デ・ヨングを2019年に獲ると決めた

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

スポンサーリンク

アヤックスの宝石(20歳)を来年チームに加える計画

FCバルセロナとゆかりの深いオランダの名門クラブ、アヤックス。ここに今、バルサが大変注目する若手が数名います。特にデ・リフト(セントラル)とデ・ヨング(メディオ)の2人は相当真剣に獲得を目指しているようで、デ・ヨングは2019年夏に獲ると決めたんだそうです。

将来を嘱望されるセントロカンピスタ

フレンキー・デ・ヨング(20)は身長180cm、複数のポジションをこなすことができるセントロカンピスタです。

担当するポジションは守備的な位置ですが、元々は攻撃的な選手だったらしく攻撃も得意。
好機と判断すれば果敢にドリブルで攻め上がり、仲間にラストパスを供給します。
相手に寄せさせておいてターンでかわし、前へとボールを運ぶ。寄せさせて、フリーの仲間にパスをする。ボールの置き所がとても巧み。スペースを見つけてぐいぐいと推進する。

フレンキー欲しい!というクレ諸氏が多数いるのも分かる、アヤックスの宝石です。

アーセナル、シティ、バイエルンなどなど狙っているグランデが多数いるらしいデ・ヨングの周辺とバルサはコンタクトを取り続けていて、是非とも我がクラブに、と契約への熱意を示しているそうです(MD紙より)。

バルセロナが考えるデ・ヨングの加入時期は2019年夏
他クラブに出し抜かれないよう、がっちりと囲い込みをしておかねばなりません。

Embed from Getty Images

ジェリー・ミナやアルトゥールのように

ではバルサはどのようにフレンキーを確保する計画かというと、“ジェリー・ミナ方式”だそうです。あるいは“アルトゥール・メロ方式”。

所属クラブも含めてバルサ移籍で合意を取り、期間をおいて移籍を実行する。
所属クラブはすぐに選手を失うことなく、1年なりプレーを楽しむことができる。
最近、若手の獲得によく使っている手口です。

デ・ヨングの場合は2019年の夏に絶対に契約するので1年間待つように求め、選手を納得させたとMD紙は書いています。本当に納得してもらえたのなら、それは朗報。アヤックスとしても1年後ならいいんじゃないですかね。

このニュースのまとめ

  • ・アヤックスの有望株、フレンキー・デ・ヨング(20)
  • ・プレービジョンやボール技術に優れ、推進力も高い
  • ・2019年のバルサ入団で決まっているとか

スポンサーリンク
キャンペーン
バルサ用語辞典

当バルサニュースを気に入っていただけたら、また読みに来てくださると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気アップ!

フォローして更新をチェック

トップへ戻る