マッチデータ|チャンピオンズ第6節 バルサ 2-0 スポルティングCP

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

Champions league
Jornada 6

冴えるアルカセルの決定力、衰えぬシレセンの試合勘。
メッシはベンチスタート。ムッシュマティエウのオウンゴール。

Embed from Getty Images

FC Barcelona Sporting CP
2 0
5 de Diciembre – Martes 20:45 h
Camp Nou
: 48,336
Goles
Alcácer (59)
Mathieu (90+1pp)
Titular
Cillessen【7】 Rui Patricio
Semedo【6】 Piccini
Piqué (c)【7】 Coates
Vermaelen【7】 Mathieu
Digne【6】 Bruno César
Rakitic【7】 Battaglia
Denis【6】 William Carvalho
André Gomes【5】 Ristovski
Aleix Vidal【6】 Bruno Fernándes
Suárez【6】 Acuña
Alcácer【7】 Alan Ruiz
Cambios
Aleix Vidal→ Messi【7】(61) Ristovski→ Martins (46)
Piqué→ Busquets【6】(64) Alan Ruiz→ Bas Dost (46)
Suárez→ Paulinho【5】(75) Bruno César→ Coentrao (64)
Entrenadores
Ernesto Valverde【6】 Jorge Jesus
Arbitro
Craig Thomson (escocés)
Tarjetas
Semedo (35) Alan Ruiz (30)
名前の次の数字は評価点:平均点【5】
Estadisticas
1a 2a Total Total 2a 1a
1 0 1 Tarjetas Amarillas 1 0 1
0 0 0 Tarjetas Rojas 0 0 0
5 8 13 (4) Tiros a puerta 5 (3) 3 2
1 3 4 Ocasiones de Gol 1 1 0
0 4 4 Corners 1 0 1
2 1 3 Fueras de juegos 2 1 1
5 7 12 Faltas 13 6 7
392 364 756 (668) pases 391 (314) 194 197
63% 62% Posesion del Balon 38% 37%
Formación

アルダ、デンベレ、ラフィーニャ、マスチェラーノ、ウンティティが負傷中。テル・ステーゲン、ブスケツ、メッシ、パウリーニョ、デウロフェウ、ジョルディ・アルバ、セルジ・ロベルトがベンチスタート。

消化試合につき、ローテーションを実施。ピケ、ラキティッチ、スアレス以外は出場機会が少なめの選手たちが起用された。アンドレ・ゴメスは怪我からの復帰。ベルマーレンは4試合連続出場。スアレスは左サイドに流れていた。サイド攻撃はさほど用いられず。

最初の交代はアレイシに替えてベンチ発進のメッシ。登場するや、圧倒的存在感でチャンスメイクに大活躍。続いては、ピケが任務終了となり、ブスケツをセントラルで試す。最後のカードはスアレスに替わって出場のパウリーニョ。

Titular Final
先発時 終了時
Goles
Alcácer (59)
Mathieu (90+1pp)
Reporte

“セカンドユニット”で臨んだバルセロナが2-0でスポルティングCPを下し、良いイメージとともにグループステージを終えた。メッシがいない1時間は違いを見せる選手がおらず、これといった決定機もなく寒いゲームとなったが、CKを活かしてアルカセルのヘッド弾で先制(59分)。メッシ登場後はバルサペースで進み、後半追加タイムのムッシュ・マティエウのオウンゴールがいわゆる“ケーキのイチゴ”となった。

スポンサーリンク

試合のポイント

レオ・メッシを後半15分まで温存したエルネスト・バルベルデと、攻撃の主力マルティンスドストをベンチスタートにしたジョルジュ・ジェススと。彼らのいない前半は気温通りに寒い展開。デニスは奮闘していたが、違いを作るには物足りなかった。ボールは基本的にバルサが支配。

●前半に得点の匂いがしたのはアンドレ・ゴメスデニスラキティッチのミドルシュート。一番惜しかったのはライン裏へ抜け出したルイス・スアレスのシュートをGKルイ・パトリシオが止めた場面。

ジェスス監督は後半からマルティンスドストを投入、リスクを冒して攻撃に転じた。試合は別の表情を見せるようになる。マルティンスのドリブルが効いていた。62分には右からのセンタリングに合わせたドストの決定的シュートをシレセンがパラドン。スポルティングの同点を阻止した。

●その3分前には、コーナーキックからパコ・アルカセルが先制点を決めている。デニスの供給したボールにニアで合わせ、後方へとすらす技ありのヘディングシュート。試合に出場すればゴールかアシストで結果を出しているパコ。技術力が高い。

●61分、スタジアムの大歓声を受けてレオ・メッシが登場。ここからは再びバルサのペースとなり、D10Sの影響力を改めて見せつけられた。80分にはルイ・パトリシオメッシの強力ミドルを阻止。アルカセルが決定機を逃すなど惜しい場面が何度かあったのち、最後はカンプノウに再登場ムッシュ・マティエウのオウンゴールで試合は終了した。

キャンペーン
スポンサーリンク

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

フォローして更新をチェック

  • レト

    アルカセルは先発した全ての試合でゴールに絡んでますね。ビッグマッチでも見てみたいものです。
    ただ、チームとしてはやはりメッシがいないと全くといっていいほど攻撃のスイッチが入らないのが難点です。ナポリみたいなチームを目指すのも手ですが・・・

トップへ戻る