マッチレポート|リーガ第34節 バルサ 5-1 ビジャレアル

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

スポンサーリンク

Liga Española | jornada 34

ローテーションでのゴール祭り。
デンベレのパフォーマンスが光った。

FCバルセロナがリーガ無敗達成へと向けてまた一歩前進。3日前のエル・クラシコから大きくメンバーを入れ替えて臨んだバルサは、デンベレが2ゴール1アシストの大活躍。コウチーニョも輝き、来季への期待を膨らませた。メッシはボタ・デ・オロに接近。

Embed from Getty Images

試合の流れ

ウスマン・デンベレがとても目立った。スペースのあった前半は特にデンベレが躍動。ネルソン・セメドと右サイドで脅威となり、得点機会に絡んでいた。後半はビジャレアルがシュートの雨を降らせたが、不運な1失点に抑え、終了間際に再びデンベレが2得点でイチゴ乗せてマニータ完成。

●スペースのある試合ではデンベレの特性が非常に活きる。先制点は得点者こそコウチーニョだが、ほぼデンベレの仕事。センター付近でボールを受けると、一気にスピードに乗り、両足を駆使したドリブルでエリアに接近。左足シュートはGKアセンホに弾かれたが、コウチーニョがきっちり押し込んだ。

●そこからはしばし、バルサが自由にボールを回す時間が続く。2点目はアンドレス・イニエスタの匠のパスが決まった。コウチーニョから横パスを受けると、最終ライン裏を突く高精度のパス。来季からはこのプレーがバルサで見られなくなるのかと思うと寂しい。抜け出してパスを受け、GKを引き付けてパウリーニョ弾をお膳立てしたディニェも良かった。

●前半の決定的チャンスは3度で、その全てが得点になる効率性の高さ。3-0は前半終了間際のレオ・メッシで、アシストはイニエスタだった。メッシとドンによる阿吽のワンツー。ふんわりと優しいパスを、落下点に走ったメッシが左足で直接。これも来季からは見られない。

●前半はビジャレアルにも単発で二度の得点機があったが、いずれもジャスペル・シレセン(今季のリーガ初先発!)がセーブ。集中力を決して失わないオランダ代表GKは本当にすばらしい。

●後半はビジャレアルがまず1点を返す。54分、フォルナルスのシュートがサンソーネに当たり、コースが変わって入る不運な失点なのだが・・・ シレセンサンソーネのハンドだったと主張。スローで見れば、確かに上腕部に当たっているように見える。

●バルサはさすがに3日前のマドリー戦の疲れが出てきたようで、後半はギアを落とし気味にプレーしている。それによってボールは落ち着かず、ビジャレアルがシュートを放ちに放つ展開に。黄色潜水艦のシュートがもっと正確なら、点差は縮まっていたかもしれない。

●試合がオープンになった終盤に、恩恵を受けたのがデンベレだった。4-1のゴールはほぼイバン・ラキティッチ(途中出場)の手柄なのだが(右サイドの個人突破が見事だった)、5-1はデンベレの一人舞台だ。相手CKの場面、シュートの跳ね返りを自陣で拾うと、スピードあるドリブルでDF3人を料理。最後はGKアセンホをバセリーナで攻略し、ケーキにイチゴを乗せた。

トピックス

レオ・メッシがリーガでの得点を34とし、ボタ・デ・オロ(ゴールデンシュー)にまた一歩接近した。現在の2番手は31得点のモハメド・サラー(リバポー)。残り試合はメッシが1つ多い。メッシと同じく2試合を残すインモービレ(28得点、ラツィオ)にもわずかながらチャンスはある・・・?

コウチーニョの先制点を導いた際、ウスマン・デンベレのドリブルスピードは時速28キロに達したという。

パウリーニョ・ベセーラが1月14日のレアル・ソシエダ戦(2-4)以来となるゴールを記録。つまりシーズン後半戦では、これが初となる。9点目。

ジェリー・ミナが4月17日のセルタ戦以来となる試合出場。78分にジェラール・ピケと交代で登場したのだが、右ヒザの違和感を抱えて1月からプレーを続けるピケゆえ、もっと早く使ってほしかった。トーマス・ベルマーレンと二人で、『トムとジェリー』コンビ。セルタ戦もこの二人だった。

レアル・マドリーがサンチェス・ピスファンで敗れたことで、バルサとの勝点差は18へと広がった。このままシーズンを終えれば、新記録となる模様。2012/13シーズンのティトバルサは一時的に18ポイント差にしたが、最終的に15差だった。あちらはCL決勝にのぼせているので、もっと差は開くかも。

●入場時、バルサ選手たちはビジャレアルによるパシージョ(花道)で迎えられた。なんて紳士!感謝!「紳士たれ」がクラブのスローガンのチームが、屁理屈で拒否しただけにビジャレアルの心意気が際立つ。

●日曜日が母の日だったことで、バルサ選手たちはそれぞれに母親のネームが入ったユニフォームシャツを着用して入場。偉大な母ちゃんたちがいてこそ、今のクラックたちがいる!母上たちに大感謝。

●ハーフタイム中、FCバルセロナが今季獲得した5つのコパ・デル・レイ優勝杯と5人のカピタンたちが歴史的な記念写真。フットボール部のイニエスタ、バスケットボール部のファン・ナバーロ、ハンドボール部のビクトル・トマス、フットサル部のパコ・セダノ、そしてローラーホッケー部のアイトル・エグロラ

●同一シーズンに1つのクラブが5つの国王杯を獲得するのはスペイン史上初の偉業で、試合前には5チームによる記念撮影もあった。

バルサのリーガにおける無敗記録が43試合に伸びた。あと2試合(対レバンテ、レアル・ソシエダ)でも負けなければ、リーガ1シーズン無敗の偉大なる記録達成となる。ここまでくれば、やるっきゃない。

FC Barcelona Villarreal CF
5 1
9 de Mayo – Miercoles 20:45 h
Camp Nou
: 54,743
Goles
Coutinho (11)
Paulinho (16)
Messi (45)
Sansone (54)
Dembélé (87)
Dembélé (90+3)
Titular
Cillessen【7】 Asenjo
Semedo【7】 Mario
Piqué【6】 Alvaro
Vermaelen【6】 Victor Ruiz
Digne【7】 Jaume Costa
Busquets【7】 Trigueros
Paulinho【7】 Rodrigo
Iniesta (c)【7+】 Samu Castillejo
Dembélé【8】 Fornals
Messi【7】 Cheryshev
Coutinho【7+】 Bacca
Cambios
Iniesta→ Suárez【6】(61) Cheryshev→ Sansone (46)
Busquets→ Rakitic【7】(65) Trigueros→ Javi Fuego (57)
Piqué→ Yerry Mina【6】(78) Bacca→ Ünal (70)
Entrenadores
Ernesto Valverde【7】 Javier Calleja
Arbitro
Sánchez Martínez (murciano)
Tarjetas
Victor Ruiz (44)
Javi Fuego (72)
Mario (81)
名前の次の数字は評価点:平均点【5】
Estadisticas
1a 2a Total Total 2a 1a
0 0 0

Tarjetas Amarillasredcard

3 2 1
0 0 0

Tarjetas Rojasredcard

0 0 0
8 4 12 (6)

Tiros a puertaredcard

20 (7) 15 5
3 2 5

Ocasiones de Golredcard

4 2 2
2 2 4

Cornersredcard

4 1 3
2 3 5

Fueras de juegosredcard

1 1 0
2 4 6

Faltasredcard

15 9 6
650

pasesredcard

506
56% Posesion del Balon 44%
Formación

ウンティティが負傷欠場。セルジ・ロベルトが出場停止。
デニス、アレイシが監督判断で招集外。
テル・ステーゲン、ラキティッチ、スアレス、アルカセル、アルバ、アンドレ・ゴメス、ミナがベンチスタート。

エル・クラシコから中2日、メンバーを大きく入れ替えた。
一番意外だったのはGKのシレセンで、今季のリーガ初先発。
スペースがあったのでデンベレとセメドの右サイドは躍動感があった。
ディニェもよく攻撃参加。

選手交代はあらかじめ決められていた様子。ベテランのイニエスタ、ブスケツ、ピケが任務終了となり、スアレス、ラキティッチ、ミナが送り出された。

Titular Final
先発時 終了時
Goles
Coutinho (11)
Paulinho (16)
Messi (45)
Sansone (54)
Dembélé (87)
Dembélé (90+3)
Reporte

スポンサーリンク
キャンペーン
バルサ用語辞典

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

フォローして更新をチェック

トップへ戻る