ユウ

選手ニュース

アルトゥール、2年目の進化中

2019/20シーズンのバルベルデバルサにおいて、一歩前進したな、と思うのはアルトゥール・メロです。文字どおりゴールへと向かって前進をしていますし、メンタル面でも前に進み出る勇気を持つようになっている。2年目の進化は明らかで、彼を見るバルセロニスタの目尻は自ずと下がります。
選手ニュース

カルラス・ペレス「バルサにいる方が、16歳で大金を稼ぐより大事」

カルラス・ペレスがラジオ局SERカタルーニャの取材に応じ、バルサへの一途な思いを語りました。「お金に導かれて行動する人はいるし、全ての決断を僕は尊重するけれど、僕はここで成功がしたいんだ。お金は足りているよ。僕にとってはここにいることの方が、16歳で1億5,000万ユーロを稼ぐよりも重要だよ。僕の夢は、ここで成功することだ」
選手ニュース

フレンキー・デ・ヨング:超速で先発レギュラーとなった2ヶ月

フレンキー・デ・ヨングのバルサ適応が期待を上回るスピードで進んでいます。バルベルデチームはここまで公式戦を10試合(ラ・リーガ8、チャンピオンズ2)プレーしていますが、フレンキーはその全てに出場。うち9試合が先発で7つがフル出場(809/900分)、1得点1アシストですからこの上ない成績です。
スポンサーリンク
スポーツ紙

2019年10月11日(金)のバルセロナスポーツ紙:MESSI10 by シルクドソレイユ

2019年10月11日(金)のバルセロナスポーツ紙は、メッシが彼を称えたシルクドソレイユのショー“Messi10”の初上演に訪れた件がトップニュース。スターです。
選手ニュース

メッシ「ずっとバルセロナにいる、それが僕の考え」

レオ・メッシがバルセロナのラジオ局RAC1の番組 El Món a RAC1 に出演。バルサや自らに関する様々なテーマについて、誠実にコメントをしています。 なかでも一番大きく取り上げられているのは、バルセロナの街でずっと暮らしたいという言葉。史上最高のフットボール選手が自分が暮らしている街で生活を続けていきたいと言ってくれるんですから、そりゃ歓喜します。
選手ニュース

デンベレはエル・クラシコ出場不可、アンスはOK

セビージャ戦でウスマン・デンベレが受けたレッドカードに関し、競技委員会が2試合の出場停止処分を発表しました。バルサが行っていた異議申し立ては認められず。これによりデンボウズのエル・クラシコ出場はなくなり、処分を不服とするバルサは上告委員会への上訴に賭けます。
選手ニュース

ラキティッチ「プレーをするために全力を尽くす。でも状況が変わらないなら・・・」

イバン・ラキティッチが難しい時を過ごしています。昨シーズンまでの不動のレギュラーから一転、今季はここまで公式戦に187分しかプレーしていない背番号4です。そんなラキティッチが招集中のクロアチア代表にて母国メディアの取材に応じ、バルサでの状況について次のように語っています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました