2020年7月07日(火)のバルセロナスポーツ紙:VARへの不信感みなぎる

2020年7月07日(火)のバルセロナスポーツ紙は、MDが改善の兆しが見えたトリデンテを、SPORTは繰り返されるVAR疑惑を大きく取り上げています。バルサバスケ部の新監督や、バルサゲートへの内部監査結果も主な話題です。

スポンサーリンク

MD 「トリデンテの変化」

  • トリデンテの変化
  • → メッシをメディアプンタに置くことで、バルサ攻撃陣に新たなる広がりがもたらされた
  • → グリーズマンの危険度が上がり、サイドはラテラルたちのために開く
  • 見出し2
  • バスケットボール/監督就任会見
    サラス、私たちの一員
    「そのタイミングだったから」ホームに戻ったヤシケビシウスが、パウ・ガソルにウインクを送る
  • その他の見出し
  • SNS問題
    会計検査官はクラブを免罪
    不正な運営はなく、市場価格が支払われたと結論
  • フットボール
    VARのエラーに我慢の限界
    ハビエル・テバスが日曜日のビデオ審判は「恵まれた日ではなかった」と認める

SPORT「もうたくさんだ!」

  • もうたくさんだ!
  • → ロックダウン解除後にマドリーがVAR室から受けた援助に対しスペインフットボール内で抗議の声
  • → ジダンチームは行われた7節で恩恵を受けており、それによってリーガ優勝へ手助けされた
  • → バルサ内では繰り返される審判のエラーへの大きな怒りがあり、彼らは自らの権利を守るために告発した
  • → ハビエル・テバスはフロレンティノ・ペレスがVARへと圧力をかけるため行った連盟会長への電話を批判
  • 見出し2
  • 「バルサと契約するタイミングだった」
    バルサバスケットボールの新監督が「チームは良いが、改善していく」と請け負う
  • その他の見出し
  • バルサゲート・SNSスキャンダルを巡り、PWCがバルサを無罪とする
    内部会計士はバルサが誰かの名誉を傷つけるために企業と契約した疑いを否定
    I3Venturesの仕事に不備があったことをクラブは認めるが、堕落した行為はなかったとする

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました