2020年6月02日(火)のバルセロナスポーツ紙:全体練習再開とメッシ残留決断

2020年6月02日(火)のバルセロナスポーツ紙は、バルサがコロナウイルス禍以降初めて全メンバーでのトレーニングを行えたことや、レオ・メッシがバルサ退団条項を行使しない件がトップニュース。ジョージ・フロイド氏が殺害された件へのスポーツ界の抗議も大きく取り上げられています。

スポンサーリンク

MD「80日ぶりにフットボール戻る」

  • 80日ぶりにフットボール戻る
  • → バルサ選手たちが3月13日以来となる全メンバーでのトレーニングを再開
  • → ウンティティが加わり、セティエンは6月13日のマジョルカ戦に向けて全力で準備
  • 見出し2
  • フロイドのためにスポーツ界はひざを付く
    リバポーからハミルトンやジョーダンまで、人種差別に抗議
  • その他の見出し
  • メッシは残る:(契約解除)条項を行使せず
  • レアル・マドリー
    ジダンはポール・ポグバに固執するが、クラブはスルー
  • ■フトレのコラム
    マドリーとの契約にNOを言った日
  • バスケットボール
    バレンシアでの決勝トーナメントの厳格なプロトコル

SPORT「彼は残る!」

  • 彼は残る!/メッシは契約解除条項を行使せず
  • → バルサのクラックは、契約書にある6月30日でバルサを去ることを許す権利を行使しないことを決断
  • → アルゼンチン人選手はこれによりクラブへの愛情、ならびにカンプノウでキャリアを終える意思を示す
  • 見出し2
  • 最終ストレート!
    全員揃う:昨日、スカッドの全メンバーが揃って初めてのトレーニングができたキケ・セティエン
  • その他の見出し
  • モータースポーツ/夏のサーキットでのレース
    フォーミュラワンは8月、モトGPは9月に
  • スポーツ総合/抗議は続く
    スポーツ界全体が人種差別に立ちはだかる

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました