ウンティティ

選手ニュース

光が見えたウンティティと、また負傷したデンベレと

先日のボルシア・ドルトムント戦(3-1)は、サムエル・ウンティティにとって復調への光明が差した試合となりました。およそ14ヶ月ぶりとなる、3試合続けての試合フル出場。懸念されていた左ヒザの痛みは現れてないようで、ポジション競争に名乗りを上げたセントラルです。 一方でまたも暗闇に包まれたように感じているであろうのがウスマン・デンベレ...
スポーツ紙

2019年11月14日(木)のバルセロナスポーツ紙:連帯の親善試合とウンティティ

2019年11月14日(木)のバルセロナスポーツ紙は、MDがカルタヘナでのチャリティー親善試合を、SPORTはウンティティ事情をトップ記事にしています。カンプノウクラシコの時間決定やバスケットボールの欧州クラシコも大きな話題。
選手ニュース

ウンティティ、先発奪還への挑戦が始まる

サムエル・ウンティティの回復が最終段階に入っています。フランス人セントラルは月曜日からグループ練習に一部復帰しており、順調にいけば週末のSDエイバル戦で招集を受けるかもしれない。ウンティティは今季まだ公式戦の出場がなく、もう5ヶ月間も試合から離れている状況です。
スポンサーリンク
選手ニュース

ウンティティの受難は続く

サムエル・ウンティティに良い流れから離れています。フランス代表合宿のトレーニング中に足を傷めてしまったことで、早々にバルセロナへと戻ってきたセントラル。幸い打撲傷で済んでいるので、すぐに復帰できそうですけれど、仏チームでもラングレに先を行かれているだけに、試合に出るチャンスを失い残念なことでしょう。
選手ニュース

ウンティティ問題:今は収まるだろうけれど

セントラル陣の中で、さざ波が起きているのがサムエル・ウンティティ周辺です。左ヒザの怪我が長引いたことで先発の地位をクレメン・ラングレに奪われたり、契約延長でこじれて心象を悪くしたり。
選手ニュース

ウンティティの告白「幸せじゃなかった。ただ混乱から出たかった」

サムエル・ウンティティが、心のクラブであるオリンピック・リヨンとの対戦を前に仏L'EQUIPE紙紙のインタビューに登場。3ヶ月に及んだヒザの治療について、当時の心境を明かしています。
選手ニュース

ウンティティとトディボを、思ったより早く見られるかも

サムエル・ウンティティがグループと共にトレーニングを行った、とのニュースがクラブから伝えられました。一部参加ではなく通常メニューをこなしたということは、試合への復帰が近いということ。これは嬉しい知らせです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました