【マッチレポート】ラ・リーガ第13節 バルサ 4-1 セルタ

LaLiga | jornada 13

2本のフリーキックをいとも簡単に決めてみせたメッシ。
内容は良くも悪くもなく・・・ 改善の兆しはあまり。

FCバルセロナがセルタに4-1の快勝。ハーフタイムを挟んでのレオ・メッシの2本のフリーキック弾が大いに効いた。攻撃におけるメッシへの依存度は依然として高く、ほぼ彼次第。悩めるセルタが相手だからこその快勝と言える。メッシのおかげで勝てた試合。

スポンサーリンク

試合のポイント

いまいちな立ち上がり:セルタでの初采配に3バックを敷いてきたオスカル・ガルシア。バルサはセルタのハイプレスに苦しみ、序盤はハーフラインを越えられない展開が続いた。14分にはピボーテ起用されたセルジ・ロベルトの上がりから中央を突破しかけるも、決定機とはならなかった。いまいちな立ち上がりのバルサ。



PKで先制とミニ会議:20分頃からはバルサがセルタを押し込み始め、ジュニオルのセンタリングがアイドオのハンドを呼ぶ。ボックス内だったことで明らかなPK。メッシがこれを決め、バルサは労せずリードを手にした。このゴールを祝う際、選手たちは輪になってピッチ上でのミニ会議を行っている。
またPK時にはふくらはぎを傷めたセメドブスケツと交代しており、メッシは右ラテラルに移動するセルジ・ロベルトともなにやら話し合っていた。

FKを決められ同点に:ミニ会議も空しく、バルサは低調なパフォーマンスが続いた。攻撃時の第3の動きが非常に少なく、守備もリトリート優先。これといった出来事もなく時計は進み、そのままハーフタイムかと思われた42分、試合は動いた。ボールを奪われたメッシシストの後方から取り戻そうとしたプレーがファールと判定され(ボールに触れていた)、FKをルカス・オラサが決めて同点に追い付くのだ。

メッシの2つのFKで勝負あり:しかし自らのプレーで与えたFKで同点とされたメッシは、そのまま1-1で前半を終えることを良しとしなかった。アルトゥールが粘って手にしたエリア手前・好位置でのFKを、オレこそがFK王だとばかりにゴール右端に蹴り込んで2-1。バルセロニスタの期待にしっかりと応えてくれるD10Sは流石すぎる。
メッシはさらに後半開始すぐ、もう1つのFKを決めて勝負を決定づけている。蹴れば入る最近のメッシのFK

メッシ頼みの攻め:後半から入ったデンベレはキレのある動きでアクセントになっていたし、終盤に怪我明けの試運転をしたスアレスもゴールへと向かう姿勢が良くはあったが、結局メッシの絡まない攻撃に迫力のないバルセロナ。試合は84分にセルヒオ・ブスケツの今季初ゴールが決まり、4-1で終了している。

トピックス

更新中




FC Barcelona Celta de Vigo
4 1
9 de Noviembre 2019 – Sabado 21:00 h
Camp Nou
:71,209
Goles
Messi (23pk)  
  Lucas Olaza (42)
Messi (45)  
Messi (48)  
Busquets (85)  
Titular
Ter Stegen【7】 Rubén Blanco
Semedo【6】 Hugo Mallo
Piqué【6】 Aidoo
Umtiti【5】 Araujo
Junior【6】 Lucas Olaza
Sergi Roberto【6】 Juncà
De Jong【7】 Sisto
Arthur【6】 Lobotka
Messi (c)【9】 Fran Beltrán
Ansu Fati【5】 Pape Cheikh
Griezmann【6】 Iago Aspas
Cambios
Semedo→
Busquets【6】(23)
Sisto→
Brais Méndez (64)
Ansu Fati→
Dembélé【6】(46)
Lobtka→
Denis Suárez (77)
Griezmann→
Suárez【6】(73)
Pape Cheikh→
Gabriel Fernández (81)
Entrenadores
Ernesto Valverde【5】 Oscar García
Arbitro
Cuadra Fernández (balear)
Tarjetas
Umtiti (25) Fran Beltrán (45)
Messi (40)  
Sergi Roberto (52)  
Busquets (88)  
名前の次の数字は評価点:平均点【5】
Estadisticas
1a 2a Total Total 2a 1a
2 2 4

Golesredcard

1 0 1
5 5 10 (7)

Tiros a puertaredcard

6 (5) 4 2
2 4 6

Ocasiones de Golredcard

1 1 0
1 1 2

Cornersredcard

2 2 0
0 1 1

Fueras de juegosredcard

3 2 1
    680

pasesredcard

422    
60% 62% 61% Posesion del Balon 39% 38% 40%
8 10 18

Faltasredcard

14 7 7
2 2 4

Tarjetas Amarillasredcard

1 0 1
0 0 0

Tarjetas Rojasredcard

0 0 0
Formación

ジョルディ・アルバが負傷欠場。
トディボ、アラニャー、カルラス・ペレスが監督判断で招集外、ワゲがベンチ外。
ネト、ラキティッチ、ブスケツ、デンベレ、ラングレ、ビダルがベンチスタート。

怪我のアルバに代わって起用されたのはジュニオル・フィルポ。
数カ所でローテーションが行われ、ウンティティが左セントラルを、セルジ・ロベルトがピボーテを務めた。怪我明けのスアレスがベンチのため、グリーズマンとメッシが偽9番をしたり。

前半23分にセメドが負傷交代となり、ロベルトが右ラテラルに移動した。ピボーテにはブスケツ。
元気のなかったアンスはハーフタイムで交代。デンベレが登場となった(右エストレーモ)。
3人目の交代は73分、グリーズマンからスアレス。デンベレは左へ。

Titular Final
先発時 終了時
 

2019年11月10日(日)、セルタ戦翌日のバルセロナスポーツ紙。

MD「彼は天才」

  • 彼は天才
  • セットプレーでのメッシのハットトリックがバルサに勝利をもたらし、リーガ中断を首位で迎える
  • → FKでの2つのゴラッソとPK、そしてブスケツのゴールがイメージ改善の賞を与える
  • アトレティコ 対 エスパニョール 16時
    ワンダでの赤白チームへのファン投票

SPORT「メッシだけ」

  • メッシメッシメッシ、そしてメッシだけ
  • → セットプレー(PKと2つのFK)からハットトリックを達成したアルゼンチン人クラックによるもう一つのエキシビションのおかげで、バルサはラ・リーガの首位を続ける
  • バルトメウがバルベルデを承認「彼はバルサに理想的な監督」

コメント

タイトルとURLをコピーしました