選手ニュース

メッシ「ずっとバルセロナにいる、それが僕の考え」

レオ・メッシがバルセロナのラジオ局RAC1の番組 El Món a RAC1 に出演。バルサや自らに関する様々なテーマについて、誠実にコメントをしています。 なかでも一番大きく取り上げられているのは、バルセロナの街でずっと暮らしたいという言葉。史上最高のフットボール選手が自分が暮らしている街で生活を続けていきたいと言ってくれるんですから、そりゃ歓喜します。
選手ニュース

デンベレはエル・クラシコ出場不可、アンスはOK

セビージャ戦でウスマン・デンベレが受けたレッドカードに関し、競技委員会が2試合の出場停止処分を発表しました。バルサが行っていた異議申し立ては認められず。これによりデンボウズのエル・クラシコ出場はなくなり、処分を不服とするバルサは上告委員会への上訴に賭けます。
選手ニュース

ラキティッチ「プレーをするために全力を尽くす。でも状況が変わらないなら・・・」

イバン・ラキティッチが難しい時を過ごしています。昨シーズンまでの不動のレギュラーから一転、今季はここまで公式戦に187分しかプレーしていない背番号4です。そんなラキティッチが招集中のクロアチア代表にて母国メディアの取材に応じ、バルサでの状況について次のように語っています。
スポンサーリンク
スポーツ紙

2019年10月10日(木)のバルセロナスポーツ紙:メッシ、バルサで引退の意向

2019年10月10日(木)のバルセロナスポーツ紙は、ラジオ局RAC1におけるレオ・メッシの発言、特にバルサでの引退の意向が大きく取り上げられています。デンベレの出場停止処分やマチン監督の始動も共通のニュースです。
トップチーム

バルサ若返り計画の面々が楽しみでならない

FCバルセロナが数年前から抱えている、スカッドの“高齢化”問題。ペップ~ルーチョ時代からチームを支える選手たち(メッシ、スアレス、ピケ、ブスケツ、ラキティッチ、アルバ)が軒並み三十路倶楽部に入会したことで、スムーズに若返りを進めることが強化技術部には求められています。
スポーツ紙

2019年10月09日(水)のバルセロナスポーツ紙:将来計画とグリーズマン

2019年10月09日(水)のバルセロナスポーツ紙は、MDがバルサの若返り計画を、SPORTがバルサ全体でのグリーズマンへのサポート体制を特集しています。エスパニョール新監督マチンの入団会見も大きな話題。
クラブ全般

バルデス、早くもフベニールA監督を解任される

ビクトル・バルデスをフベニールA(U-19)監督から解任する旨を、FCバルセロナが公式発表しました。発表文はごく短く、ただ彼の解任とフラン・アルティガの昇格人事を伝えるのみ。そのドライな簡素さが、ザ・裏門退団といった有様です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました