ユウ

スポーツ紙

2020年02月14日(金)のバルセロナスポーツ紙:今日も9番補強

2020年2月14日(金)のバルセロナスポーツ紙もバルサの前線補強がメインですが、SPORTは委員会からの獲得許可が下りないかもしれない件を大きく取り上げています。バルサバスケ部のコパ敗退も大きな話題。
トップチーム

9番補強へのカウントダウンが始まる

FCバルセロナの9番獲得作戦・冬の陣・後編の幕が上がっています。先日フィンランドで手術を受けたウスマン・デンベレの欠場期間が6ヶ月間に及ぶとの診断を受け、クラブはラ・リーガの医療委員会へと医療報告書を提出。これが認められ、穴埋め補強の許可が下り次第、新たなデランテロの加入を発表する目論見のようです。
スポーツ紙

2020年02月13日(木)のバルセロナスポーツ紙:引き続き 前線補強

2020年2月13日(木)のバルセロナスポーツ紙は、引き続きバルサのデランテロ補強について。消去法によって候補が絞られてきています。
スポンサーリンク
トップチーム

チームの一体感をもっと増すべく、セティエンがしていること

バルサ新監督キケ・セティエンと彼のスタッフたちは、いくつかの目標を定めて仕事に取り組んでいます。バルセロナらしいフットボールを取り戻すための戦術的なトレーニングがひとつ。そしてチームのの団結感をMAXまで高めることも重視しているらしく、その成果は徐々に表れ始めている模様です。
トップチーム

バルサ恒例のセントラル問題:アラウホの出番か、それとも

フットボールでは、欠場者が同じポジションに重なってしまう案件がしばしば発生します。今のFCバルセロナでは、前線と最終ライン。前線の件はまた別で取り上げるとして、こちらでは毎年恒例となっている“セントラル問題”を考えます。
スポーツ紙

2020年02月12日(水)のバルセロナスポーツ紙:デンベレ6ヶ月KO、前線補強へ

2020年2月12日(水)のバルセロナスポーツ紙は、デンベレが半年間の欠場となったことでバルサが前線の選手を一人補強するであろう件がメインニュース。もうコパも敗退しているので、しばらく賑やかになりそうです。
スポーツ紙

2020年02月11日(火)のバルセロナスポーツ紙:デンベレ手術と前線補強

2020年2月11日(火)のバルセロナスポーツ紙は、デンベレが今日フィンランドで手術を受けることでバルサの前線補強の動きが活発になるであろう件がメイン。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました