「 ベルマーレン 」一覧

どうなる?放出オペレーション

どうなる?放出オペレーション

昨日8月31日をもって移籍マーケットが終了となったイングランド、ドイツ、フランスなどに続き、スペインでも今日9月1日に選手移籍が締め切られます。渦中のフィリッペ・コウチーニョが奇跡的なバルサ移籍となるのか、それはそれで気になるのですが、その可否にかかわらずどうにかせねばならないのが

NO IMAGE

ベルマーレン回復済み、スアレス調整中

10月の国際Aマッチウィークも終盤に入り、各地へと散っていた代表選手たちが少しずつバルセロナに戻ってきています。火曜日のトレーニングにはドイツ代表へと呼ばれていたマルクアンドレ・テル・ステーゲンが復帰し、この水曜にはスペイン代表の4選手たち(ピケ、バルトラ、アルバ、ブスケツ)が戻ってくる予定。その他の選手たちは木曜日のセッションからトレーニングに加わる予定となっています。今回の代表戦ではバルサ選手の負傷はゼロで終わりそうで何よりです。

NO IMAGE

ベルマーレン弾で3ポイント

FCバルセロナがついにマラガCFからゴールを奪い、勝点3を手にしました。昨シーズンはラ・ロマレダで0-0、カンプノウでの試合は0-1での敗北とハビ・グラシア監督の中央バス固め戦術に苦しめられたルーチョチーム。この日の試合もまた似たような展開で進んでいましたが、そのイヤな流れをぶち破ったのが、ここ2試合で良い評価を得ているトーマス・ベルマーレンです。組み立てパス、連係は発展途上のベルギー人セントラルですが、昨年辛い思いをした彼がシーズン序盤にこうしてヒーローになれるのは明るいニュース。トリデンテの攻撃をことごとく阻止したマラガ守護神カメニの壁を、ベルマーレンが打ち崩したってのは良い話じゃないですか。バルサがマラガから得点を奪ったのは、292分ぶりだそうです。

NO IMAGE

ベルマーレン 3番手に浮上か

スーペルコパでの副審への暴言によって、リーガでの4試合出場停止を命じられたジェラール・ピケの穴をいかにして埋めるかはこの難しい試合の続くバルサにおけるルイス・エンリケの宿題の一つですが、どうやらその解決策となりそうなのがトーマス・ベルマーレンです。先週末のサン・マメスではマスチェラーノとコンビを組んで先発フル出場し、パス92本、ボール奪取11回、ボール喪失1回、犯したファール1回、もらったカード1枚と上々の活躍を示したベルギー人セントラル。これによってベルマーレンがセントラルの序列3番手へと浮上し、ピケ不在の間は先発として起用されるのではないかとの見方が強まっています。

NO IMAGE

ベルマーレンへの特別レッスン

ワシントンDCにて行われましたFCバルセロナのUSAツアー最終戦、チェルシーとの親善試合は2-2の引き分け(PK合戦で青組が4-2勝ち)となりました。ゲーム序盤にチェルシーに押し込まれ先制を許したり、終盤に残念な失点があったりと結果的には恵まれませんでしたが、中頃からリアクションを示して逆転に成功したことで印象は悪くない。ベストメンバーが揃えば、良い状態へと上がっていきましょう。ポジティブだったのはルイス・スアレスが今回も良いプレーを各所で見せていたことと、サンドロの豪快なゴラッソが決まったこと。後半のピケとベルマーレンのセントラルコンビもまずまずでした。

トップへ戻る