2020年4月13日(月)のバルセロナスポーツ紙:ラキティッチ去就を語り、ラウタロ代理人は気を持たせる

2020年4月13日(月)のバルセロナスポーツ紙は、MDが去就が注目されるラキティッチへのインタビュー。SPORTはラウタロ代理人の言葉を大きく取り上げ、選手がバルサ入団に接近だと伝えています。

スポンサーリンク

MD「自分の将来は僕が決める」

  • 自分の将来は僕が決める/MD独占インタビュー
  • → ラキティッチは交換要員になりたくはなく、敬意を求める:「僕はジャガイモの袋じゃない」
  • →「自分を評価してくれる場所にいたい。それがここなら嬉しいし、もし違うのであれば、自分が決める場所へ行くだろう」
  • 見出し2
  • バルサ
    「ラウタロがバルサに行くのは大いにあり得る」
    「彼が自分の未来を支配する」と言う選手の周囲
  • その他の見出し
  • レアル・ソシエダ
    CSDの警告を受け、トレーニング再開を延期
  • レアル・マドリー
    ベンゼマの契約更新は順調だが、セルヒオ・ラモスは難航
  • 東京2021
    オリンピック本部(開催地)にCOVID-19感染拡大の警報
  • バスケットボール
    ACBがカナリアス諸島を唯一の開催地としてリーガ完遂を計画

SPORT「ラウタロ近づく」

  • ラウタロ 非常に近づく
  • → 選手代理人の一人が、ラウタロがインテルを離れてFCバルセロナと契約する「可能性は非常に大きい」と説明
  • → バルセロナは彼を獲得するべく働くが、選手のOKを手に、インテルが今夏の退団を認めることを期待
  • 見出し2
  • フットボール
    トッテナムがケインを2億2,700万ユーロと見積もる
  • その他の見出し
  • レオ・メッシ、この10年間で最も決定的なデランテロ
  • ジダンはレアル・マドリーのフランス化を望む
  • エスパニョールがウ・レイとの契約更新に近づく
  • SPORT独占
    バルサゲートはラ・マシアにもまた餌食に
    I3 Venturesの子会社 TANTRA SOFTの名前で99,000ユーロの請求

コメント

タイトルとURLをコピーしました