カンテラーノが、カンプノウで成功する道は、ひたすらに厳しい

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

トップデビューをして、昇格してからが勝負

たとえばサンドロ・ラミレス。それにムニール・エルハッダディアレン・ハリロビッチ。才能を高く評価され、トップデビューを果たしたカンテラーノは数多くいます。しかし残るのは並大抵ではない。ホセ・アルナイスの勝負もここからです。

「アルナイスはゴールを見てない。彼は××を見ている」
国王杯ムルシア戦でトップデビューを飾り、さらにはゴラッソも決めたホセ・アルナイス。ここ数日のバルサ系メディアでは、彼の名前をそこかしこに見ることができます。それだけで満腹になり、紹介する気持ちも失せるくらいです。
デビュー戦でゴラッソを決めたアルナイス「子供の頃からの夢」
FCバルセロナがレアル・ムルシアを0-3で破った国王杯初戦の主役は、デビュー戦にしてゴラッソを決めた新星ホセ・アルナイスでした。
スポンサーリンク

ほとんどの選手は継続してチャンスを得られずに去る

なにせこの5年間でトップデビューした以下の21人のうち、今バルベルデチームにいる選手はゼロ。武者修行中、バルサBで成長中の選手もいますが、トップチームにはいません。

トップ契約を手にした選手たちの中でも、生き残りはセルジ・ロベルトと武者修行を経たラフィーニャだけですからね・・・ 道はひたすらに厳しいです。

しかし今は若者たちを起用することで知られるエルネスト・バルベルデ監督ですから、ペップ・グアルディオラ時代のようにトップチームに定着する選手もちらほら出てくるはず。ミドルクラスの選手はラ・マシアから供給できるような体制を作ってほしいです。

そうすれば(たとえば)アルカセルアンドレ・ゴメスの獲得費用を、メガクラックに回せますので。

※この5年間でデビューした若者たちリスト(SPORT紙):
パトリック、アダマ、ドンゴウ(タタ・マルティーノ)、ムニール、サンドロ、マジップ、カルボネル、ボルハ・ロペス、ニリ、グンバウ、エドガル・イエ、ハリロビッチ、アイトル・カンタラピエドラ、カマラ、サンペール、マルロン、アラニャー、カプトゥム、カルドナ(ルイス・エンリケ)、アルナイス、ククレヤ(バルベルデ)

キャンペーン
スポンサーリンク

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

フォローして更新をチェック

トップへ戻る