ユウ

スポーツ紙

2019年10月10日(木)のバルセロナスポーツ紙:メッシ、バルサで引退の意向

2019年10月10日(木)のバルセロナスポーツ紙は、ラジオ局RAC1におけるレオ・メッシの発言、特にバルサでの引退の意向が大きく取り上げられています。デンベレの出場停止処分やマチン監督の始動も共通のニュースです。
トップチーム

バルサ若返り計画の面々が楽しみでならない

FCバルセロナが数年前から抱えている、スカッドの“高齢化”問題。ペップ~ルーチョ時代からチームを支える選手たち(メッシ、スアレス、ピケ、ブスケツ、ラキティッチ、アルバ)が軒並み三十路倶楽部に入会したことで、スムーズに若返りを進めることが強化技術部には求められています。
スポーツ紙

2019年10月09日(水)のバルセロナスポーツ紙:将来計画とグリーズマン

2019年10月09日(水)のバルセロナスポーツ紙は、MDがバルサの若返り計画を、SPORTがバルサ全体でのグリーズマンへのサポート体制を特集しています。エスパニョール新監督マチンの入団会見も大きな話題。
スポンサーリンク
クラブ全般

バルデス、早くもフベニールA監督を解任される

ビクトル・バルデスをフベニールA(U-19)監督から解任する旨を、FCバルセロナが公式発表しました。発表文はごく短く、ただ彼の解任とフラン・アルティガの昇格人事を伝えるのみ。そのドライな簡素さが、ザ・裏門退団といった有様です。
スポーツ紙

2019年10月08日(火)のバルセロナスポーツ紙:バルサとメッシの得点記録

2019年10月08日(火)のバルセロナスポーツ紙は、それぞれの特集記事がメイン。MDはバルサの得点者がすでに12人になることに着目、SPORTはメッシの築き上げた記録を取り上げています。ビクトル・バルデスのフベニール監督解任、エスパニョールの監督交代も話題。
マッチレポート

【マッチデータ】ラ・リーガ第8節 バルサ 4-0 セビージャ

FCバルセロナの火力が一気にセビージャを焼き払った。序盤はバルサが劣勢で、先制点を奪われそうな場面は数度あったのだが、スアレスのチレーナ弾でスコアを動かすと一気にビダルとデンベレが2得追加で3-0に。後半にはメッシのFKも決まり、カンプノウはお祭り模様となった。残念だったのはアラウホの退場を巡り、デンベレまで赤い紙をもらってしまったことだ。結局悪目立ちするマテウ・ラオスという主審。
トップチーム

采配的中で逆転勝利したインテル戦、でもモヤモヤ

2019/20シーズンのチャンピオンズ第2節 FCバルセロナ対インテルは、ひとつの選手交代でこうも展開が変わるものかと驚かされた試合でした。アルトゥロ・ビダルを入れたことでメッシとスアレスが非常に活きた。「解」を見付けた感があります。しかし今後もそれで行ってしまうのか。行ってしまうのでしょうか。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました