スポーツ紙

2020年5月20日(水)のバルセロナスポーツ紙:引き続きピアニッチ&ラウタロ

2020年5月20日(水)のバルセロナスポーツ紙は、再びいつもの補強ネタ。ページをめくる気のしない見出しが並んでます。MDのピアニッチは良さを伝える記事を書いても獲得支持率が全く上がらないことで問答無用だから覚悟しておけという感。
トップチーム

祝・バルサにロンドが戻ってきた!

シウタット・エスポルティーバ・デ・サン・ジュアン・ダスピに、ロンドが戻ってきました。保健省の計らいによって制限解除のフェーズ3に入ることが認められたおかげで、最大10人までのグループでトレーニングが可能になったプリメーラとセグンダの全チーム。待ちわびたロンドが、思っていたよりも早く見られるようになり嬉しきかなの日です。
スポーツ紙

2020年5月19日(火)のバルセロナスポーツ紙:ロンド再開とラウタロ

2020年5月19日(火)のバルセロナスポーツ紙は、日々限られた情報でやり繰りするラウタロ獲得ネタと、バルサが2ヶ月ぶりにグループトレーニングを再開した件がメインです。ロンドが戻ってきて嬉しい。
スポンサーリンク
バルサB

バルサBの昇格作戦:アンスも助太刀し達成を狙う

6月中旬のラ・リーガ再開に向け、異例となるシーズン途中のプレシーズンに取り組んでいる選手たち。目指すは残る11試合をプレーした結果による大会優勝です。一方、弟分のバルサBにも重要なる目標ができました。そう、セグンダ・ディビシオン昇格。昇格者決定プレーオフへの参加を認められたピミエンタチームは、アンス・ファティを助っ人にするなど、全力でこの挑戦に挑みます。
スポーツ紙

2020年5月18日(月)のバルセロナスポーツ紙:ピアニッチ獲得近づく

2020年5月18日(月)のバルセロナスポーツ紙は、バルサの補強関連がメインニュース。MDは今週がホットだとするものの特別新しいことはなさそう。SPORTは選手トレードの具体的な数字を挙げてます。
選手ニュース

レオ・メッシ「徹底的な感染予防措置が不可欠だと僕らは理解している」「でも合宿は・・・」

5月15日のバルセロナスポーツ紙は、MD・SPORTともにレオ・メッシのコメントがメインニュースとなっています。バルサのカピタンが両紙の取材に答え、新型コロナウイルス感染拡大によって停止している競技の再開についてや、クラブの補強などについて語っている。我らのレオがフットボールの今をどう考えているのか、知るのは興味深いことです。
バルサニュース

トレーニング再開は嬉しかったが、現実は容易ではない

ラ・リーガが競技再開へと向けたプロトコルをプリメーラとセグンダの各クラブに送り、クラブ施設での選手たちのトレーニングが始まってから、この15日で1週間となります。その初日はおそらく、約2ヶ月ぶりにグラウンドで身体を動かせることに喜びを感じていた選手たち。しかし現実はそう容易くはなく、以前とは大きく異なるトレ方法への順応に苦労しているようです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました