バルサB

バルサB

ガルシア・ピミエンタ(B監督)「いかなる挑戦にも準備をしている」

来季、カンプノウのベンチに座っている監督は誰になるのか。今季で契約満了となるエルネスト・バルベルデが、延長オプションが行使されて残るのか。それとも新たなミステルと交代になるのか。最近の開き直った感のある采配を見ていると、チングリの続投はなさそうに思えます。
バルサB

“狩られる” リキ・プッチの怪我をバルサは恐れる

リキ・プッチの将来に関する議論がFCバルセロナ内でなされているそうです。議論がここ最近になって再燃している背景にあるのは、セグンダBのラフさ。繰り返される激しいタックルからリキを守るため、バルサは彼を別のチームでプレーさせることを望んでいます。
バルサB

期待株チャビ・シモンズがPSGへ・・・ クラブは慰留に努めたが、無理はせず

チャビ・シモンズ(16)がバルサ時代に終止符を打ち、パリでの新生活を始める決断を下しました。契約更新が難航しているとは言われていましたが、よりにもよってPSG行きを決めるとは残念。それも好条件を提示したバルサよりもパリが良かったのなら、そこまでのご縁だったのでしょう。
スポンサーリンク
トップチーム

セントラル問題… まず呼ばれたのはチュミ

サムエル・ウンティティに続いてトーマス・ベルマーレンが負傷者リストに入ったことで、にわかに騒がしくなったセントラル問題。火曜日のトレーニングにバルサBから呼ばれたのは有力とされたクエンカではなく、もう1人の19歳チュミでした。
トップチーム

トップチームとバルサB、左ラテラルが各1人しかいない件

ルカス・ディニェがエバートンへと移籍し、その穴を埋めると予想されていたマルク・ククレジャがエイバルへと期限付き移籍した結果、トップチームとBチームの本職左ラテラルは各1人=控え選手がいない状態になりました。
バルサB

右ラテラルに、セネガル代表 ワゲ獲得へ

FCバルセロナがセネガル代表の19歳右ラテラル、ムッサ・ワゲと契約をするようです。獲得の狙いは、選手の潜在能力や将来性を評価したのはもちろんのこと、セルジ・ロベルトを中盤へもっていくことを可能にする、これで間違いないでしょう。
バルサB

UEFAユースリーグ王者たちと、契約更新完了!

バルサBのプレシーズンが数日後に始まるというのに、フベニールから昇格する若者たちとの契約がことごとく間に合っていなかった件が解決されました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました