マッチレポート|リーガ第23節 アスレティック 0-0 バルサ

Liga Española | jornada 23

聖テル・ステーゲンがアスレティックの好機をことごとく阻止。
バルサは前半冴えず、後半に盛り返したが、得点機はほぼ作れなかった。

“大聖堂”サンマメスでより勝利に相応しい試合をしたのは、アスレティックだった。バルセロナが勝点を持ち帰れたのは、テル・ステーゲンがパラドンを連発したおかげ。統制の取れたバスクチームの守備をバルサは崩せず、0-0で納得するのが精一杯だった。

Embed from Getty Images

スポンサーリンク

試合の流れ

負けずに済んだ:バルサらしいバルサが見られたのは後半序盤のある時間帯のみで、それ以外はアスレティックのペース。特に前半25分までと終了前はアスレティックが決定機を作り出し、テル・ステーゲンの好守によって失点を逃れたバルサだった。ドイツ人守護神、様様の試合。



パラドン:立ち上がりはわりと落ち着いていたゲームで最初に得点機を作ったのはアスレティックだ(10分、ユーリの右ポストをかすめるシュート)。そこからは大聖堂サンマメスの後押しを受けてハイペースな試合を仕掛けるアスレティックに、バルセロナが付いていけない。17分にはスサエタのロスカを横っ飛びステーゲンが左手でセーブ。これはもう決まったと思った。

押されっぱなし:ラ・リーガの1月MVPとなったイニャキ・ウイリアムスを使ったダイレクトでスピードある攻撃は、バルサも頭を悩ませた。25分にはラウール・ガルシアのチレーナ(オーバーヘッド)がテル・ステーゲンを強襲。バルベルデチームがようやく見せ場を作ったのは27分のメッシによるクロスバーに弾かれたミドルシュートで、D10Sのひらめきにおんぶ、そんな様子だった。

後半に入り、バルサの反撃:それがアラ不思議。後半に入ると試合は一転してバルセロナのペースとなる。前半はつながらなかったパスがつながり、バルサがボールを支配。プレーは主にアスレティック陣内で繰り広げられていった。この快適な時間は約20分間ほど続いた。62分にガリタノ監督はスサエタに替えてムニアインを投入。1分後、バルベルデはアルトゥロ・ビダルに替えてアラニャーを送り出した。

流れは再びアスレティックへ:試合が再びアスレティック寄りに傾いていったのは、65分のカウンター(サン・ホセのミドルがわずかに逸れた)からだ。攻撃はすれども崩しきれない、決定機には至らないバルサに対して(中央突破にこだわりすぎ)、アスレティックはカウンターで好機を演出。ムニアインが存在感を出していた。怪我から復帰のデンベレも、決定的な仕事はできず。

またもやテル・ステーゲン:ゲーム終盤は再び、ボールが両陣営を忙しなく行き交う展開となり、それは明らかにアスレティックに利していた。82分にはウイリアムスの至近距離シュートをテル・ステーゲンが右手でブロック。ものすごい動体視力と反射神経だ。マルクのおかげでバルサはサンマメスでの敗北を免れた。鉄壁のテル・ステーゲン。

トピックス

バルサ停滞、マドリー接近:2位から6ポイント差の首位は変わらず・・・ しかし追っ手はマドリーダービーに勝った白組へと入れ替わった。ここ2試合続けて引き分けているバルサに対し、5連勝のマドリーが4ポイントを縮めた。




Athletic Club FC Barcelona
0 0
10 de Febrero 2019 – Domingo 20:45 h
San Mames
:47,557
Goles
   
Titular
Herrerín 【8】Ter Stegen
De Marcos 【6】Sergi Roberto
Yeray 【7】Piqué
Iñigo Martínez 【7】Lenglet
Balenziaga 【6】Semedo
Beñat 【6】Busquets
Dani García 【6】Rakitic
Susaeta 【5】Arturo Vidal
Raúl García 【6】Messi (c)
Yuri 【5】Coutinho
Iñaki Williams 【5】Suárez
Cambios
Beñat→ San José (56) Arturo Vidal→【6】Aleñá (63)
Susaeta→ Muniain (62) Coutinho→【5】Dembélé (75)
Iñaki Williams→ Kenan Kodro (90) Lenglet→【5】Vermaelen (88)
Entrenadores
Gaizka Garitano 【5】Ernesto Valverde
Arbitro
Del Cerro Grande (madrileño)
Tarjetas
Dani García (52) Lenglet (72)
De Marcos (68) Busquets (78)
Yeray (90+1)  
De Marcos (90+1DA)  
名前の次の数字は評価点:平均点【5】
Estadisticas
1a 2a Total Total 2a 1a
0 0 0

Golesredcard

0 0 0
7 6 13 (5)

Tiros a puertaredcard

10 (2) 6 4
3 2 5

Ocasiones de Golredcard

1 0 1
5 1 6

Cornersredcard

4 0 4
1 1 2

Fueras de juegosredcard

3 1 2
    333

pasesredcard

694    
    33% Posesion del Balon 67%    
8 15 23

Faltasredcard

10 5 5
1 1 2

Tarjetas Amarillasredcard

2 2 0
0 1 1

Tarjetas Rojasredcard

0 0 0
Formación

アルトゥール、ラフィーニャ、シレセン、ウンティティが負傷欠場。アルバが出場停止。
トディボ、サンペールが監督判断で招集外。ミランダが招集後にベンチ外。
デンベレ、マルコム、ムリージョ、ボアテング、アラニャー、ベルマーレン、イニャキがベンチスタート。

最大の注目ポイントは出場停止ジョルディ・アルバの穴をどう埋めるかで、バルベルデはセメドの左起用を選択した。負傷したアルトゥールのところには、アルトゥロ。
それにしても、冬に加入した選手たちの出番がない(驚きはない)。

一人目の交代は、アルトゥロ・ビダルから出番が増えてきたアラニャーへ。
二人目はコウチーニョに替えて、怪我から復帰のデンベレ。
三人目はダメージを受けたラングレを休ませてベルマーレンに出番。

Titular Final
先発時 終了時
 

 

コメント

  1. レト より:

    久々の無失点がこの試合で助かりました。
    とはいえクラシコの前後で勢いではマドリーに完全に逆転されてしまい嫌な展開です。
    有望な若手の活躍で来シーズンへの期待は高まりますが、
    逆に今シーズンはその準備段階で終わってしまいそうなのが不安です。

タイトルとURLをコピーしました