象的だった。ゴールとは違う方法でも貢献してくれる、最高の9番。

リーガ残り11節時点での8ポイント差を、ひっくり返して優勝した前例はない

●バルサに大きな大きな勝利をもたらしたのは、リオネル・メッシ3試合連続となるフリーキック弾だった。今回は壁の頭上を越え、ゴール右隅に突き刺さるドライブシュート。前節はミサイル弾、前々節は壁の下をくぐらせるシュートと、なんて引き出しの多いことよ!

レオ・メッシはこれで、プロ通算600ゴールを達成(バルサで539、アルゼンチン代表で61)。初ゴールは2005年5月1日のリーガ第34節アルバセテ戦(17歳10ヶ月と7日)。

●22分、ブルサリコとボールを競っていたアンドレス・イニエスタが右太ももに痛みを感じプレー中断。その後、しばらくプレーを続けたものの、34分にアンドレ・ゴメスと交代しベンチに下がった。

検査の結果、大腿二頭筋に傷が確認され、バルサ医療部は「復帰までの日数は経過次第」と発表。カタルーニャラジオは3-4週間の離脱になるだろうと報じている。そのとおりだとチャンピオンズ・チェルシー戦を欠くことになり、大きな打撃。

イニエスタに代わってピッチに立ったアンドレ・ゴメスに対しては、スタンドの一部からブーイングの指笛が鳴らされた。これに対してはバルベルデ監督が不快感を表したっぽい場面も。

試合終了後、ゴメスはツイッターに「ファンのみんなありがとう!みんなの支えが僕らを負けなくするんだ!僕らは一歩ずつ、目標へと近づいてる。アニモ(頑張れ)マゴ(魔術師)!イニエスタは僕らと共にある!」と投稿。

フィリペ・コウチーニョが上々のパフォーマンス。最初はトリデンテの一角(右矛)として、イニエスタ負傷後は左のインテリオールとして期待に応えるプレーを見せた。エリア内へと突入するドリブルが光る。常にゴールへと向かう姿勢が良かった

●バルサはアトレティコに決定機を作らせなかったものの、わずか1点リードでは気が気ではなかった。セルヒオ・ブスケツの至近距離シュートはオブラクに阻止され、とどめの追加点ならず。オフサイドとはいえ、85分にガメイロにネットを揺らされた瞬間は冷や汗。

●前節ラス・パルマス対バルサにおいて、マテウ・ラオスがやらかしたことで注目を集めていたヒル・マンサーノ主審。ガメイロのゴールをオフサイドで無効とした判定をはじめ、概ね判定は正確だったと高評価。

エルネスト・バルベルデディエゴ・シメオネ率いるチームに初勝利。バレンシアでもアスレティックでも勝てず、13試合目にしてようやく勝てた(1勝4分8敗)。

●入場者数 90,356人は、レアル・マドリーとのスーペルコパ第1戦(89,514人)を超え、今季のカンプノウでの最多記録。雨もぱらつく天候ながら、大一番への期待の大きさが示された。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました