トップチーム

バルサ一行、異例となる前々日の遠征出発。ビトリアで連泊しエイバル戦に備える

カタルーニャの緊迫した政治状況がFCバルセロナに影響を及ぼしています。今月26日に予定されていたエル・クラシコが12月に延期された件がそうですし、今週土曜のエイバル戦のためにバルサ一行が木曜日からビトリア入りしたのもそう。バルサはバスクで二泊することになります。
スポーツ紙

2019年10月18日(金)のバルセロナスポーツ紙:エル・クラシコ延期へ

2019年10月18日(金)のバルセロナスポーツ紙は、今月26日のカンプノウクラシコが12月へと延期になる件がトップニュース。バルサバスケ部もカタルーニャ情勢の影響を受けています。
クラブ全般

今月26日のカンプノウクラシコは、12月18日への延期が濃厚

カタルーニャ独立を巡っての社会的・政治的な動きが、フットボールにも影響を及ぼしています。カタルーニャと中央政府との緊張が高まる中で、今月26日(土)のエル・クラシコ開催は警備上問題があると各機関が12月への延期を提案しているのです。
スポンサーリンク
選手ニュース

メッシ、6度目のゴールデンブーツ「CLは特別だけど、リーガが大事」

家族に囲まれ、欧州得点王のトロフィーを手にしたクラック チームメイトたちへの感謝とリーグ戦の重要性を強調した FCバルセロナでのプロデビューから15周年となる10月16日、レオ・メッシが自身6度目となるボタ・デ・オロ(ゴ...
スポーツ紙

2019年10月17日(木)のバルセロナスポーツ紙:メッシのゴールデンブーツとクラシコ危機

2019年10月17日(木)のバルセロナスポーツ紙は、レオ・メッシの6度目となるゴールデンブーツ賞授与式の様子とクラシコの舞台変更の可能性がメインニュース。26日のカンプノウ開催が危ぶまれてます。どうなる?
選手ニュース

ウンティティ、先発奪還への挑戦が始まる

サムエル・ウンティティの回復が最終段階に入っています。フランス人セントラルは月曜日からグループ練習に一部復帰しており、順調にいけば週末のSDエイバル戦で招集を受けるかもしれない。ウンティティは今季まだ公式戦の出場がなく、もう5ヶ月間も試合から離れている状況です。
スポーツ紙

2019年10月16日(水)のバルセロナスポーツ紙:EURO予選突破!

2019年10月16日(水)のバルセロナスポーツ紙は、スペイン代表のEURO2020予選突破とアンス・ファティのU-21代表デビューがメインニュース。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました