バルサB、昇格プレーオフ最終ラウンドはラシンと対戦

ここを勝ち抜けばセグンダAへ。

カルタヘナとの昇格プレーオフ2回戦を勝ち抜き、最終ラウンドへと駒を進めたバルサB。リーグ戦での順位や地理的条件などから、セグンダ昇格を賭けた2試合の相手は古豪ラシン・サンタンデールに決定しました。バルセロナがグループ3の優勝チームなのに対し、ラシンはグループ2の2位なので、試合の順番はイダが敵地エル・サルディネロ、ブエルタが地元ミニエスタディ。他会場ではバレンシア・メスタージャとアルバセテが対戦し、それぞれの勝利チームが来季のセグンダA参加権を手にする仕組みです。

燃えるエル・サルディネロ

レアル・ラシン・クルブ・デ・サンタンデールはクラブ創立1913年。104年の歴史を持つ古豪です。ユーロ2000にはペドロ・ムニティスがラ・ロハに選ばれるなど、世紀末あたりはプリメーラの常連クラブでしたが、ここ数年はセグンダとセグンダBを行ったり来たり。今季はセグンダBのグループ2で、クルトゥラル・レオネサ(ストレート昇格プレーオフでバルサBを下す)に次ぐ2番手でした。

ビジャノベンセと対戦したプレーオフ2回戦はイダを2-0で落とし、敗退濃厚だったものの、昨日行われたエル・サルディネロでのブエルタを4-0で勝利して逆転勝ち抜け。その原動力となったのが18,000人強の地元ファンの声援だったということで、バルサBも十分注意が必要となります。

ちなみにカルタヘナとのプレーオフ2回戦にミニエスタディを訪れたバルセロニスタは4,585人だったので、街としての昇格を望む熱量はサンタンデールの方が上。バルサB監督ジェラール・ロペスはカルタヘナ戦後、「重要な試合にもっとたくさんのファンが来てくれることを期待していた」と残念がり、「セグンダに行くことで多くの選手たちの将来が約束されるんだ。全バルセロニスタのサポートを期待するよ」と次の最終決戦ではクレがミニへと足を運ぶよう訴えています。

試合日程はエル・サルディネロでのイダが今週末の17/18日、ミニエスタディでのブエルタが来週24/25日です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました