バルサニュース

選手ニュース

気合のメッシ

思う結果を残せなかった悔しさに、リベンジを期すクラック。 別記事の昼食会の前、アディダスのイベントへと出席したリオネル・メッシ。2つのクラシコでは良いところをほとんど見せられず、かつその合間には風邪を引いてトレーニングを休まざるを得な...
バルサニュース

逆襲への昼食会

ミランに大逆転するべく、恒例のランチ会発動。 困った時は昼食会、ではありませんが、FCバルセロナのトップチームは近年ここぞのタイミングでテーブルを囲み、団結を強めてきました。いわば、バルサの慣習的行事と言えます。しかし今季はまだその昼...
バルサニュース

危機打開に動くチーム

チームのピンチに、カピタンたちが一歩前へ。 チームがちょっとしたクライシスとなっているこの状況の中で、ただ指をくわえて見てるわけにもいかんでしょと、トップチームの4カピタン(プジョル、チャビ、バルデス、イニエスタ)が行動を起こすことに...
スポンサーリンク
選手ニュース

こういう時は、マスチェに聞こう

2日間の休日を終え、チームが活動を再開した5日(火)。会見当番としてプレスルームに登場したのは、数々の男前コメントでクレを唸らせ、人間性の高さで厚い信頼を獲得しているハビエル・マスチェラーノでした。この日のヘフェシートによるクレへのメッセージは、チームは自分たちの出来の悪さを自覚していて、状況改善のために働いているというもの。「改善の余地は多い」と認める彼がまず必要だと強調するのは、「ポジティブ思考」であります。
バルサニュース

ロセイ「私たちの監督はティト」

ティトが元気に戻ってきたなら、今季はそれでOKとの見解。 3月4日(月)。バルセロニスタの間にあったひとつの疑問に対して、サンドロ・ロセイ会長が明快に答えを出しています。ミラン戦とクラシコ連戦での敗北によって噴出している、ジョルディ・...
バルサニュース

問題点、解決策、そして3-3-4

今さらですが、クラシコ後のまとめと今後のこと。 バルセロニスタにとりましては、暗黒の一週間としてクラブ史に記されることになってしまったドブレクラシコ。ああいう最悪極まりない出来事はさっさとページをめくるのが最善なのですが、個人的なまと...
ポストマッチ

自己批判を避けたロウラ

選手たちは立ち向かっていた、と何度も強調した代理指揮官。 ある程度予想はしていたものの、それが現実として突きつけられると、やっぱりきついクラシコ連敗(しかもどちらも完敗)。クレとしましては、ちょっと数日は立ち直れそうにない状況であると...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました