ユウ

移籍話

ロドリゴ獲得は、頓挫・・・ その理由は

長期離脱となったルイス・スアレスの穴を埋めるためにロドリゴを獲ろう、とのFCバルセロナの目論見は頓挫しそうです。昨日の途中までは「バルサ入団確実」と見られていたデランテロでしたが、そこから状況は一転。バルサとバレンシアの交渉が決裂し、ロドリゴ移籍の見込みはなくなりました。
スポーツ紙

2020年01月29日(水)のバルセロナスポーツ紙:ロドリゴ交渉決裂

2020年1月29日(水)のバルセロナスポーツ紙は、バルサとバレンシアの交渉が決裂し、ロドリゴ獲得に暗雲が漂っている件がメインニュース。テニス全豪オープンのナダルも注目度高です。
トップチーム

セティエン流への変更がもたらす心配「時間が足りるのか」

当たり前のことなんですが、シーズン途中の監督交代は簡単ではないです。バルサは特に「攻撃的」なだけでなく、多彩なパスで美しく相手を崩すフットボールが求められる。キケ・セティエンはそれを1月からモノにするという、無理な注文に応えなければならず、選手たちも新たな試みを消化吸収せねばなりません。しかもチャンピオンズ再開までにという締め切り付きで。
スポンサーリンク
スポーツ紙

2020年01月28日(火)のバルセロナスポーツ紙:コービーへの敬意とロドリゴ交渉

2020年1月28日(火)のバルセロナスポーツ紙は、先日亡くなったコービー・ブライアントの追悼記事とバルサのロドリ獲得交渉がメイン。ナダルの勝利も大きなニュースです。
選手ニュース

カルラス・ペレスの道はローマへと続く・・・(ようだ)

カルラス・ペレスの移籍に関して、ASローマとFCバルセロナが基本合意したとのニュースが流れています。バルサ新監督キケ・セティエンが彼を戦力視しておらず、金曜日のトレーニング後、彼に移籍を勧めたという話。複数のクラブが関心を持った中で、イタリアーノが少なくとも今しばらくのカンテラーノの所属先になりそうです。
スポーツ紙

2020年01月27日(月)のバルセロナスポーツ紙:コービーの死を悼む

2020年1月27日(月)のバルセロナスポーツ紙は、ヘリコプター事故による元NBA選手コービー・ブライアントの死を悼む紙面。つらいです。
マッチレポート

【マッチレポート】ラ・リーガ第21節 バレンシア 2-0 バルサ

バルサがメスタージャで12年ぶりの敗北を喫した。前半はシュートにまで至らないボール保持と、テル・ステーゲンのパラドン連発(PKまで止めた)。後半はビダル登場で流れが変わるも、わずかな差で得点を返せず、バレンシアの効果的な速攻にやられて2-0で敗れている。セティエン監督での初黒星。ついに首位も手放しそう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました