クラブ全般

クラブ全般

プジョルにスポーツマネージャー就任を申し出たとか

嫌われおじさん、ペップ・セグラがスポーツマネージャーが解任されて約1週間。FCバルセロナは補強の最高責任者が不在のまま、夏マーケットの海を航行しています。そこでクラブが目を付けたというのが、永遠のカピタン、カルラス・プジョルらしく。プジはクラブからの要請を受け、オファーを受けるか否かを検討中だそうです。
クラブ全般

クライフェルト、カンテラの最高責任者になるの巻

パトリック・クライフェルト Patrick Kluivert(クライファート)を育成部門の新ディレクターに指名した、とFCバルセロナが公式発表をしました。 契約期間は、2021年6月末までの2年。バルサが最近進めている、ラ・マシア改革のひとつです。
クラブ全般

ラ・マシア再建へ:コーチたちもアカデミーから・・・ そしてセグラがついに!?

FCバルセロナによる、ラ・マシア再築の動きが進んでいます。バルサがバルサらしさを失っている、と言われる近年。クラブ幹部たちも当然それは気付いておりまして、ここ数日はカンテラ人事のニュースが盛んに流れているところです。
スポンサーリンク
クラブ全般

トレーニングメソッド立案者セイルーロが現場復帰:育成部門の再築進む

FCバルセロナが育成部門フットボル・バセの再構築を進めています。そのひとつが、育成メソッドの責任者としてのパコ・セイルーロ(73)の現場復帰。トレーニングメソッドの権威としてその名を知られる彼が、育成部門へ加入することになったのです。
クラブ全般

メストレ副会長、突然の辞任:理由は理事会内での意見相違

FCバルセロナの第2副会長であり、スポーツ部門の最高責任者であるジョルディ・メストレ(57)が昨日、ジュゼップ・マリア・バルトメウ会長へと副会長辞任を伝えました。ネイマール獲得反対派であるから、と報じられていたりもしますが、本当の理由は別にある様子。
クラブ全般

2018/19シーズンの選手売却収入、2億ユーロ超え

FCバルセロナは数年前まで、売るのが下手なクラブとして知られてきました。それが少しずつ改善されていき、先日終了した 2018/19シーズンはなんと、14選手を売った収入が 2億ユーロ(約240億円)を超えるという変わりよう・・・
クラブ全般

コパ敗退で強まるバルサ内部の嵐・・・ 憂うつな5月

アンフィールドショックを少しでも和らげるべく臨んだコパ決勝で、不甲斐なく敗北。バルサ内部の騒音は強まり、バルトメウ理事会は難しい決断に直面しています
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました