ルイス・スアレスが11月手術?

右ヒザの嚢腫(コブ)を除去するとのこと

FCバルセロナのゴールハンター、ルイス・スアレスが11月に右ヒザにある腫瘤(ガングリオン)を除去する手術を受けることになるだろう、とカタルーニャラジオが報じています。今季のスアレスが本領を発揮できていない要員の一つに、この腫瘤があるというのです。

関節近くにある膜や滑液包にゼリー状の液が溜まってが膨らみ、コブになることがあるのですが、ルイシートはこれが右ヒザのあたりに発生しているらしく。現在は保存治療を行っていて、複数のドクターは彼に手術を勧めているみたいです。

MDは、この嚢腫(のうしゅ)はマドリーとのスーペルコパでの負傷に原因があると説明します。この時、「右ヒザ後部の関節包の負傷」を負ったスアレスは、全治4週間との診断を受けました。リーガ開幕節のベティス戦と次のアラベス戦を欠場。にもかかわらず、2週間でウルグアイ代表にて完治診断を受け、ムンディアル予選に出てから違和感が生じたそうです。

スポンサーリンク

手術の場合、回復に2-3週間

手術を実行するかどうかはメディアによって見解が分かれます。SPORTは、選手とはすでに手術の実施を取り決めていると報道。MDは、バルサ医療部は経過観察を支持しており、違和感が続くようであれば次のFIFAウィーク(11月6日~)を利用して手術との見解です(実施時期に関してはSPORTも同じ)。どちらにしても11月待ちですから、それまでにコブが自然消滅するのが一番。良性腫瘍のため、治療せずに消えもするようです。

手術を行った場合、復帰には2~3週間が必要だそうです。もし11月6日に手術をして、そこから2週間で回復したなら、スアレスが欠場するのは18日に予定されるレガネス戦(@ブタルケ)のみとなる。3週間だと22日のユベントス戦(@敵地)は微妙になりますが、さて・・・。

トップへ戻る