スポーツ紙

2019年9月19日(木)のバルセロナスポーツ紙:マドリー惨敗

2019年9月19日(木)のバルセロナスポーツ紙は、攻守両面で良いところなくPSGに敗れたマドリーが主役。どちらの新聞も同じ「atropellar(踏みつけられる)」を使って白チームのやられっぷりを表現しています。
ポストマッチ

アウェーでの勝利は宿題だが、バルベルデの変化に期待:ドルトムント戦

FCバルセロナの2019/20チャンピオンズ初戦、対ボルシア・ドルトムントは0-0のエンパテで終了しました。1997年から続いている、チャンピオンズ第1戦での無敗記録は今回も継続となりましたが、アウェーでの勝利が遠いのもまた変わらずで。難関イドゥナ・パルクにつき、どうにか引き分けたのは朗報なんですけれど。
マッチレポート

【マッチレポート】チャンピオンズ第1節 ドルトムント 0-0 バルサ

FCバルセロナの2019/20チャンピオンズ初戦は、0-0のエンパテ。ドルトムントの危険な速攻に苦しんだものの、PKを含め、守護神テル・ステーゲンが止めに止めてくれた。攻撃面ではドイツチームの強固なブロックを崩せず、シュートも満足に打てず。決定機なく勝点1を持ち帰ることになった。メッシが怪我から復帰。
スポンサーリンク
前日会見

バルベルデ「ドルトムント戦は私たちを試す試金石」「アンフィールドは過去。明日未来が始まる」

FCバルセロナのチャンピオンズ2019/20が開幕します。その舞台となるのは、応援がとにかく熱いボルシア・ドルトムントの本拠地シグナル・イドゥナ・パルク。どれくらい熱いのかと調べたところ、本当に熱くてシビれるスタジアムです。エルネスト・バルベルデは前日会見にて、イドゥナ・パルクでのボルシア・ドルトムント戦は自分たちを試す試金石だと語っています。
スポーツ紙

2019年9月17日(火)のバルセロナスポーツ紙:いざ、チャンピオンズ初戦

2019年9月17日(火)のバルセロナスポーツ紙は、バルサのチャンピオンズ初戦とバスケットボール・スペイン代表の凱旋祝勝会が主な話題。メッシの招集リスト入りが注目を集めています。
マッチレポート

【マッチレポート】ラ・リーガ第4節 バルサ 5-2 バレンシア

FCバルセロナがクライシス中のバレンシアに5-2の圧勝。アンス・ファティとデ・ヨングがカンプノウでの初得点を決め(互いをアシスト)、怪我から復帰のルイス・スアレスもドブレーテを決めた。ピケも1得点で祭りに参加。チャンピオンズ初戦に向けて、意気上がる。
選手ニュース

ネイマールよりもムバッペだろう論争始まる

ウンザリするほどに長引いたネイマール獲得を巡ってのメロドラマ。自己都合でクラブに後ろ足で砂をかけながら去って行った選手を懸命に呼び戻そうとするその様子は、心底ガッカリするものでありました。しかし理事会内は一枚岩ではなく、ネイ復帰に反対する理事たちが反撃を開始している様子。そこで登場しているのが、獲得するならムバッペだろうとの意見です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました