トップチーム

溢れる人員と放出オペレーション:目標売却額・・・ 1億4,000万ユーロ!

バルサの強化技術部門にとって、適切な補強と共に重要になるのが選手の放出オペレーションです。「買う前に売らなければならない」はマーケット開幕時によく見られるフレーズで、毎回ムリめな補強を目論むバルサは、選手の保有権売却による収入が生命線。コロナウイルス危機でキャッシュが枯渇する今夏は特に、スカッドの若返りや給与額削減のためにも放出が重要となります。
スポーツ紙

2020年5月21日(木)のバルセロナスポーツ紙:スカッド整理とトディボ売却

2020年5月21日(木)のバルセロナスポーツ紙は、MDはバルサスカッドの人員整理の必要性について、SPORTはバルサでまず最初に売れるのがトディボだろうとの記事がメインです。
選手ニュース

ラキティッチが会長からの連絡を求める「明日にも電話があるかもね」

FCバルセロナの中盤選手イバン・ラキティッチ(32)がラジオ局COPEの番組 El Partidazo に出演、自らの去就に関しては改めて残留の意思を表すと共に、未だにないというジュゼップ・マリア・バルトメウ会長からの電話を待っていると強調しています。トレード要員とのウワサも絶えず、騒がしい初夏を過ごすバルサの4番です。
スポンサーリンク
スポーツ紙

2020年5月20日(水)のバルセロナスポーツ紙:引き続きピアニッチ&ラウタロ

2020年5月20日(水)のバルセロナスポーツ紙は、再びいつもの補強ネタ。ページをめくる気のしない見出しが並んでます。MDのピアニッチは良さを伝える記事を書いても獲得支持率が全く上がらないことで問答無用だから覚悟しておけという感。
トップチーム

祝・バルサにロンドが戻ってきた!

シウタット・エスポルティーバ・デ・サン・ジュアン・ダスピに、ロンドが戻ってきました。保健省の計らいによって制限解除のフェーズ3に入ることが認められたおかげで、最大10人までのグループでトレーニングが可能になったプリメーラとセグンダの全チーム。待ちわびたロンドが、思っていたよりも早く見られるようになり嬉しきかなの日です。
スポーツ紙

2020年5月19日(火)のバルセロナスポーツ紙:ロンド再開とラウタロ

2020年5月19日(火)のバルセロナスポーツ紙は、日々限られた情報でやり繰りするラウタロ獲得ネタと、バルサが2ヶ月ぶりにグループトレーニングを再開した件がメインです。ロンドが戻ってきて嬉しい。
バルサB

バルサBの昇格作戦:アンスも助太刀し達成を狙う

6月中旬のラ・リーガ再開に向け、異例となるシーズン途中のプレシーズンに取り組んでいる選手たち。目指すは残る11試合をプレーした結果による大会優勝です。一方、弟分のバルサBにも重要なる目標ができました。そう、セグンダ・ディビシオン昇格。昇格者決定プレーオフへの参加を認められたピミエンタチームは、アンス・ファティを助っ人にするなど、全力でこの挑戦に挑みます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました