メッシ

選手ニュース

フリーキックの王メッシ、打てば(かなり)決まる

レオ・メッシのフリーキック(FK)が冴えわたっています。数年前から増加しているFKからの得点数ですが、ここ数試合は打てば入る印象。週末のセルタ戦では2度の機会を仕留め、バルサの首位キープに決定的な役割を果たしました。パッとしないバルサにおいて、レオのきらめきがクレの希望です。
スポーツ紙

2019年11月11日(月)のバルセロナスポーツ紙:フリーキック王メッシ

2019年11月11日(月)のバルセロナスポーツ紙は、セルタ戦でFK弾を2つ決めたレオ・メッシが主役。どれだけ進化を続けるんでしょうか。
ポストマッチ

メッシは6度目のバロンデオロへ向け進む。ではバルサは・・・:バジャドリー戦

レオ・メッシが自身6度目となるバロンデオロへと向け進んでいます。少なくともクレは、そう信じている。その一年で最高のフットボル選手を表彰する賞であるなら、レオ以上に適格な選手がいるだろうかと。先週末のバジャドリー戦はその新たなる証明でした。では一方でバルベルデバルサはクラブ史上6度目となる欧州制覇、もしくはクレを魅了するフットボール哲学の復活へと向けて順調かというと正直、期待薄です。
スポンサーリンク
スポーツ紙

2019年10月31日(木)のバルセロナスポーツ紙:メッシこそバロンデオロ本命

2019年10月31日(木)のバルセロナスポーツ紙は、バジャドリー戦で大活躍したメッシこそがバロンデオロに最も相応しいと、6度目の受賞へ向け後押し。彼以上に誰が相応しいというのか。
選手ニュース

メッシ、6度目のゴールデンブーツ「CLは特別だけど、リーガが大事」

家族に囲まれ、欧州得点王のトロフィーを手にしたクラック チームメイトたちへの感謝とリーグ戦の重要性を強調した FCバルセロナでのプロデビューから15周年となる10月16日、レオ・メッシが自身6度目となるボタ・デ・オロ(ゴ...
スポーツ紙

2019年10月17日(木)のバルセロナスポーツ紙:メッシのゴールデンブーツとクラシコ危機

2019年10月17日(木)のバルセロナスポーツ紙は、レオ・メッシの6度目となるゴールデンブーツ賞授与式の様子とクラシコの舞台変更の可能性がメインニュース。26日のカンプノウ開催が危ぶまれてます。どうなる?
スポーツ紙

2019年10月11日(金)のバルセロナスポーツ紙:MESSI10 by シルクドソレイユ

2019年10月11日(金)のバルセロナスポーツ紙は、メッシが彼を称えたシルクドソレイユのショー“Messi10”の初上演に訪れた件がトップニュース。スターです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました