2020年5月19日(火)のバルセロナスポーツ紙:ロンド再開とラウタロ

2020年5月19日(火)のバルセロナスポーツ紙は、日々限られた情報でやり繰りするラウタロ獲得ネタと、バルサが2ヶ月ぶりにグループトレーニングを再開した件がメインです。ロンドが戻ってきて嬉しい。

スポンサーリンク

MD「戦略的な獲得」

  • 戦略的な獲得/ラウタロ(※長期的にスカッドの中心軸にしたい補強の時など、よく用いられる表現)
  • → デ・ヨング、テル・ステーゲンと共に将来の背骨とするべく、バルサは9番の加入を優先させる
  • → 値段の話は付いており、値引きのための選手たち、今が適切な瞬間
  • 見出し2
  • スポーツ総合
    スポーツの扉が再び開く
    2ヶ月間のやむを得ない閉所を経て、サン・クガット、シエラ・ネバダ、マドリー、そしてレオンのCARがエリート選手たちを再び受け入れ始める
  • その他の見出し
  • 戻ってきたロンド:ついに10人のグループで
  • ラキティッチ「チームメイトにボールをパスしたかった」(※壁を相手ではなく)
  • フットボール
    ブンデスリーガ再開でテレビ視聴者数の新記録
  • モーターレース
    アロンソが断念するのはダカールのみ「最高カテゴリーで走りたい」

SPORT「幸せなロンド」

  • 幸せなロンド(※幸せや祝いの言葉を表す felicidad とロンドを組み合わせている)
  • → バルサ選手たちが2ヶ月ぶりにグループトレーニング
  • → 近々コンペティションに戻れそうな雰囲気を帯び始めたバルセロナ
  • 見出し2
  • “ラウタロ作戦”のためにカギとなる“ピアニッチ作戦”
    セメド(を売ること)によってバルサが得るであろう2,500万ユーロが、インテルのデランテロ獲得費用の一部として役立つだろう
  • その他の見出し
  • ■アスリートたちが戻ってきた
    エリート選手たちへと門戸を開くCAR

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました