ベルマーレン

選手ニュース

ベルマーレン「怪我のことはもう忘れた」

栄光のシーズンのことはもうすでに忘れた、というのは移籍初年度にしてルーチョチームの中心選手となったイバン・ラキティッチですが、過去のものとなったのは怪我だ、と語るのは、チームメイトたちがトロフィーを掲げる様を当事者として感じることが難しかったであろうトーマス・ベルマーレンです。ワシントンDCのアメリカン大学で行われたトレーニングの後、報道陣の囲み取材に応じたセントラルは、過ぎたことは自分の頭になく、未来のことだけを考えていると強調しています。
選手ニュース

ベルマーレンへの心理サポート

チームメイトたちがセマナ・グランデ(ビッグな一週間)へと臨んでいくのを、リハビリに励みながら応援することしか出来ないのがトーマス・ベルマーレンです。昨年12月にフィンランドで右太ももの手術を受けて以降、ベルギー人セントラルはクラブの物理療法士とともに地道で長い回復作業を実行中。少し前には筋肉にちょっとした過負荷が生じ、トレーニングをしばし中断したとのニュースも流れましたが幸い大きな問題ではなく、今も順調にリハビリは進められているそうで何よりです。
選手ニュース

ベルマーレン手術室へ…そして

27日(木)、FCバルセロナがある公式発表を行いました。ベルギー人セントラル、トーマス・ベルマーレンが火曜日にフィンランドにて右太もも裏の筋肉(半腱様筋)の手術を受けるというものです。執刀医は同国の名医サカリ・オラバ氏。夏のバルサ入団以降、ベルマーレンは保存治療による回復を目指してきましたが、患部の違和感は一向に無くならず。バルサデビューを妨げている問題を解決すべく、手術室へと入る決断をしたのでした。クラブからの発表によれば、回復に要する期間は4-5ヶ月。普通に考えればベルマーレンの公式戦出場は来季以降に持ち越しとなりそうです。
スポンサーリンク
選手ニュース

医療部の勧めをスルーした(?)スビ

夏に2014/15シーズンの新加入選手としてプレゼンテーションされながら、11月中旬になっても公式戦に1分も出場できていないのが、ベルギー人セントラルのトーマス・ベルマーレンです。彼のコンディションを巡っては、クラブ側からの明確な説明がないためにナゾだらけの状態が続いており、“ベルマーレン”と見出しが付いている記事にほとんど良い内容がないのが現状です。一番辛いのが彼自身であることは間違いなく、ドクターやフィジオたちが全力で回復にあたっていることにも疑いはないのですが、唯一疑いの目を向けてしまうのがスポーツディレクターのスビサレッタさんです。
選手ニュース

ベルマーレンの手術を検討?

クラブ医療部からゲームに出てもいいよ、と許可されているにもかかわらず、グラウンドでのトレーニングに一向に姿を見せず、日々ジムにて調整をしているらしいのがベルギー人セントラルのトーマス・ベルマーレンです。プレー許可が下りているのに、トレーニングも出来ないというミステリー。ラ・マシアのグラウンドで飼い殺しとなったウサギちゃん、なんて事例は過去にもありましたが、ベルマーレンについては本当に奇妙です。
選手ニュース

ベルマーレンはどうなってる

チャンピオンズではパリ・サンジェルマンに3点を奪われたものの、リーガではいまだ1失点も喫してはおらず、なかなかの安定感を見せているバルセロナの守備陣。危なっかしい場面はあるものの、仮に2失点ほどしていたとしてもリーガ最少であることに変わりはないわけで、プレッシングがゆるゆるだった昨季に比べれば大きな進歩です。その守備陣において、“成功補強”として高く評価されているのがジェレミー・マテューとクラウディオ・ブラボ。2人はともにレギュラー格として先発起用され、ピッチ上のパフォーマンスにてルイス・エンリケの信頼に応えています。一方、マテューと同じくセントラル不足を補う人材として獲得されながらも、まだ招集もされていないのがトーマス・ベルマーレンです。
選手ニュース

ベルマーレン「ゼロからの出発」

米インディアナポリスにてマルク・マルケスが史上2度目となる、44年ぶりとなるMotoGP開幕10連勝を達成したこの日曜日、カンプノウではベルギー人セントラル、トーマス・ベルマーレンの入団プレゼンテーションが行われました。クラブからの発表によると、アーセナルへと支払われる移籍金は1,000万ユーロ+出来高500万ユーロと、前日までに伝えられていた額よりはお得。もし彼の在籍時にバルサがチャンピオンズを制すれば、さらに380万ユーロのボーナスがつきます。契約期間は5年間。怪我がちと言われる体質を改善し、明るいニュースに満ちたバルサ時代になりますようにと強く願うところです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました