トップチーム

クーマンを呼ぶための期日は3月、ということは

ウェンブリーの英雄、ロナルド・クーマンには“バルサからのオファーに限り、EURO2020後にオランダ代表監督を去ることができる”契約条項がある。オランダフットボール連盟 (KNVB) のスポーツディレクターさんがそう明かしています。 しかしその条項を発動するためには
バルサB

“狩られる” リキ・プッチの怪我をバルサは恐れる

リキ・プッチの将来に関する議論がFCバルセロナ内でなされているそうです。議論がここ最近になって再燃している背景にあるのは、セグンダBのラフさ。繰り返される激しいタックルからリキを守るため、バルサは彼を別のチームでプレーさせることを望んでいます。
スポーツ紙

2019年10月21日(月)のバルセロナスポーツ紙:クーマンとMSGトリデンテ

2019年10月21日(月)のバルセロナスポーツ紙は、MDがバルサの次期監督候補クーマンの契約条項、SPORTはMSGトリデンテがトップ記事です。週末の余韻漂う月曜日。
スポンサーリンク
マッチレポート

【マッチレビュー】ラ・リーガ第9節 エイバル 0-3 バルサ

FCバルセロナがイプルアにてエイバルに0-3の完勝。これでラ・リーガ4連勝とし、開幕時の不安定さから脱した。前半にグリーズマン、後半にメッシとスアレスがネットを揺らし、MSGトリデンテが初のそろい踏み。チーム全体としても集中して試合に臨み、手堅い勝ちっぷりだった。後にマドリーがコケて首位奪取。
トップチーム

エル・クラシコは12月へ延期、政治で動かされるフットボール

エル・クラシコは12月へと延期されることになりました。10月26日はバルセロナで大きな抗議デモが呼びかけられており、安全上の問題があると競技委員会が見たからです。ただし開催日はまだ確定しておらず、7日(土)案と18日(水)案がぶつかり合っている。ここでも連盟とリーガの意見が衝突しています。
トップチーム

バルサ一行、異例となる前々日の遠征出発。ビトリアで連泊しエイバル戦に備える

カタルーニャの緊迫した政治状況がFCバルセロナに影響を及ぼしています。今月26日に予定されていたエル・クラシコが12月に延期された件がそうですし、今週土曜のエイバル戦のためにバルサ一行が木曜日からビトリア入りしたのもそう。バルサはバスクで二泊することになります。
スポーツ紙

2019年10月18日(金)のバルセロナスポーツ紙:エル・クラシコ延期へ

2019年10月18日(金)のバルセロナスポーツ紙は、今月26日のカンプノウクラシコが12月へと延期になる件がトップニュース。バルサバスケ部もカタルーニャ情勢の影響を受けています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました